文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部・学科案内(大学)
  4. 総合人間科学部
  5. 看護学科
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

看護学科

基本情報

教育方針

総合大学である上智大学のメリットを活かし、教養教育と看護専門教育を総合したカリキュラムで学びます。

看護学科では、キリスト教の精神に根ざした人間理解を深め、目標である「温かでしなやかな感性」を育み、グローバルな視点に立った異文化理解を深め“他者のために、他者とともに”生きるための素養を身に付けることを目指します。

また、ケアする者とケアされる者の相互関係性に目を向けた良質のケアについて、考え抜く力、自ら問いを立て探究する力を駆使し、「主体的に取り組む学習推進力」を培うことを目指します。

さらに、相手にとって最適な看護の在り方を思考する過程を通して、出会う一人ひとりの価値観と経験に敬意を払い、相手の良いものを引き出せる「ヒューマン・ケアリングとしての看護実践力」の修得を目指します。

カリキュラムの特徴

1年次は、四谷キャンパスで総合大学ならではのさまざまな科目、学部共通科目等、さらに、看護学の基礎を学びます。

2年次では、「人間の発達と健康」に関連した看護の専門基礎科目を本格的に学びます。

3年次は「健康障害と看護」に焦点をあて、実習を中心に学び、看護実践能力を身に付けます。

2、3年次は目白聖母キャンパスで学びますが、水曜日は四谷キャンパスで科目を履修できるように工夫しています。

4年次は、再び四谷キャンパスにおいて総合的に教養教育を学び、目白聖母キャンパスでは看護学を深めます。

また、①保健師②国際看護学③看護統合④養護教諭の各コース、いずれかを選択することができます。

プラクティカル・リベラルアーツと実践学に基づく新しい看護教育モデル

本学の看護教育は、幅広い学問的関心を通して社会の変化や多様性に自律的かつ柔軟に対応できる素養を身に付け、質の高いケアを実践できる人材を育てることを目指しています。

また、グローバル時代のニーズに対応できる国際性豊かな人を育むことを目標としています。これを実現するために、キリスト教の精神に基づく教養教育の全学・学部共通科目を学びます。

さらに、あらゆる環境において最適な看護を実践できるように、看護の基礎科目や臨床応用力を培うための演習・実習科目を学び、専門職業人としての知識・技術・態度を深めます。

4年次は、関心のある選択コースを通してさまざまな場に応じた看護を実践し、リーダーシップを育むことを目指します。

2015年4月 助産学専攻科を開設しました

本学は、4年制大学における看護学基礎教育を修了した者に対して、1年の課程をもって、充実した助産学教育を行うために助産学専攻科を開設しました。

総合大学ならではのカリキュラムによって、対象理解を深めつつ、助産師として必要な知識、技術、態度を修得することを目指します。

助産学専攻科についてはこちらをご覧ください

教員・研究分野

>> 看護学科の教員情報はこちら

職名 氏名 現在の専門分野
教授 石川 ふみよ 高次脳機能障害をもった患者とその家族の支援に関する研究
教授 小長谷 百絵 高齢者と難病患者の社会的支援に関する研究
教授 草柳 浩子 子どもと家族の看護支援、子どもの療養環境に関する研究
教授 島田 真理恵 女性とその家族に対する周産期のケアや子育て支援を研究
教授  塚本 尚子 慢性疾患患者の心理適応に関する研究、看護師のバーンアウト研究
教授 西山 悦子 健康支援のストラテジーの開発研究
准教授  小高 恵実  精神疾患の早期介入における家族支援に関する研究
准教授 武井 弥生 熱帯医学および感染症・産婦人科・内科学
准教授 渡邊 知映 がん患者に対する包括的支援方法論と質保証に関する研究
准教授 磯山 あけみ 周産期女性の健康支援に関する研究
准教授 岡本 菜穂子  
准教授 山口 淑恵  
助教 金久保 愛子 がんの予防的保健行動を促す看護支援の研究
助教 石川 孝子  
助教 稲田 千晴  
助教 小坂 志保  

戻る

ページトップへ