文字サイズ

グローバル教育・留学

  1. HOME
  2. グローバル教育・留学
  3. 学生の体験談
  4. インターンシップ科目
  5. 経営学科 光本 恵理(実習先:花王)
グローバル教育
グローバル教育センターについて
グローバル・コンピテンシー・プログラム
インターンシップ科目
データサイエンスプログラム
グローバル教育センター主催連続セミナーのご案内
国際交流/留学
留学相談(Study Abroad Advising)
留学カウンセリング(Counseling for Study Abroad)
LLCによる語学学習相談 (LLC Language Learning Support Programs)
海外国際交流プログラム
長期留学(交換留学・一般留学・休学留学)
交換留学
交換留学(英語集中コース)
交換留学協定校
一般留学/休学留学
大学院生の留学プログラム
留学ハンドブック
交換留学体験談
留学Q&A
海外短期研修 Short-term Study Abroad Programs
夏期休暇 海外短期研修
春期休暇 海外短期研修
海外短期語学講座 Short-term Language Programs
夏期休暇 海外短期語学講座
春期休暇 海外短期語学講座
実践型プログラム Social Engagement Programs
夏期休暇 実践型プログラム
春期休暇 実践型プログラム
国連ユースボランティア
SAIMS Program - ASEAN4カ国7大学への留学
LAP - 中南米6カ国13大学への留学 Latin America Program
国際交流活動 International Exchange Activities
上智学生による国際交流団体Global-Network (GL-Net)
交換留学生サポーター募集
留学費用/奨学金
トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
交換留学生対象の奨学金
一般留学者対象の奨学金
海外短期留学プログラム参加者対象の奨学金
大学院生等(学部卒業見込の者を含む)対象の奨学金
外国人留学生対象の奨学金 Scholarship for International Students
その他の奨学金
海外大学院進学
海外大学院特別進学制度
その他大学院進学情報
海外留学保険および危機管理サービス
グローバル化の取り組み
海外協定校一覧 
文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援事業」
構想の概要
SGU事業における本学独自の成果指標
SGU事業における共通指標
海外拠点の紹介 Overseas Offices
外部評価委員 Advisory Board
グローバル化への歩み
近年の取組み
2014年度取組み紹介
2015年度取組み紹介
2016年度取組み紹介
文部科学省「大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業(グローバル30)」
文部科学省「グローバル人材育成推進事業」
文部科学省「大学の世界展開力強化事業」
学生の体験談
交換留学
経済学科 松間 一晃 (テキサス大学オースティン校<アメリカ>)
イスパニア語学科 松丸 進 (教皇庁立ハベリアナ大学<コロンビア>)
ドイツ語学科 新田 純奈 (フライブルク大学 <ドイツ>)
英文学科 森田 杏花 (アデレード大学<オーストラリア>)
看護学科 早川 琳子 (ミズーリ大学コロンビア校<アメリカ>)
SAIMS(ASEAN諸国への交換留学制度)
教育学科 佐久間萌子(デ・ラ・サール大学(フィリピン))
教育学科 柴山すず (デ・ラ・サール大学(フィリピン))
LAP (中南米諸国への留学プログラム)
新聞学科  西崎奈央 (ペルースタディツアー) 
海外短期語学講座
社会学科 渡邉 日奈子 (カリフォルニア大学デービス校<アメリカ>)
史学科 佐藤 一麦 (フライブルク大学 <ドイツ>)
海外短期研修
総合グローバル学科 黒沢 直也 (ロンドン大学SOAS)
機能創造理工学科 赤井 秀行 (カリフォルニア大学デービス校<アメリカ>)
国際教養学科 井上 咲 (カンボジア・エクスポージャーツアー)
インターンシップ科目
機能創造理工学科 市川 駿(実習先:ボルボグループUDトラックス)
経営学科 光本 恵理(実習先:花王)
フランス文学科 芝 美咲(実習先:オンワード樫山)
新聞学科 中村 尭史(実習先:JICA 青年海外協力隊事務局)
国際教養学科 平田 透(実習先:ボルボグループ米国Volvo Penta)
その他海外プログラム(東ティモ-ル・スタディツアーなど)
東ティモール・スタディツアー

経営学科 光本 恵理(実習先:花王)

2016年度「経済同友会連携インターンシップ」参加

 

最終日個人発表の様子

 高校時代に見た、あるテレビコマーシャルをきっかけに、私はメーカーの仕事に興味を持ちました。実際にモノを使う私達消費者を喜ばせるだけでなく、そのモノを通して社会にも貢献できるのがメーカーの魅力だと気が付いたからです。そこで、メーカーでのインターンシップがしてみたいと思い、経済同友会連携インターンシッププログラムの中で、花王株式会社の企業理念「よきモノづくり」が特に私の心に響き、応募に至りました。

 元々、花王のインターンの目的としては、働く意義を考える、メーカーの仕事について知るということが掲げられていましたが、更に私は、「よきモノづくり」、メーカーの仕事の魅力を学ぶことを大きな目的とし、3週間のインターンに参加する決心をしました。

 はじめに、インターンシップ科目では実習期間の前後に、幾つかの講義やビジネスマナーの講座を受けました。事前講義では、インターンシップにどのような心構えで行くか、学びたいことは何かなど、他の実習先に行く学生と意見を共有し、実習に向けた準備をしました。

 そして、夏期休暇中の3週間に渡り、花王株式会社本社を中心に実習を行いました。実習内容は大きく2つに分けることができます。1つ目は、企業研究です。花王ミュージアムの見学などを通して、企業の歴史、企業理念などを学びました。各企業には、社会に対する想いがあると実感するとともに、それが企業理念に繋がっていることを学びました。2つ目は全部門における職種研究、及び体験です。一般的に、文系学生が参加できるインターンでは、マーケティングや営業のインターンシップが中心です。しかし、今回の実習では原料の購買、研究開発から販売、物流までサプライチェーン全ての部門の方からお話を伺うことができました。また、販売や物流では、工場見学やロジスティクスセンターでのピッキングの作業体験、販売店舗での体験等もさせて頂きました。全部門での体験やお話を通して、それぞれ仕事内容は異なっても、同じ想いを持ち、それを繋いで行き1つのモノがつくられていると実感することができました。

 また、最終日には3週間の実習を終えての感想、働くことの意義、今後のキャリアプランについてのプレゼンテーションを行いました。今回の実習では、期間の面でも3週間連続であったため、自分なりに常に考え続けることが出来たという点でも大変貴重な体験となりました。

 私が、実習に参加して特に良かったと思う点は、大きく2点あります。まず1点目は、大学での学びとの繋がりを企業で体感できたということです。正直、大学の授業では、高校までの学習と違い、明確な目標を定めることは難しいと実感していました。なぜならば、将来自分が社会でどのような仕事をしたいのかを模索中だったからかもしれません。しかし、今回の実習を通して大学での学びや培った価値観は、どんな職種の仕事であっても応用することができると実感することができたのです。今後も、1つ1つの学びを大切に残りの大学生活も過ごしたいと考えました。2点目は、将来の仕事を選ぶ時の指針を作れたという点です。今回の実習を通して、企業が理念を持ち、各職種の社員一人一人と想いを繋いで仕事をしていることに感動したからです。将来私も、企業名や職種というラベルに捉われるのではなく、学生時代に自分の想いを大切に育み、その想いに合う仕事を選びたいと考えるようになりました。

 最後に、花王株式会社の社員の方々はお忙しい中、学生の私達を本当に優しく歓迎、ご指導して下さり、社風の温かさを感じました。そして、3週間の実習は期間的には長く、体力的にも大変だと感じることが何度かありましたが、働く大変さや責任感を考える良い機会になったと思います。更に、大学2年生でインターンシップに参加する機会を頂き、今後の学生生活の過ごし方についても考えることができ、本当に恵まれていると感じました。

戻る

ページトップへ