文字サイズ

グローバル教育・留学

  1. HOME
  2. グローバル教育・留学
  3. 学生の体験談
  4. 交換留学
  5. 看護学科 早川 琳子 (ミズーリ大学コロンビア校<アメリカ>)
グローバル教育
グローバル教育センターについて
グローバル・コンピテンシー・プログラム
インターンシップ科目
データサイエンスプログラム
グローバル教育センター主催連続セミナーのご案内
国際交流/留学
留学相談(Study Abroad Advising)
留学カウンセリング(Counseling for Study Abroad)
LLCによる語学学習相談 (LLC Language Learning Support Programs)
海外国際交流プログラム
長期留学(交換留学・一般留学・休学留学)
交換留学
交換留学(英語集中コース)
交換留学協定校
一般留学/休学留学
大学院生の留学プログラム
留学ハンドブック
交換留学体験談
留学Q&A
海外短期研修 Short-term Study Abroad Programs
夏期休暇 海外短期研修
春期休暇 海外短期研修
海外短期語学講座 Short-term Language Programs
夏期休暇 海外短期語学講座
春期休暇 海外短期語学講座
実践型プログラム Social Engagement Programs
夏期休暇 実践型プログラム
春期休暇 実践型プログラム
国連ユースボランティア
SAIMS Program - ASEAN4カ国7大学への留学
LAP - 中南米6カ国13大学への留学 Latin America Program
国際交流活動 International Exchange Activities
上智学生による国際交流団体Global-Network (GL-Net)
交換留学生サポーター募集
留学費用/奨学金
トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
交換留学生対象の奨学金
一般留学者対象の奨学金
海外短期留学プログラム参加者対象の奨学金
大学院生等(学部卒業見込の者を含む)対象の奨学金
外国人留学生対象の奨学金 Scholarship for International Students
その他の奨学金
海外大学院進学
海外大学院特別進学制度
その他大学院進学情報
海外留学保険および危機管理サービス
グローバル化の取り組み
海外協定校一覧 
文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援事業」
構想の概要
SGU事業における本学独自の成果指標
SGU事業における共通指標
海外拠点の紹介 Overseas Offices
外部評価委員 Advisory Board
グローバル化への歩み
近年の取組み
2014年度取組み紹介
2015年度取組み紹介
2016年度取組み紹介
文部科学省「大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業(グローバル30)」
文部科学省「グローバル人材育成推進事業」
文部科学省「大学の世界展開力強化事業」
学生の体験談
交換留学
経済学科 松間 一晃 (テキサス大学オースティン校<アメリカ>)
イスパニア語学科 松丸 進 (教皇庁立ハベリアナ大学<コロンビア>)
ドイツ語学科 新田 純奈 (フライブルク大学 <ドイツ>)
英文学科 森田 杏花 (アデレード大学<オーストラリア>)
看護学科 早川 琳子 (ミズーリ大学コロンビア校<アメリカ>)
SAIMS(ASEAN諸国への交換留学制度)
教育学科 佐久間萌子(デ・ラ・サール大学(フィリピン))
教育学科 柴山すず (デ・ラ・サール大学(フィリピン))
LAP (中南米諸国への留学プログラム)
新聞学科  西崎奈央 (ペルースタディツアー) 
海外短期語学講座
社会学科 渡邉 日奈子 (カリフォルニア大学デービス校<アメリカ>)
史学科 佐藤 一麦 (フライブルク大学 <ドイツ>)
海外短期研修
総合グローバル学科 黒沢 直也 (ロンドン大学SOAS)
機能創造理工学科 赤井 秀行 (カリフォルニア大学デービス校<アメリカ>)
国際教養学科 井上 咲 (カンボジア・エクスポージャーツアー)
インターンシップ科目
機能創造理工学科 市川 駿(実習先:ボルボグループUDトラックス)
経営学科 光本 恵理(実習先:花王)
フランス文学科 芝 美咲(実習先:オンワード樫山)
新聞学科 中村 尭史(実習先:JICA 青年海外協力隊事務局)
国際教養学科 平田 透(実習先:ボルボグループ米国Volvo Penta)
その他海外プログラム(東ティモ-ル・スタディツアーなど)
東ティモール・スタディツアー

看護学科 早川 琳子 (ミズーリ大学コロンビア校<アメリカ>)

交換留学 2015年秋学期~2016年春学期

 

私はミズーリ大学コロンビア校という所に1年間留学しました。広大な大地の中に大学だけがポツンとあるような、非常にアメリカらしいキャンパスでした。車がないと何処にも行けない環境は、東京で育った身としては苦痛でした。ですが、10か月生活してみて田舎ならではの良さを見つけることが出来ました。まず安心・安全のキャンパスライフだったこと。次に英語を鍛えるには絶好の環境だったということ。そして、人のつながりや温かさに触れることができたということです。

在学中は、寮に入りました。食事は主に学食でとっていましたが、週末になると友人たちとダウンタウンで食事をとっていました。この大学では多くの課外活動が行われており、私は社交ダンスのサークルに入っていました。週2回のレッスンで、現地の友人を作る良いきっかけとなりました。長期休暇中は、友人とニューオーリンズ、NY、テキサス、フィラデルフィア、フロリダ、アリゾナとアメリカ各地を旅行しました。楽しかったですが予想以上に費用がかかった為、旅行する際は十分に計画を立ててから行くことをお勧めします。

私は看護学科ですが、留学中はあらゆる分野の授業をとっていました。社会学、宗教学、スペイン語、観光学などなど… 現地の学生を同じように講義を受けて良い刺激を得られました。今や留学はメジャーなものになりつつありますが、看護学科で留学する人はまだまだ少数です。私も直前まで多くの人に反対され、留学するか非常に迷いました。留学に行ってからも初の海外長期滞在、初の一人暮らしと初めてだらけの毎日は失敗の連続でした。言語の壁だけでなく、文化や風習の違いに悩むこともありました。ですが失敗を積み重ね自分なりに試行錯誤した結果、視野が広がり精神的に成長することが出来たと感じています。語学力向上という目標も達成することができました。交換留学という体験は、自分の人生に深みを出してくれる非常に価値あるものだったと感じています。

戻る

ページトップへ