文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部・学科の3つのポリシー
  4. アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
  5. 文学部
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

文学部

文学部

文学部におけるアドミッション・ポリシー

 本学部は、人間性の探求および人文教養の各領域について深く幅広い関心と動機づけをもつ学生が、各学科を自主的に選択して入学し、自発的かつ積極的な態度で学業に研鑽することを期待します。
 
学生には、以下の点を期待しています。
1. 人文教養を自発的に探究しようとする積極的な関心と、学業への誠実な意志をもっていること。
2. 人間およびその歴史や文化が集約された資料・情報に関心をもっていること。
3. 自分の志望する学科の研究領域に関心をもっていること。
4. 語学授業やゼミナールに自発的かつ積極的な態度で取り組む意志をもっていること。
 
学生募集に際しては、以下の点を重視しています。
1. 各専門領域に関心をもつ志願者を学科別に募集すること。
2. 共通の入学試験科目に加え、学科によっては学科別試験を実施することにより、関心と動機づけを含めて判定すること。
 
入学前学習として、以下の点を推奨します。
1. 高等学校卒業に必要となる以上の専門知識や特別な語学能力の既修は必須ではないこと。
2. 志願する学科の領域に関する図書などの資料・情報に積極的に接し、自らの関心について自覚しておくことが好ましいこと。

各学科におけるアドミッション・ポリシー

【哲学科】
 
本学科では、以下のような学生を求めています。
1. 社会の流動的な動きに注目し、その事情説明や表面的な知識に満足することよりも、様々な事柄の本質的な理解に意義を見いだす学生、答えを発見することよりも問題意識を深めることに大きな意義を見いだす学生、自らの理性の力を磨き、その思索力を深めたいと思う学生。
2. 異なる文化をもつ他者に対し、公共的な理性の使用に基づいて、適切な言葉や文章の選択を訓練し、また相互理解を目指すコミュニケーション能力を研ぎ澄まし、哲学研究に寄与する高度な学術的な表現などを獲得したいと思う学生。
3. 他者のために他者と共に生きることを、本学の建学理念であるキリスト教的ヒューマニズムに基づきつつ、哲学(知恵への愛)において実現させようと試みる、意志の強い学生。哲学研究の動機を重視するため、入試は、カトリック系高校の推薦入試、一定の成績を前提にした指定校および公募の推薦入試、多様な個性を求めるための海外就学経験者および編入学など、一般入試に加えた多様な入学者選抜を行っています。
 
【史学科】
 
 歴史学は「過去を学ぶことによって、現在を深く理解し、未来への指針を獲得する」学問です。それに向いている資質は以下のようなものです。
1. 「社会的事象、とくにその歴史的背景への関心が強い」こと。
2. 不明点の多い過去の史実を探り出す作業で必要となる「調べることが好きな性格」。
3. 史料批判や歴史解釈の時に必要となる「物事を色々な角度から考えようとする姿勢」。
4. 史料読解や歴史叙述の基礎力となる「読書好き」な性格。
以上の適性を判定するため、入試では「課題レポート作成」や「歴史に関する試問」を課しています。
 
【国文学科】
 
 本学科では、以下のような学生を求めています。
1. 国文学(古典文学・近代文学)・国語学・漢文学の領域に関心をもつとともに、広く人間・社会・文化の本質を継続して問う視点をもった学生。
2. 我が国の言語とその言語を取り巻く文化を追究しながら、それを世界に発信する力を養う意欲のある学生。
 
【英文学科】
 
 本学科では、以下のような学生を求めています。
1. 本学科の理念や目標を理解し、文学だけでなく広く異文化や言語への強い関心をもっている学生。
2. 授業を理解し、自分の考えをまとめて、他者に伝達するのに必要な一定以上の英語の運用能力をもっている学生。
 
【ドイツ文学科】
 
 本学科では、以下のような学生を求めています。 
1. ドイツ語およびドイツ語圏の文学、芸術、文化、思想、歴史などに積極的な関心をもち、それを深く学ぶ意欲のある学生。
2. 知的好奇心をもち、自ら学び考える姿勢をもつ学生。
3. 高度な文章を読み書きするのに必要な論理思考能力、豊かな表現能力を有する学生。
4. 他者に対する想像力、自由で柔軟な思考能力をもつ学生。
5. 自国とドイツ語文化圏の相互理解に貢献しようという意欲のある学生。
 
【フランス文学科】
 
 本学科では、以下のような学生を求めています。
1. 外国語や外国の文学・文化を学ぶことに関心と適性がある。
2. 講義を理解し、自分の意見を口頭やレポートで発表するために必要な日本語運用能力がある。
3. 柔軟性と論理性を備えた思考力がある。

【新聞学科】
 
 本学科は、情報化が進む現代社会において、ジャーナリズムやメディア・コミュニケーションの諸領域について、関心の高い学生であることはもちろん、高等学校までで学ぶ基礎的な学力をベースに、社会に対する自らの問題関心を突き詰め、それらの問題について批判的に検証し、表現していく能力を伸ばすことができる学生が集まることを目指しています。入学試験においては、上智大学における学士課程のカリキュラムに対応できる基礎的な学力を身につけていることはもとより、本学科で学ぶにあたっての問題意識の高さと基礎的な表現能力が問われます。

戻る

ページトップへ