文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 研究科・専攻案内(大学院)
  4. 言語科学研究科
  5. 言語学専攻
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

言語学専攻

言語研究の多角的アプローチを基に人間性の本質を探求

日進月歩の躍進を続けている言語諸科学は近年、内部にさらなる飛躍の可能性を持ちつつ、その分析と説明の対象となる現象の範囲を広げつつあります。本専攻では各自の専攻言語(英語、ドイツ語、フランス語、イスパニア語、ロシア語、ポルトガル語、日本語)の研究と一般言語理論の研究は相即不離の関係にあると考えて指導を行っています。同時に言語教育、言語聴覚障害研究、コンピュータ言語学など、一般言語理論と関連する応用言語の研究面も充実させています。また各分野における著名な学者を招いたり、国内外の優秀な学生を受け入れることで、研究を発展させる知的な刺激が得られる環境を整えているのも特長のひとつです。こうした取り組みの成果として数多くの修了生が教育機関を中心に活躍しています。博士前期課程では各自の専攻言語の知識を基礎に、言語学の基礎的概念と方法を学び、特定領域をテーマとする修士論文を作成し、研究方法や論文のまとめ方を身につけます。博士後期課程では3 年間での博士論文作成を第一の目的としています。入試は研究計画書等の提出、面接を実施し、計画内容の適切性と実現可能性の視点から選抜します。

多種多様な科目が開講

必須科目である「音声学・音韻論基礎」「統辞論基礎」をはじめとして、応用言語学や社会言語学に至る多種多様な科目を開講。幅広い素養を備えた研究者の育成を行います。

専門分野以外も履修

博士後期課程では、各自の専攻言語や専門分野の体系についての知識を深めると同時に、特定の専攻分野に片寄らない観察力と分析力も養うため、専攻分野以外から履修ができます。

言語聴覚研究コース

言語聴覚研究コースでは、コミュニケーション障害について基礎理論から臨床(治療教育やリハビリ)に至る科目を通じて、広い視野と豊かな人間性を備えた指導者および研究者の養成を目指しています。指定科目を履修することにより言語聴覚士の国家試験受験資格の取得が可能です。

>>言語聴覚研究コースオリジナルサイトはこちら http://dept.sophia.ac.jp/is/solific/surecc/ent/

英語教授法コース

英語指導の理論的知識を基盤として、さらに高度な実践力を鍛えることを目標とした、現役の英語教員、および将来英語教育に携わりたいと考えている方々を対象にしたコースです。必要な単位は全て英語で取得することができます。

日本語教育学コース

2015 年4月から新規に開設されました。学内の日本語教育の現場と連動して実践を学ぶと同時に、第二言語としての日本語研究を進めます。研究科の多様な言語学科目を履修できます。

修了生の最近の主な研究テーマ

〈修士論文〉
■ The Effect of the Intensive Practice of Narratives on L2 Fluency Development
■ The Structure of FOC-less Items and its Theoretical Implications
■ How non-native English teachers perceive their adequacy as English teachers
■ The Stories of Japanese Returnees:Exploring Identity Development through Narratives
■ Zur partiellen W- Bewegung im Deutschen auf der Basis der Q-Bewegungsanalyse
■ Designing ESP Curriculum for Novice Court Interpreters
■ R elationships bet ween Vocabulary Learning Strategies and Vocabulary Size: The Case of Japanese University EFL Learners
■ The Effectiveness of English Education in Ethnic Korean Primary School in China:Learning English as a Third Language
■ Reciprocal Affixes in Japanese: Analysis of Japanese Reciprocal Affixes Ai -, Soo -, and Soogo - From the Analysis of Japanese Reflexive Zi - and Ziko -
■ The Effectiveness of a CLIL Course for Chinese High School Students Learning English as a Foreign Language- With the Focus on Vocabulary
■ The Foreign Language Social Network Development Experiences of Japanese Leaners of English
■ The Effectiveness of Shadowing on Listening Comprehension and Reading Aloud Skills
■ Learning Styles and the Use of the iPad in the University EFL Classroom
■ Non-intersective Interpretation of Japanese Attributive Adjectives
■ 漢字書字におけるチャンキングスキルの発達
■ 発語失行のメカニズムの検討─ 聴覚的音声分析と音響分析を通じて─
■ 日常生活場面と訓練場面における失語症者の情報伝達能力の比較─ 対話者と場所の2要因からの検討─
■「修復の組織」と「対話者の視線の向き」が吃音者の話しやすさに与える影響─ 半構造化面接と会話分析を通して─
■ 健常若齢者および高齢者における言語流暢性検査の質的検討
■ 学齢児におけるかな文字表記の習得過程─ 特殊表記に焦点をあてて─
■ 成人自閉症スペクトラム者の言語・コミュニケーション─ 語の意味理解と対話での反応に焦点をあてて─
■ 中国語を母語とする日本語学習者の時間を限定する表現「マデ」「マデニ」「マエ」「マエニ」の習得
■ 演劇教育を取り入れた日本語教育におけるロールプレイの効果─ 即興劇のテクニックによるパフォーマンスと情意の変化─
■ 失語症者のための談話評価法の開発の試み─ 情景画と連続絵によるCorrect Information Unit の比較─
■ 日本国内の職場で働く外国籍社員のインターアクション管理─ 日本語教育の教育的支援の可能性に着目して─
■ 日本語母語話者における中国語流音の聴覚知覚─ 音声環境による比較─
■ 日本人中国語学習者における破裂音の習得について─ VOTの視点から─
■ コア図式を用いた複合動詞の説明効果に関する実証研究─「~こむ」と「~ぬく」の指導を通して─

〈博士論文〉
■ Implicature-Embedded Communication in a Second Language:Responses by Japanese E F L learners in implicature - prone strategies
■ A Theory of Multiple Categorization within Distributed Morphology and Its Implications

戻る

ページトップへ