文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 研究科・専攻案内(大学院)
  4. 理工学研究科
  5. 理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域

2013年9月にスタートした新たな英語によるプログラム

グリーンサイエンス・エンジニアリング領域は2013 年度に開設された新たな領域です。この領域は理工学研究科の9つの領域の中でも特別な位置づけにあります。まず、講義・論文指導を含むすべての授業が英語で受けられること、また、人類の将来を考えるうえで最重要テーマである、「環境と持続可能性」に関連する研究に重点が置かれたプログラムであるということです。分野横断的な学びを推進するため、このプログラムでは他の8つの領域(機械工学、電気・電子工学、応用化学、化学、数学、物理学、生物科学、情報学)のすべての教員が教育・研究指導を担当します。また同時に、学生は他の8つの領域から1人の指導教員を選び、その研究グループに参加することで、より進んだ研究と論文指導を受けることができます。

取得できる学位

グリーンサイエンス・エンジニアリング領域を修了することにより、日本の文部科学省により認定された次の学位を取得することができます。
●博士前期課程:修士(理学)または修士(工学)
●博士後期課程:博士(理学)または博士(工学)

科目の一覧

博士前期課程では、30単位(選択必修2単位、選択28単位)の修得が必要です。

選択必修科目(博士前期課程)

Master’s Thesis Tutorial and Exercise 1A  大学院演習ⅠA
Master’s Thesis Tutorial and Exercise 1B  大学院演習ⅠB
Master’s Thesis Tutorial and Exercise 2A  大学院演習ⅡA
Master’s Thesis Tutorial and Exercise 2B  大学院演習ⅡB

選択科目(博士前期課程)

Green Science and Engineering 1  グリーンサイエンス・エンジニアリングⅠ
Green Science and Engineering 2  グリーンサイエンス・エンジニアリングⅡ
Green Science and Engineering 3  グリーンサイエンス・エンジニアリングⅢ
Green Science and Engineering 4  グリーンサイエンス・エンジニアリングⅣ
Introduction to Artificial Intelligence  人工知能入門
Advanced Mechanical Engineering 1  アドバンストメカニカルエンジニアリング1
Advanced Mechanical Engineering 2  アドバンストメカニカルエンジニアリング2
Advanced Electrical and Electronics Engineering 1  電気・電子工学特論1
Advanced Electrical and Electronics Engineering 2  電気・電子工学特論2
Environmental Chemistry  環境化学
Advanced Materials  先端材料
Theoretical Chemistry  理論化学
Environmental Analytical Chemistry  環境分析化学
Differential Equations for Natural Phenomena  自然現象のための微分方程式
Statistical Data Analysis  統計的データ解析
Environmental Atomic and Molecular Physics  環境原子分子物理学
Cosmonuclear Science  宇宙核科学
Environmental Basic Biology  環境基礎生物学
Environmental Life Science  環境生命科学
Computer Science  コンピュータサイエンス
Applied Computer Science  応用コンピュータサイエンス
Seminar in Green Science and Engineering 1A
グリーンサイエンス・エンジニアリングゼミナールⅠA
Seminar in Green Science and Engineering 1B
グリーンサイエンス・エンジニアリングゼミナールⅠB
Seminar in Green Science and Engineering 2A
グリーンサイエンス・エンジニアリングゼミナールⅡA
Seminar in Green Science and Engineering 2B
グリーンサイエンス・エンジニアリングゼミナールⅡB

博士後期課程では、選択必修2単位の修得が必要です。

選択必修科目(博士後期課程)

Doctoral Dissertation Tutorial and Exercise 3A  大学院演習ⅢA
Doctoral Dissertation Tutorial and Exercise 3B  大学院演習ⅢB
Doctoral Dissertation Tutorial and Exercise 4A  大学院演習ⅣA
Doctoral Dissertation Tutorial and Exercise 4B   大学院演習ⅣB
Doctoral Dissertation Tutorial and Exercise 5A   大学院演習ⅤA
Doctoral Dissertation Tutorial and Exercise 5B   大学院演習ⅤB

講義概要の例

◎Advanced Materials 先端材料

Prof. Kiyoshi ITATANI 板谷 清司 教授
The course of "advanced materials" offers the fabrication methods of various types of ceramics, as well as their own properties. In general, the ceramics may be fabricated by compacting the powder, and firing at high temperatures. The advanced ceramics with the desired properties have to be fabricated under the strict conditions. The present lecture offers the topics of (i) syntheses of high purity powders, (ii) compacting/firing processes, and (iii) fundamental theories.

◎Differential Equations for Natural Phenomena 自然現象のための微分方程式

Associate Prof. Maki NAKASUJI  中筋 麻貴 准教授
We will be developing mathematical models which lead to differential equations. The problem in the real world may be to explain some observed data, or make some predictions, or take a decision. To achieve this we translate the real problem into a mathematical one by making a number of simplifying assumptions. The assumptions and relationships constitute the mathematical model, and generally lead to a mathematical problem of some sort, which is solved for the relevant variables using appropriate mathematical techniques.

◎Environmental Chemistry 環境化学

Associate Prof. Satoshi HORIKOSHI  堀越 智 准教授
The course provides an introduction to environmental engineering with focus on technical methods to reduce the pollution of the environment. Basic knowledge of Chemistry, Physics and Mathematics is required. Active participation of the students is expected.

人材育成の目的

国際的に多様化した科学・技術の諸問題を幅広い視野から解決する能力を備えるとともに、グローバルな環境問題に実践的に対応可能な人材を養成します。

戻る

ページトップへ