文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部・学科の3つのポリシー
  4. カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
  5. 経済学部
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

経済学部

経済学部

経済学部 におけるカリキュラム・ポリシー
 
 学部の教育理念のもとで、3・4年次の演習(ゼミナール)を核として、経営学科1年次のクラス担任による「経営学概論Ⅰ」、2年次の「経営基礎研究セミナー」、経済学科2年次の担当教員による「アクティブ・ラーニング・セミナー」と関連づけた小人数教育と、専門分野に関わる英語による授業科目の「経済英語」「経営英語」、ならびにOB講座、寄付講座などの実践的視点からの授業科目などを充実させて理論と現実のバランスを重視します。

各学科におけるカリキュラム・ポリシー

【経済学科】
 
 本学科のカリキュラムは、ディプロマ・ポリシーにしたがい、以下に配慮して編成されています。
1. ミクロ経済学I・マクロ経済学の必修科目において、経済理論の基礎的知識を深く掘り下げながら修得します。
2. ミクロ経済学あるいはマクロ経済学の応用科目、歴史研究科目において、また、小人数の学生を対象とする演習(ゼミ)およびアクティブ・ラーニング・セミナーにおいて、モデルを構築していく態度を身につけます。
3. 演習(ゼミ)やアクティブ・ラーニング・セミナー、さらに英語による科目等の小人数教育など、現代社会の現実的課題について論理的・実証的に分析する科目において、情報処理能力およびコミュニケーション・スキルを体得します。具体的には、以下のとおりです。 
① ミクロ経済学・マクロ経済学の基礎的知識の修得
経済主体である消費者・企業・政府の意思決定および需要と供給が出会う市場における均衡について学ぶ「ミクロ経済学I」、GDPなどの経済集計量の動向・決定要因・因果関係について学ぶ「マクロ経済学」が必修科目です。これらの科目は、具体的なテーマに即してモデルの構築を試みる選択必修科目の理解のための土台となります。
② 自前の概念装置としてのモデルの構築
選択必修科目として、ミクロ経済学・マクロ経済学の応用分野である「公共経済学」「産業組織論」「国際貿易論」「環境経済学」「経済発展論」「金融論」「財政学」「国際マクロ経済学」「労働経済学」に加えて、歴史研究である「国際経済史」「日本経済史」を用意しています。また、3年次から開講される演習(ゼミ)、プレ・ゼミの役割をするアクティブ・ラーニング・セミナーでは、小人数の学生を対象とし、専門的なテーマについて学生の知的関心事に沿った教員の指導がおこなわれます。
③ 情報処理能力およびコミュニケーション・スキルの体得
情報処理能力を養成するために「統計学」「計量経済学」、コミュニケーション・スキルのために、ネイティブ・スピーカーを講師とする「経済英語」、ならびにアクティブ・ラーニング・セミナーや国際教養学部とのクロス・リスティングによって英語で行われる講義を提供しています。
 
【経営学科】
 
 本学科のカリキュラムは、ディプロマ・ポリシーにしたがい、以下の点に配慮して編成されています。
1. 必修科目「経営学概論I」および「経営学概論II」において、基礎的な学習スキルと専門基礎知識を修得します。
2. 専門講義科目および演習(ゼミ)によって専門知識を修得します。
3. ネイティブによる「経営英語」や本学卒業生の実務経験者による「産業論特講」などによって現実的な「実務感覚」を養います。
4. 1年次の「経営学概論I」、2年次の「経営基礎研究セミナー」、3・4年次の演習と、4年間を通じた小人数科目で、主体的に学習に取り組む態度を身につけ、コミュニケーション・スキルを向上させる。具体的には、以下のとおりです。 
① 1年次必修科目による基礎教育
1年次春学期の必修科目「経営学概論Ⅰ」は、クラス担任が講義を担当し、本学で学んでいくための基礎的なスキル(問題発見、文献・情報・データの収集法、分析法、発表)を修得します。秋学期の「経営学概論Ⅱ」は経営学系・マーケティング系・会計系の専任教員による輪講で、2年次以降の専門科目や演習(ゼミ)でより高度な専門知識を学習していくために経営学の基礎を学習します。
② 専門教育科目・演習
経営学科の専門教育科目は、経営学系(経営管理・戦略、経営組織、企業論、経営科学など)、マーケティング系(マーケティング管理、マーケティング・サイエンス、流通・物流など)、会計学系(財務会計、管理会計など)の3つの主要分野ごとに編成されています。
これらの講義科目の履修と並行して、演習(ゼミ)によって専門知識を体系的に学習します。
③「現実との接点」の確保
本学科では、専門講義科目や演習でも現実の経営現象を積極的に取り上げると同時に、本学卒業生の実務家・経験者による「産業論特講」などの講義科目によって、実際の経営現場で何が問題とされているのかについて、現実的な理解を深めます。また、ネイティブ・スピーカーによる「経営英語」では、国際的なビジネスの現場で必要とされる語彙力・プレゼンテーション能力を養成します。
④ 小人数教育体制
1.2年次春学期の「経営学概論I」はクラス単位で受講し、2年次生を主対象とする「経営基礎研究セミナー」は20人から30人に受講者数を限定し、演習では各学年10人から15人程度と、4年間を通じた小人数科目を配置しています。これらの小人数科目では、専門知識を修得するだけでなく、各自の研究発表や、担当教員・他メンバーとの討議による双方的なコミュニケーションによって、論理的思考能力・コミュニケーション能力を向上させます。

戻る

ページトップへ