文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 研究科・専攻案内(大学院)
  4. 理工学研究科
  5. 理工学専攻機械工学領域
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

理工学専攻機械工学領域

「ものづくり」のための基礎研究・応用研究

今日の日本の繁栄は世界一流の工業のおかげであることが改めて認識されています。その産業で重要な役割を担っているのが機械工学です。
機械工学は、あらゆる産業の原点であり、全ての産業は機械工学なしには考えられません。この機械工学を担う人材を育成することが本領域の目的です。博士前期課程(修士課程)では高度な科学文明社会に対応できる専門職業人を、博士後期課程(博士課程)では優れた研究者を養成します。材料力学、機械力学、熱工学、流体工学、精密工学、制御工学、材料科学など機械工学の各分野を専門とする教員からなる領域です。
各教員は、ものづくりをキーワードとして機械工学にかかわる最先端の研究を進めています。本領域では日本の「ものづくり」の優れた技術者と研究者を育成していると確信しており、本領域を修了した研究者は非常に幅広い分野で活躍しています。

優れた研究

教員は日本機械学会のみならず、幅広く数多くの学会で活躍しており、科学研究費補助金のほかにも各省庁の競争的資金を獲得し、世界に並ぶ研究を行っ
ています。

ハードからソフトに対応する技術者・研究者の育成

本領域の教員の指導のもとに修了した大学院生は世界を競争相手とした設計技術者、研究開発者、システムエンジニア、教員として活躍しています。

修了生の最近の主な研究テーマ

■ 複合材料の破壊メカニズム
■ 環状切欠き丸棒を用いたチタン合金のねじり疲労特性評価
■ 結合力モデルを用いたXFEMによるCFRP積層板の損傷進展解析手法に関する研究
■ 三次元XFEMを用いたき裂進展解析手法に関する研究
■ マルチボディダイナミクスの解析
■ 高速鉄道における安全、安定性に関する運動解析
■ 都市鉄道における摩耗進展メカニズムの解明
■ パーソナルモビリティ乗車時の車両・人体動力学モデルによる連成解析
■ ヒューマンマシーンインターフェースにおける心理的評価に関する研究
■ シングルセンサによる気筒毎空燃比のモデリングと制御
■ 吸気ポートにおける非定常熱伝達の解析とモデル化
■ ガソリンエンジンの吸気ポートにおける残留ガス吹き返しと熱伝達の関係
■ キャピラリコイルを用いた蒸気圧縮式冷凍サイクルの性能解析
■ EHDポンプの特性に関する実験的研究
■ 空気流を用いた非接触把持機器に関する研究
■ CT 画像に基づく気管・気管支モデル内での気流・粒子流動の数値解析
■ 表面粗さとデトネーションの起爆の依存性に関する研究
■ 砥石作業面プロファイルに基づく研削仕上面粗さのシミュレーション法
■ マイクロレンズアレイ金型の精密切削と球面押込みの複合仕上加工法
■ 導電性ダイヤモンド工具によるバニシング加工に関する研究
■ オービタル加工及び傾斜プラネタリ加工によるCFRP 切削メカニズム解析
■ 宇宙ロボットの非ホロノミック制御
■ COPを用いた二足歩行ロボットの安定化
■ パラレル・ハイブリッド自動車の制御
■ エンジン制御によるサイクル変動低減のための基礎研究
■ 強伸線パーライト鋼の遅れ破壊を引き起こす因子の同定
■ 先進鉄鋼材料のZ 方向破壊特性
■ 電解水素チャージしたA2024アルミニウム合金の腐食が水素吸蔵に与える影響の解析
■ 陰極電解法により水素添加したA6061-T6アルミニウム合金の引張特性変化に及ぼす水素の効果
■ 表面改質処理をした医療用チタン合金の疲労特性に関する研究
■ サンゴ由来多孔質人工骨の創製と生体活性能評価

戻る

ページトップへ