文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 研究科・専攻案内(大学院)
  4. 総合人間科学研究科
  5. 教育学専攻
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

教育学専攻

国際化時代の人間形成を追求する研究活動

人間形成の学問ともいえる教育学は、人の成長・発達に関連するすべての事象を研究対象とし、そうした諸現象を思想、歴史、社会学、心理学、比較、実践、政策といった多様な視点から考察し、意義づける総合的学問です。本専攻では教育哲学、日本教育史、外国教育史、 教育社会学、学校教育学、生涯教育学、国際教育学、国際教育開発学の8つの専門領域(2017年度現在)を研究する教員が、理論と実践の両面にわたって研究を行いながら、国際化時代に求められる現実科学としての教育学を究めています。博士前期課程は大学院生の専門分野に応じて、研究の基礎的資質を育て高めることを重視しています。指導にあたっては特殊研究分野に偏ることがないように8 領域全体に目を配り、多面的に研究方法が修得できるように配慮しています。2 年次春学期には修士論文の中間発表が行われ、全教員から指導と助言を受けます。修士論文の内容を着実に高める絶好の機会となっています。博士後期課程では、専門分野を深く掘り下げた研究に取り組み、課程博士論文の完成を目指します。そのために指導委員会が編成され、 論文作成に向けた指導が行われます。平成21~23 年度に各1名、平成24 年度に2名、平成26 年度に2名、博士号を授与しました。また学会での発表に向けた細やかな指導も行われています。 

教育の根源を問う

教育に関する根源的・本質的な諸課題に対して、キリスト教的価値観を踏まえながら、日本ならびに西欧の歴史的、哲学・思想的な知の蓄積に基づき、積極的に対峙し、探究しています。

国際的な視野に立つ

グローバル化する今日の多様な社会における教育の理念的・実践的なあり方に関して、欧米諸国のみならずアジア諸国や開発途上国の経験を取り込みながら、国際的な視野のもとで研究・教育に取り組んでいます。

研究と実践を架橋する

教育学の社会的な意義や今日的な役割について多角的に考察するとともに、研究と実践を架橋することを目指しています。

修了生の最近の主な研究テーマ

■「多様性の尊重」に着目した国際理解教育の授業分析と生徒の意識変化に関する研究─ 上尾市立H 中学校をケース・スタディとして─
■ ベリーズのガリフナに焦点を当てた学校におけるエスニック・アイデンティティ形成についての事例研究─ 多文化教育における戦略的本質主義アプローチの示唆として─
■ 1920 年代から1930 年代における託児所観の形成
■ 大学における学生と教員の相互交流が授業評価に与える影響に関する研究─ 広西チワン族自治区H 市H 学院をケース・スタディーとして─
■ 1990 年代アメリカにおけるアフリカ系アメリカ人差別の克服に向けた多文化的市民の育成に関する研究─ ニューヨーク州及びカリフォルニア州の社会科スタンダードと連邦教育改革の分析を通して─
■ イリイチ教育思想における「希望」と「期待」─「善」と「価値」をめぐる問題を基軸として─
■ 情報化社会における大学生の就職活動に関する研究─ 就職情報サイトの「アーキテクチャ」と「キャラ」としての自己像に注目して─
■「まち育て」における協働のあり方
■ オーストラリアの多文化教育と先住民教育をめぐる教育政策の比較考察─ 1970 年代以降の連邦と2 州が展開した政策文書における3 つの対立軸の分析を中心に─
■ 地域における人材確保から見る日本の地方大学の留学生受け入れ─ 静岡県を例にして─

戻る

ページトップへ