文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部・学科案内(大学)
  4. 外国語学部
  5. 研究コース(2014年度以降入学者対象)
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

研究コース(2014年度以降入学者対象)

研究コースで自分の専門を究める

体系的な専門研究を通して、課題発見力、問題解決力を養い、世界諸地域への深い理解と複眼的な思考力を獲得します

導入

外国語学部が開講する「コース共通導入科目」と各研究コースが開講する「導入科目」があります。このステージでは、言語学や歴史学、政治学、社会学など学問分野の方法論、調査の仕方、論文の書き方など研究上の技法、世界諸地域に関する幅広い基礎知識などを、主に1~2 年次に身に付けます。

コア

このステージでは、「導入」ステージで培った方法論や基礎知識を土台に、各研究コースが用意するより専門性の高い科目を履修していきます。多様な学びを通じて知識を深め、自分の問題関心をさまざまな角度から捉える複眼的な視点を養います。主に2~4 年次で履修します。

演習

自分の研究テーマを追究し、学んだことを自分のことばで表現するステージです。文献を通じて学んだこと、調査したことを発表し合い、切磋琢磨する場です。専門研究の経験豊かな担当教員が“伴走者”としてサポートします。「卒業論文・卒業研究」という一つの作品を作り上げる喜びを味わってください。

導入、コア、演習に記載している科目名は一例です。
※の研究コースは主に総合グローバル学部の開講科目によって構成されています。
 総合グローバル学部開講の演習科目には定員制が設けられています。
*西、西米、ラ米とはそれぞれ、スペイン、イスパノアメリカ(イスパニア語を公用語とするアメリカ諸国)、ラテンアメリカの略称です。

■北米研究コース
アメリカ合衆国とカナダを対象地域とし、歴史学、心理学、政治学、経済学、社会学などさまざまな学問分野から研究を行います。また、北米と関係が深いメキシコ、アジア・太平洋地域の科目も用意し、一つの学問分野や国にはとらわれない「総合的な知性構築」を目指します。

導入 ●北米地域研究入門A ●北米地域研究入門B
コア ●アメリカ政治外交 ●Topics in American History ●American Women’s History●History of Japanese Immigration
演習 ●North American History●North American Studies●Globalization and Migration

■ヨーロッパ研究コース
多様な民族、言語、宗教、文化を内包するヨーロッパ。本コースではそのヨーロッパ全体や域内の特定の国、サブリージョンにおけるさまざまな事象、さらにはE U に関する問題を、国家や国境といった枠組みにとらわれない俯瞰的視点から深く掘り下げて学び、研究していきます。

導入 ●ヨーロッパ史概論●ヨーロッパの宗教と社会●ヨーロッパの芸術と文化●ヨーロッパ政治経済入門
コア ●European Cinema ●ヨーロッパの社会と言語 ●EUの現在と過去●近現代ポルトガル研究
演習 ●イギリス文化・文学研究●日独社会研究●フランス宗教学●西美術*

■ラテンアメリカ研究コース
ラテンアメリカは世界でも類を見ない多様性を誇る地域です。先住民固有の文化に加え、ヨーロッパ、アフリカ、アジアとほぼすべての地域の文化が混淆しています。個性あふれる文化、豊富な資源などから日本との関係も深まりつつある地域の過去と現在を深く掘り下げます。

導入 ●ラテンアメリカ地域研究入門 ●西米概史* ●ブラジル史
コア ●西・西米文学特講*●ブラジル政治概論●ラ米経済概論*●ブラジル社会概論
演習 ●西・西米演劇研究* ●ブラジル政治経済研究 ●ラ米社会研究* ●ポップカルチャー研究

■ロシア・ユーラシア研究コース
ロシア・ユーラシア地域について専門的かつ総合的に学ぶことのできる本研究コースでは、高度なロシア語力を基礎に、ロシアをはじめとする旧ソ連地域の歴史・政治・経済・社会・文化に精通し、日本と同地域の関係を自ら構築できる優れた実務家・専門家を育成します。

導入 ●ロシア・ユーラシア地域研究入門 ●ロシア・ユーラシア文化入門
コア ●ロシア政治・外交 ●ロシア・ユーラシアの経済 ●ロシア芸術(音楽)●ロシア・ユーラシアの国際関係 ●ロシア史
演習 ●ロシア政治・外交 ●ロシア経済 ●ロシア文学 ●ロシア文化●ロシア語学

■言語研究コース
本コースは、人間にのみ備わる言語能力の科学的研究を通して人間精神の本質に迫り、日本語・諸外国語に関する実証的研究を通して言語の普遍性と多様性を考え、また、社会、歴史、文化、教育など人間のさまざまな営みにおける言語の機能・役割を考察することを目的とします。

導入 ●言語学概論 ●日本語学概説 ●Introduction to the Study of Language●応用言語研究入門
コア ●文法論 ●言語処理入門 ●言語聴覚障害学概論 ●翻訳論●Sociolinguistics
演習 ●日本語学●音声学・音韻論●外国語教育学● Applied Linguistics●言語聴覚障害学

■アジア研究コース※
私たちにとって身近なアジアについて知的関心と関わりを深めることができるように、主に東南アジア、南アジア、アジア太平洋地域を対象に、そこに住む人々の歴史、文化、社会、宗教について、地域研究とグローバル・スタディーズを連携させながら学び、方法論も身につけます。

導入 ●グローバル・ヒストリー ●東南アジア研究概説 ●南アジア研究概説 ●東アジア研究概説
コア ●東南アジア史●東南アジア文化論●南アジアの宗教と思想● History of Japanese immigration
演習 ●アジア研究(A ~ F)●Globalization and Migration

■中東・アフリカ研究コース※
中東やアフリカは日本と深い結びつきがあるだけでなく、有力な宗教のひとつであるイスラームはさまざまな影響を世界に与えています。現地密着型の地域研究とグローバル・スタディーズを連携させながら、両地域の歴史、文化、社会、宗教について学び、方法論も身に付けます。

導入 ●グローバル化の人類学 ●グローバル化と宗教 ●中東研究概説 ●アフリカ研究概説
コア ●中東社会論 ●東方イスラーム世界論 ●アフリカ史 ●イスラームとジェンダー●北アフリカ社会開発論
演習 ●中東・アフリカ研究(A ~ E)●アフロ・ブラジル研究●北アフリカ社会経済

■国際政治論研究コース※
今日の国際社会の政治は極めて複雑であり、安全保障と経済が密接に結びつく一方、国際関係と国内の政治経済も日常的に共振しています。日米中といった主要国の外交を含めた国際政治分野を深くかつ体系的に学ぶことで、国際政治の構図と問題の本質を見抜く力を培います。

導入 ●国際関係論入門●国際関係論概説 ●グローバル化と政治学 ●平和学
コア ●国際政治学 ●グローバル・ガバナンス論 ●日本外交論 ●中国政治外交
演習 ●グローバル・国際研究 ●国連と紛争解決 ●外交政策 ●国際制度論

■市民社会・国際協力論研究コース※
経済的困窮、格差、先住民、部族間衝突、地球環境問題、インターネットとソーシャルメディア、ボランティア活動、移民問題、市民による反対運動など、グローバルな課題や地球レベルで起こる出来事に対して「人びと」の視点から分析し、国際社会に働きかける人を創ります。

導入 ●市民が関わる国際協力●市民社会・国際協力論概説 ●グローバル化と経済学 ●グローバル社会学
コア ●国際政治経済論 ●グローバリゼーションと市民社会 ●グローバル化と発展途上国●特講(国際人口移動)
演習 ●国際協力論 ●国際教育開発論●開発経済学●グローバル市民社会論

戻る

ページトップへ