文字サイズ

グローバル教育・留学

  1. HOME
  2. グローバル教育・留学
  3. 学生の体験談
  4. インターンシップ科目
  5. 機能創造理工学科 市川 駿(実習先:ボルボグループUDトラックス)
グローバル教育
グローバル教育センターについて
グローバル・コンピテンシー・プログラム
インターンシップ科目
データサイエンスプログラム
グローバル教育センター主催連続セミナーのご案内
国際交流/留学
留学相談(Study Abroad Advising)
留学カウンセリング(Counseling for Study Abroad)
LLCによる語学学習相談 (LLC Language Learning Support Programs)
海外国際交流プログラム
長期留学(交換留学・一般留学・休学留学)
交換留学
交換留学(英語集中コース)
交換留学協定校
一般留学/休学留学
大学院生の留学プログラム
留学ハンドブック
交換留学体験談
留学Q&A
海外短期研修 Short-term Study Abroad Programs
夏期休暇 海外短期研修
春期休暇 海外短期研修
海外短期語学講座 Short-term Language Programs
夏期休暇 海外短期語学講座
春期休暇 海外短期語学講座
実践型プログラム Social Engagement Programs
夏期休暇 実践型プログラム
春期休暇 実践型プログラム
国連ユースボランティア
SAIMS Program - ASEAN4カ国7大学への留学
LAP - 中南米6カ国13大学への留学 Latin America Program
国際交流活動 International Exchange Activities
上智学生による国際交流団体Global-Network (GL-Net)
交換留学生サポーター募集
留学費用/奨学金
トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
交換留学生対象の奨学金
一般留学者対象の奨学金
海外短期留学プログラム参加者対象の奨学金
大学院生等(学部卒業見込の者を含む)対象の奨学金
外国人留学生対象の奨学金 Scholarship for International Students
その他の奨学金
海外大学院進学
海外大学院特別進学制度
その他大学院進学情報
海外留学保険および危機管理サービス
グローバル化の取り組み
海外協定校一覧 
文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援事業」
構想の概要
SGU事業における本学独自の成果指標
SGU事業における共通指標
海外拠点の紹介 Overseas Offices
外部評価委員 Advisory Board
グローバル化への歩み
近年の取組み
2014年度取組み紹介
2015年度取組み紹介
2016年度取組み紹介
文部科学省「大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業(グローバル30)」
文部科学省「グローバル人材育成推進事業」
文部科学省「大学の世界展開力強化事業」
学生の体験談
交換留学
経済学科 松間 一晃 (テキサス大学オースティン校<アメリカ>)
イスパニア語学科 松丸 進 (教皇庁立ハベリアナ大学<コロンビア>)
ドイツ語学科 新田 純奈 (フライブルク大学 <ドイツ>)
英文学科 森田 杏花 (アデレード大学<オーストラリア>)
看護学科 早川 琳子 (ミズーリ大学コロンビア校<アメリカ>)
SAIMS(ASEAN諸国への交換留学制度)
教育学科 佐久間萌子(デ・ラ・サール大学(フィリピン))
教育学科 柴山すず (デ・ラ・サール大学(フィリピン))
LAP (中南米諸国への留学プログラム)
新聞学科  西崎奈央 (ペルースタディツアー) 
海外短期語学講座
社会学科 渡邉 日奈子 (カリフォルニア大学デービス校<アメリカ>)
史学科 佐藤 一麦 (フライブルク大学 <ドイツ>)
海外短期研修
総合グローバル学科 黒沢 直也 (ロンドン大学SOAS)
機能創造理工学科 赤井 秀行 (カリフォルニア大学デービス校<アメリカ>)
国際教養学科 井上 咲 (カンボジア・エクスポージャーツアー)
インターンシップ科目
機能創造理工学科 市川 駿(実習先:ボルボグループUDトラックス)
経営学科 光本 恵理(実習先:花王)
フランス文学科 芝 美咲(実習先:オンワード樫山)
新聞学科 中村 尭史(実習先:JICA 青年海外協力隊事務局)
国際教養学科 平田 透(実習先:ボルボグループ米国Volvo Penta)
その他海外プログラム(東ティモ-ル・スタディツアーなど)
東ティモール・スタディツアー

機能創造理工学科 市川 駿(実習先:ボルボグループUDトラックス)

2015年度「ボルボグループインターンシップ」参加

 

上智大学から派遣されたインターン生とともに(本人は右から3番目)

 私は2016年の2月から3月にかけてボルボグループUDトラックス株式会社の製造・技術部門でのインターンシップに参加し、主なタスクとして新型エンジンの量産化に向けて新規に追加される作業工程のレイアウト設計の補助をさせていただきました。参加のきっかけとしては二点あって、まず一つは、将来的にグローバルに働く事に漠然と興味を持っていたこと、もう一つは、就職活動に備えてコミュニケーション能力、交渉力といった対人スキルを身に着けたいと考えた事が挙げられます。

 今回私は生産技術部門で新型エンジンのための作業工程の設計業務に携わらせていただきました。新型エンジンの製造方法の検討にあたってはVolvoグループで製造されている欧州仕様のエンジンをベースに製造を行ってコストの削減を図られたという事、そして生産コストの比較に際しても日本国内で生産を完結させる場合と欧州の工場と工程を分担して生産を行う場合のコストの比較が行われた事を、メンターの方との話を通して知りました。

 また、実際に海外に出張に行った方にお話を伺った時には、日本の工場での「作業工程におけるムリ・ムダ・ムラ(3M)を見つけ削減していく」という手法が海外のVolvoグループの企業に評価され、海外のグループ企業の工場でも生かされていることも知りました。

 実習を通して学んだことで最も重要だったのは、チームワークであると思います。今回のインターンシップにおいてメインのタスクであった作業工程の作成に当たってはメンターの方や作業者の方、工場内の物品の運輸を担当しているロジスティクスチームの方など、Group Trucks Operation(GTO)内の様々な方からの意見が集約されており、生産現場において各部門がどのように協力し合っているか理解するうえで非常に良い経験となったと思います。チームワークの中で、情報交換は必要不可欠となりますが、GTOでは情報交換が非常に盛んにおこなわれており、工場内でトラブルが発生した際には生産ラインを止めることのないように迅速に対処していました。このような活発な情報交換の背景には、GTOの方々がお互いの専門分野に対して敬意を持ちつつ、自分の専門分野についてはリーダーシップを持って行動していることが大きいのではないかと感じました。

 私の実習先の部署であるGTOは、他の部署と比べ実際に現場に出向いて実体験を通して学ぶことが多くあったため、実際に自動車の部品がどのように組み立てられていくのかの過程を見たい学生にとっては非常にお勧めできる部署です。実習前の必要な準備としては、主に二つあります。一つは自動車の構造に関する予備知識、もう一つが英語のリスニング力の向上です。一点目に関しては、私は小学生の頃から自動車工学に興味があった事もあり、エンジンの構造に関して予備知識を持っていました。このことは今回のインターンで作業工程を設計する際に、一つ一つの工程の意味を理解する際に大いに役に立ちました。もう一点の英語力に関しては、スウェーデンの自動車生産設備メーカーとの電話会議に参加した際に、スウェーデンの方独特の発音アクセントを理解するのに若干時間がかかったので、日頃からリスニングを鍛える必要性を痛感しました。

 最後に、GTOの方々は皆親切で温かみのある方ばかりで、積極的に質問すれば丁寧に教えて下さり、自分の将来の悩みについて相談に乗ってもらったこともありました。今回のインターンは人生初の本格的なインターンでしたが、GTOでの実習は非常に良い経験となりました。

戻る

ページトップへ