文字サイズ

上智大学

  1. HOME
  2. インフォメーション
  3. 総合ニュース一覧
  4. ニュース詳細

元米国大統領補佐官のマイケル・グリーン氏が上智大学特任教授に就任しました

日本の安全保障政策が専門

本学は、2017年10月1日付で、本学協定校の米国ジョージタウン大学外交政策学部准教授で、米国を代表するシンクタンクの戦略国際問題研究所(CSIS)の上級副所長(アジア及び日本外交政策)を務めるマイケル・グリーン(Michael J Green)氏を、特任教授として迎えました。

ホワイトハウスの国家安全保障会議(NSC)で大統領補佐官(アジア担当)兼上級アジア部長を務めるなどの実績を持つグリーン氏は、国際政治外交、特に日本の安全保障政策を専門としています。日本にも長期滞在経験があることから、日本語も堪能です。同氏は、特に国際政治分野でのジョージタウン大学との研究交流や、CSISと本学との合同プロジェクトの立ち上げのほか、同分野での活躍を目指す人材育成に携ることで、本学のグローバル化推進に寄与する教育研究活動を担います。

グリーン氏が所属するジョージタウン大学は、1789年創立の総合私立大学で、本学と同じカトリック・イエズス会の大学です。ビル・クリントン元大統領や緒方貞子本学名誉教授など多くの政治家や外交官などを輩出した全米屈指の名門大学であり、特に政治や国際関係の分野では国内外から高い評価を得ています。
同大とは、1935年、本学が初めて留学生を同大に派遣したことから交流がスタートしました。現在では交換留学のほか、両校の包括的な協力を可能とする協定合意書の締結や、本学学生の同大学院への特別進学制度の創設など、多岐にわたる分野で交流を重ねています。グリーン氏も、本学創立100周年記念で開催した同大との共同シンポジウムでの登壇や、ワシントンD.C.スタディツアー(2017年3月実施)に参加した学生たちと合同授業を行うなど、本学の教育研究活動にも協力しています。

マイケル・グリーン氏 プロフィール

1983年ケンヨンカレッジ卒業
1987年ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院で修士号取得
1994年同大学院にて博士号取得

2001年にホワイトハウスNSCに加わるまでは、外交問題評議会の東アジア安全保障担当上級研究員、ジョンズ・ホプキンス大学高等国際問題研究大学院の客員助教授などを歴任。
2006年よりジョージタウン大学外交政策学部准教授を務めている。

戻る

ページトップへ