文字サイズ

グローバル教育・留学

  1. HOME
  2. グローバル教育・留学
  3. 学生の体験談
  4. 海外短期研修
  5. 総合グローバル学科 黒沢 直也 (ロンドン大学SOAS)
グローバル教育
グローバル教育センターについて
グローバル・コンピテンシー・プログラム
インターンシップ科目
データサイエンスプログラム
グローバル教育センター主催連続セミナーのご案内
国際交流/留学
留学相談(Study Abroad Advising)
留学カウンセリング(Counseling for Study Abroad)
LLCによる語学学習相談 (LLC Language Learning Support Programs)
海外国際交流プログラム
長期留学(交換留学・一般留学・休学留学)
交換留学
交換留学(英語集中コース)
交換留学協定校
一般留学/休学留学
大学院生の留学プログラム
留学ハンドブック
交換留学体験談
留学Q&A
海外短期研修 Short-term Study Abroad Programs
夏期休暇 海外短期研修
春期休暇 海外短期研修
海外短期語学講座 Short-term Language Programs
夏期休暇 海外短期語学講座
春期休暇 海外短期語学講座
実践型プログラム Social Engagement Programs
夏期休暇 実践型プログラム
春期休暇 実践型プログラム
国連ユースボランティア
SAIMS Program - ASEAN4カ国7大学への留学
LAP - 中南米6カ国13大学への留学 Latin America Program
国際交流活動 International Exchange Activities
上智学生による国際交流団体Global-Network (GL-Net)
交換留学生サポーター募集
留学費用/奨学金
トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
交換留学生対象の奨学金
一般留学者対象の奨学金
海外短期留学プログラム参加者対象の奨学金
大学院生等(学部卒業見込の者を含む)対象の奨学金
外国人留学生対象の奨学金 Scholarship for International Students
その他の奨学金
海外大学院進学
海外大学院特別進学制度
その他大学院進学情報
海外留学保険および危機管理サービス
グローバル化の取り組み
海外協定校一覧 
文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援事業」
構想の概要
SGU事業における本学独自の成果指標
SGU事業における共通指標
海外拠点の紹介 Overseas Offices
外部評価委員 Advisory Board
グローバル化への歩み
近年の取組み
2014年度取組み紹介
2015年度取組み紹介
2016年度取組み紹介
文部科学省「大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業(グローバル30)」
文部科学省「グローバル人材育成推進事業」
文部科学省「大学の世界展開力強化事業」
学生の体験談
交換留学
経済学科 松間 一晃 (テキサス大学オースティン校<アメリカ>)
イスパニア語学科 松丸 進 (教皇庁立ハベリアナ大学<コロンビア>)
ドイツ語学科 新田 純奈 (フライブルク大学 <ドイツ>)
英文学科 森田 杏花 (アデレード大学<オーストラリア>)
看護学科 早川 琳子 (ミズーリ大学コロンビア校<アメリカ>)
SAIMS(ASEAN諸国への交換留学制度)
教育学科 佐久間萌子(デ・ラ・サール大学(フィリピン))
教育学科 柴山すず (デ・ラ・サール大学(フィリピン))
LAP (中南米諸国への留学プログラム)
新聞学科  西崎奈央 (ペルースタディツアー) 
海外短期語学講座
社会学科 渡邉 日奈子 (カリフォルニア大学デービス校<アメリカ>)
史学科 佐藤 一麦 (フライブルク大学 <ドイツ>)
海外短期研修
総合グローバル学科 黒沢 直也 (ロンドン大学SOAS)
機能創造理工学科 赤井 秀行 (カリフォルニア大学デービス校<アメリカ>)
国際教養学科 井上 咲 (カンボジア・エクスポージャーツアー)
インターンシップ科目
機能創造理工学科 市川 駿(実習先:ボルボグループUDトラックス)
経営学科 光本 恵理(実習先:花王)
フランス文学科 芝 美咲(実習先:オンワード樫山)
新聞学科 中村 尭史(実習先:JICA 青年海外協力隊事務局)
国際教養学科 平田 透(実習先:ボルボグループ米国Volvo Penta)
その他海外プログラム(東ティモ-ル・スタディツアーなど)
東ティモール・スタディツアー

総合グローバル学科 黒沢 直也 (ロンドン大学SOAS)

海外短期研修 16年夏

 

 私は今回ロンドン大学アジアアフリカ研究所(SOAS)の3週間の研修に参加しました。この研修は、マーケティング・メディア・環境政策等いくつかのコースがあり私はその中でも国際関係のコースに参加しました。

 3週間滞在した大学寮はハリーポッターの9と3/4番線でおなじみのキングスクロス駅から徒歩7分程度の場所にあり、非常にアクセスが良く快適でした。大学までは徒歩20分程度で毎日キングスクロス・セントパンクラス駅という美しい建造物の前を通り過ぎながら通いました。

 私がとった授業は生徒の数が10人程度で、国際法や貧困、紛争時の人道的介入などのテーマに沿って講義、ディスカッション、実例を用いたケーススタディーなどを行いました。国際開発省や外務省の見学をする機会もあり、イギリスのEU離脱によって生じた変化などについても職員の方に話を聞くことができました。三週間のコースの最後には、授業中に設定した課題についてのプレゼンテーションがあり、学んだことについて理解を深めることができました。

 授業は夕方に終わるので、放課後はロンドン大学のすぐ近くにある大英博物館に何度も訪れました。ロゼッタストーンやアッシリアの壁画、古代ローマ帝国のアウグストゥス帝の像など世界史の授業で学んだものを実際に見たときはとても感動し、膨大な量の展示物は3週間では見切れないほどでした。また大英博物館から近いオックスフォードストリートはロンドンで有数のショッピングストリートであり人と活気に溢れていました。週末は市内の観光で、定番のビックベンやナショナルギャラリー、バッキンガム宮殿の衛兵交代などロンドンを堪能しました。

 今回の短期研修は3週間と短い期間ではありましたが、海外経験があまりない私にとって一日一日が新鮮で、ロンドンの美しい街並みや多様性に圧倒され続けた3週間でした。海外で授業を受けることで、政治的分野において客観的に日本を見るきっかけになったり、日本のメディアだけではわからない移民問題の実態などを、実際の生活体験と共に少しだけ学ぶことができたと思います。また、寮ではフランス・スペイン・イタリア・中国から同じくこのコースに参加した留学生と毎晩話したり、一緒に夕食を作ったりしました。そのことが今回の研修の中で自分にとって最も有意義な部分の一つであったし、拙い自分の英語をもっと上達させたいと痛感させてくれたことでもありました。

 私にとってロンドンという町はとても魅力的でした。この3週間は、これからの大学生活でどんな分野を学びたいかということや、どんなことをしたいかということを考えるきっかけをくれた素晴らしい3週間でした。大学1年生の夏にこのような機会を提供してくださったことにとても感謝しています。

戻る

ページトップへ