文字サイズ

上智大学

  1. HOME
  2. インフォメーション
  3. 総合ニュース一覧
  4. ニュース詳細

ニューヨーク・国連本部で国際公務員養成講座を開講します

国連や国際機関での経験豊富な講師や人事担当者が、採用対策を現地で指導

上智大学では、2017年8月28日から9月1日の5日間、米国ニューヨークの国連本部にて、国際公務員を目指す学生や社会人を対象とした実務型国連集中研修「国際公務員をめざして」を開講します。ニューヨークの国連本部で、第一線で働く専門家や国連の人事担当者らとの意見交換を通じて受講生のモチベーションおよびスキルの向上を図ることを狙いとしています。

本講座は、国連本部にて、5日間で15回の授業を予定。国際公務員を志望する学生(他大学含む)および社会人を対象としています。国連の現役職員のほか、元職員や外交官などを講師に起用。国際公務員制度や採用プロセスの説明に加え、応募の際の履歴書の書き方や面接対策などの実践的演習を行います。また、日本をはじめ、職員数が望ましい数に達していないとされる「地理的配分」に満たない国々を対象とした競争試験についても指導します。元国連広報官として30年以上にわたって国連事務局に勤務した経験を持つ植木安弘総合グローバル学部教授(本講座コーディネーター)が、国連での幅広い人脈を活かすことで実現に至った本学独自のプログラムです。

グローバル化が進む昨今、国連をはじめとした国際機関に勤務する国際公務員への志望者が増えてきている一方で、日本人の専門職員の数、特に幹部職員が少ないことが指摘されています。国際公務員を目指す場合は、日本の一般的な就職活動や公務員試験とは異なる対策が必要となり、採用方法を理解し、語学力強化を含めた準備を早いうちから始めることが肝要であることから、本学では4月より国際公務員志望者に特化した英語講座および人材養成に関する包括的な講座を公開学習センターにて開講しています。

実施概要

授業時間 8月28日~9月1日
受講料 67,500円 (一般の方)、45,000円(学生の方) ※宿泊費、航空運賃は除く
定員 20名
受講条件

(1)日本国籍を有する方

(2)TOEFLiBT 80、TOEIC 750、英検準1級程度の英語力を有する方

講師 Chaste Abimana (Chief, 国連フィールド・サービス局人事サービス部長)、Hong Kwon (Deputy Director, 国連人的資源管理部)、Regina Pawlik (Executive Secretary, 国際人事委員会)、福田圭介 (外務省国際連合日本政府代表部一等書記官)、John Ericson (元国連広報官)、茶木久実子(元国連広報官)、ほか
コーディネーター 植木 安弘 総合グローバル学部教授
主な授業項目 国連の組織と動向、国際公務員制度(地位、特権免除、権利義務、給与体系など)、採用プロセス概要、カバーレター作成方法およびインタビュートレーニング、パネルディスカッション、先輩職員との意見交換会など

報道関係からのお問合せ

広報グループ (phone 03-3238-3179 / E-mail sophiapr[at]cl.sophia.ac.jp) ※[at]を@に変換

戻る

ページトップへ