文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 論文審査基準
  4. 地球環境学研究科
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

地球環境学研究科

地球環境学研究科

地球環境学研究科地球環境学専攻

【修士論文審査基準】

1) 問題設定:問題意識が明確で,課題設定が適切であること
2) 先行研究の理解:既存の先行業績を十分に把握している,あるいはその整理に工夫がある。
3) 独創性:先行業績がない新しい分野について独自の成果を示すなど,論点の着想や発想に,独創性,新規さ,ユニークさがある
4) 研究方法:独自に収集したデータ,新しい資料の発掘など論証方法に工夫がある
5) 論文構成:論文の構成,章立て,立証方法などが分かりやすく構成され整理され,論理展開に説得力があり,問題提起,途中の推論,結論が整合している
6) 倫理的配慮:研究方法の適切性に留意し,研究対象に対する適切な倫理的配慮を行っていること。各種学会,大会等が定める倫理基準をみたしたものであること
7) 形式面:関連する多くの資料を良く網羅し,出典が明示され,引用が正確である。文章表現能力が優れている。

【博士論文審査基準】

 自立した研究者として研究を継続遂行し,当該分野・領域の研究において,将来にわたり独自の貢献を行うことができる能力を有することが認められ,以下の基準を満たしていること。

1) 問題設定:問題意識が明確で,課題設定が適切であること
2) 先行研究の理解:既存の先行業績を十分に把握している,あるいはその整理に工夫がある。
3) 独創性:先行業績がない新しい分野について独自の成果を示すなど,論点の着想や発想に,独創性,新規さ,ユニークさがある
4) 研究方法:独自に収集したデータ,新しい資料の発掘など論証方法に工夫がある
5) 論文構成:論文の構成,章立て,立証方法などが分かりやすく構成され整理され,論理展開に説得力があり,問題提起,途中の推論,結論が整合している
6) 倫理的配慮:研究方法の適切性に留意し,研究対象に対する適切な倫理的配慮を行っていること。各種学会,大会等が定める倫理基準をみたしたものであること
7) 形式面:関連する多くの資料を良く網羅し,出典が明示され,引用が正確である。文章表現能力が優れている。
なお,大学院地球環境学研究科内規に基づき,専攻における規定の審査過程を経たものであること。

【リサーチ・ペーパー審査基準】

1. 問題設定:明確な問題関心があること
2. 先行研究の理解:問題設定に沿って内外の文献を十分に把握し、理解していること
3. 研究方法:問題設定にふさわしい研究方法がとられおり、資料やデータの取扱いや分析結果が適当であること
4. 論文構成:問題が適切に設定され、それをうけた論述が展開され、明確に結論が記述されていること
5. 倫理的配慮:研究方法の適切性に留意し、研究対象に対する適切な倫理的配慮を行っていること。各種学会、大学等が定める倫理基準を満たしていること
6. 形式面:関連する資料を網羅し、出展が明示され、引用が正確である。文章表現が明解であり、指定するフォーマットで20ページを超えていること

Criteria for the Evaluation of the Research Paper of Credit Course

1. Topic: Clear statement and justification of the concerned topic
2. Literature review: Sufficient review and understanding of related previous studies published both domestically and globally.
3. Methodology: Appropriate to the setting problem, which shall lead to correct results
4. Structure: Appropriate problem identification, logical development of analysis and clear conclusions
5. Ethics: Must meet ethical standards of the university and academic society. Zero tolerance to plagiarism
6. Format: Clearly and correctly indicate the sources of all documents which are included in the research paper. The writing must be clear enough and the length be at minimum 20 pages under the designated format.

戻る

ページトップへ