文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 論文審査基準
  4. 法学研究科
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

法学研究科

法学研究科

法学研究科法律学専攻

【修士論文審査基準】 

修士学位論文の位置づけと評価基準

(1) 修士の学位は,博士前期課程における履修と研鑽を通じて,専門的研究者としての能力水準をある程度具え,それが提出論文に充分反映されている場合に,これを授与するものとする(課程「修了」の証明)。また,この学位は,爾後,学界において研究者としての活動を継続・発展させていくに必要な能力をある程度具えていると思科される場合に,これを授与するものとする。
(2) 修士の学位論文は,主題に関する学界での到達点を適切に理解し,かつこれをさらに発展させるための斬新な視点ないし切り口・分析方法をある程度提示していること,論文全体に一貫性・実証性・独創性が認められ,構成力と表現力において優れていること等が必要である。

【博士論文審査基準】

博士学位論文の位置づけと評価基準

1) 博士の学位は,博士後期課程において履修と研鑽を通じて,専門的研究者としての能力水準を十分に具え,それが提出論文に充分反映されている場合に,これを授与するものとする(課程「修了」の証明)。また,この学位は,爾後,学界において研究者としての活動を継続・発展させていくに必要な能力を十分に具えていると思料される場合に,これを授与するものとする。
2) 博士の学位論文は,主題に関する学界での到達点を適切に理解し,かつこれをさらに発展させるための斬新な視点ないし切り口・分析方法を十分に提示していること,論文全体に一貫性・実証性・独創性が認められ,構成力と表現力において優れていること等が必要である。

【リサーチペーパー提出要件および審査基準】

提出要件

博士前期課程の学生は、指導教授の承諾を得たうえで、修士論文に代えてリサーチ・ペーパーを提出することができる。
リサーチ・ペーパーとして受理されるためには下記の要件を充足する必要があり、その審査も下記の要件を踏まえた観点から実施される。
また、リサーチ・ペーパー提出にかかる一連の取扱いは、「法学研究科法律学専攻博士前期課程の履修等に関する申し合わせ」の関連規定によるものとする。
なお、リサーチ・ペーパーを提出した者は、本研究科博士後期課程入試において、第1次試験の免除を受けることはできない。

審査基準

1)特定の研究課題に沿った問題の所在が明確にされ、学説、判例、実務ないし実例等の検討がなされ、十分ではないものの自説の展開がなされていること。
2)特定の研究課題を論じるにあたって必須と思われる基本的な文献が引照されていること。
3)外国語文献を参照することが望ましいが、比較法的な検討は必ずしも要しないこと。
4)形式的には、一般的な論文の体裁により作成され、少なくとも1万字を超えていること。

戻る

ページトップへ