文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 研究科・専攻の3つのポリシー
  4. アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
  5. 文学研究科
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

文学研究科

文学研究科におけるアドミッション・ポリシー

  
【博士前期課程】
1.学部レベルにおいて修得した基礎学力を基盤として、さらなる専門知識を身につける可能性のある学生。
2.幅広い教養と柔軟な思考力を有する学生。
3.常に広い観点から現代社会、文化の諸問題を検討する強い意志のある学生。

【博士後期課程】
1.さらに高度な専門知識を身につけることを目指す学生。
2. 国際的な水準で広く活躍することをめざして、専門の研究に励む姿勢を有する学生。
3.研究領域の拡大に努め、学際的・総合的な視野から学問研究に臨もうとする学生。

各専攻におけるアドミッション・ポリシー

【史学専攻】
 本専攻は、以下のような学生を求めています。
[博士前期課程]
1. 幅広い視野と歴史学の専門分野を学ぶための十分な基礎学力をあわせもった学生。
2. 歴史学の研究を通じて、歴史学の教員など社会の発展に貢献しようという意識の高い学生。
3. 社会での豊かな経験を基にして、歴史学への興味を追求する意欲・能力のある学生。
[博士後期課程]
1. 歴史学に関係する研究者を目指す学生。
2. 歴史学に関する高度な専門知識と幅広い視野に立った学識・能力を有する学生。
 
【国文学専攻】
 本専攻は、古典文学・近代文学、国語学、漢文学の領域に強い関心をもち、人間・社会・文化の本質を研究する意欲と取組みができる学生を求めています。
[博士前期課程]
 国文学の領域に関心を持ち、専門的な研究能力を修得して研究者をめざそうとする学生、また、高度専門職業人として国語教員をめざす学生。
[博士後期課程]
 国文学の伝統を継承し発展させる意欲をもち、研究者として自立した研究活動を行うのに必要な能力を身につけることをめざす学生。
 
【英米文学専攻】
 本専攻は、上智大学の基本理念であるキリスト教ヒューマニズムにもとづいて、英米文学・英語学を「西欧文明」の一環をなす営みとして研究することを目指しています。そのため、人文学としての文学研究という態度を堅持しつつ、歴史的な奥行きや、宗教・思想・文化の諸領域との広範なつながりを見失うことなく研究しようとする学生を求めています。
[博士前期課程]
 本課程は、イギリス文学、アメリカ文学、英語学の各分野において、研究者を目指す学生だけでなく、高度な専門知識によって職業的能力を向上させたいと願う学生を受け入れます。
[博士後期課程]
 本課程は、イギリス文学、アメリカ文学、英語学の各分野において、広い分野の知識を学びつつ、専門テーマを深く追求し、大学専門課程レベルの教員として必要な能力を求める学生を受け入れます。
 
【ドイツ文学専攻】
 本専攻は、ドイツ語圏文学を歴史的、社会的、文化的文脈のなかで総合的に研究し、人間学的な知の探求をめざしています。したがって、文学、人間および社会に対して篤い関心を有する学生の入学を期待しています。
[博士前期課程]
1. ドイツ語の原典を精読することに知的喜びを見出し得る学生。
2. 文学的創造の機微に触れようとする志を有する学生。
3. 関心領域を広げて行こうとする意欲を有する学生
[博士後期課程]
1. 専門研究に必要な精緻なドイツ語読解力を有する学生。
2. 文学研究によって人間学的な認識を得ようとする学生。
3. 歴史、社会、文化への幅広い関心を有する学生。
 
【フランス文学専攻】
 本専攻は、フランスおよびフランス語圏の文学・芸術について多角的かつ創造的な学問研究をおこなうことをめざすものであり、そのために必要とされるフランス語運用能力をそなえ、フランスおよびフランス語圏文化について真摯で広汎な興味・関心を抱く学生を求めています。
[博士前期課程]
1.専門的研究を遂行するための十分な意欲と能力をもつ学生。
2.専門的研究を遂行するために必要とされるフランス語運用能力をもつ学生。
3.情報の収集、分析、総合を的確におこない、かつ研究成果を正確に伝達する能力をもつ学生。
4.専門の枠にとらわれず広く芸術・文化の諸問題に関心をもつ学生。
[博士後期課程]
1.国際的な水準で高度な専門的研究を遂行するための十分な意欲と能力をもつ学生。
2.高度な専門的研究を遂行するために必要とされるフランス語運用能力をもつ学生。
3.情報の収集、分析、総合を的確におこない、それを独創的な研究成果としてまとめる能力をもつ学生。
4.専門の枠にとらわれない学際的視野をもって学問研究に励むことのできる学生。
 
【新聞学専攻】
 本専攻は、次のような学生を求めています。
[博士前期課程]
 マス・コミュニケーション、ジャーナリズム、メディアの領域に強い関心をもつ学生
1. 新聞学、社会学など幅広い人文系学問に関心があり、基礎的知識をもつ学生。
2. 広い観点から現代社会、メディアの送り手、受け手、影響・効果の諸問題を検討する強い意志のある学生。
[博士後期課程]
1. コミュニケーション、ジャーナリズム、メディアの領域において高度な研究を志向する学生。
2. 情報、芸術、文化などに関して、幅広い角度から研究を進める意欲のある学生。
3. 常に研究領域を拡大し、新たな視野から国際社会の理解に資することを目指す学生。
 
【文化交渉学専攻】
 本専攻は、本学建学以来の重要な目標である「東西文化の交流に資する」姿勢をさらに広く捉えて、さまざまな文化同士の交渉の姿を跡づけるとともに、新たな文化が生み出される過程を詳しく研究することをめざすものであり、したがって多元的な文化理解に関心を有する学生の入学を期待しています。
[博士前期課程]
1. さまざまな文化同士の交渉に強い興味をもつ学生。
2. 文学、芸術、歴史などとともに、広く文化のありように関心をもつ学生。
3. 幅広い教養と柔軟な思考力をもつ学生。
[博士後期課程]
1. 文化交渉学に関してさらに高度な研究を志向する学生。
2. 芸術、文化などに関して、幅広い角度から研究を進める意欲のある学生。
3. 常に研究領域を拡大し、新たな視野から国際的文化理解に資することを目指す学生。

戻る

ページトップへ