文字サイズ

上智大学

  1. HOME
  2. インフォメーション
  3. 総合ニュース一覧
  4. ニュース詳細

国連難民高等弁務官のフィリッポ・グランディ氏による講演会が開催されました

「難民の国際保護と私たちにできること~教育の役割~」

フィリッポ・グランディ国連難民高等弁務官

11月19日、国連難民高等弁務官のフィリッポ・グランディ氏の来日にあわせて、四谷キャンパスで講演会が開催され、500人を超える方々に来場いただきました。グランディ氏は、難民保護における教育の役割や、日本における難民支援のあり方などについて講演しました。

日本では、本学を含めた8大学がUNHCRが推薦する難民を毎年正規奨学生として受入れる難民高等教育事業(RHEP)に参画しています。昨日はこの事業を通じて日本の大学を卒業した方々によるディスカッションも行われました。また、国際機関に就職する方法やアドバイスを外務省の職員やUNHCR駐日事務所スタッフがレクチャーするキャリアセミナーも行われ、多くの学生たちが熱心に耳を傾けていました。

RHEPを通じて日本の大学を卒業した方々によるディスカッション

本学は、2014年10月にUNHCR駐日事務所と教育連携協定を締結しており、教育研究活動を通じた交流やインターンシップ科目への協力、啓発イベントの共同開催など交流を重ねているほか、2016年6月にはRHEPに関する協定を締結。UNHCRは本学と深い関係を有する国際機関のひとつです。

戻る

ページトップへ