文字サイズ

グローバル教育・留学

  1. HOME
  2. グローバル教育・留学
  3. 国際交流/留学
  4. 長期留学(交換留学・一般留学・休学留学)
  5. 大学院生の留学プログラム
グローバル教育
グローバル教育センターについて
グローバル・コンピテンシー・プログラム
インターンシップ科目
データサイエンスプログラム
グローバル教育センター主催連続セミナーのご案内
国際交流/留学
留学相談(Study Abroad Advising)
留学カウンセリング(Counseling for Study Abroad)
LLCによる語学学習相談 (LLC Language Learning Support Programs)
海外国際交流プログラム
長期留学(交換留学・一般留学・休学留学)
交換留学
交換留学(英語集中コース)
交換留学協定校
一般留学/休学留学
大学院生の留学プログラム
留学ハンドブック
交換留学体験談
留学Q&A
海外短期研修 Short-term Study Abroad Programs
夏期休暇 海外短期研修
春期休暇 海外短期研修
海外短期語学講座 Short-term Language Programs
夏期休暇 海外短期語学講座
春期休暇 海外短期語学講座
実践型プログラム Social Engagement Programs
夏期休暇 実践型プログラム
春期休暇 実践型プログラム
国連ユースボランティア
SAIMS Program - ASEAN4カ国7大学への留学
LAP - 中南米6カ国13大学への留学 Latin America Program
国際交流活動 International Exchange Activities
上智学生による国際交流団体Global-Network (GL-Net)
交換留学生サポーター募集
留学費用/奨学金
トビタテ!留学JAPAN日本代表プログラム
交換留学生対象の奨学金
一般留学者対象の奨学金
海外短期留学プログラム参加者対象の奨学金
大学院生等(学部卒業見込の者を含む)対象の奨学金
外国人留学生対象の奨学金 Scholarship for International Students
その他の奨学金
海外大学院進学
海外大学院特別進学制度
その他大学院進学情報
海外留学保険および危機管理サービス
グローバル化の取り組み
海外協定校一覧 
文部科学省「スーパーグローバル大学創成支援事業」
構想の概要
SGU事業における本学独自の成果指標
SGU事業における共通指標
海外拠点の紹介 Overseas Offices
外部評価委員 Advisory Board
グローバル化への歩み
近年の取組み
2014年度取組み紹介
2015年度取組み紹介
2016年度取組み紹介
文部科学省「大学の国際化のためのネットワーク形成推進事業(グローバル30)」
文部科学省「グローバル人材育成推進事業」
文部科学省「大学の世界展開力強化事業」
学生の体験談
交換留学
経済学科 松間 一晃 (テキサス大学オースティン校<アメリカ>)
イスパニア語学科 松丸 進 (教皇庁立ハベリアナ大学<コロンビア>)
ドイツ語学科 新田 純奈 (フライブルク大学 <ドイツ>)
英文学科 森田 杏花 (アデレード大学<オーストラリア>)
看護学科 早川 琳子 (ミズーリ大学コロンビア校<アメリカ>)
SAIMS(ASEAN諸国への交換留学制度)
教育学科 佐久間萌子(デ・ラ・サール大学(フィリピン))
教育学科 柴山すず (デ・ラ・サール大学(フィリピン))
LAP (中南米諸国への留学プログラム)
新聞学科  西崎奈央 (ペルースタディツアー) 
海外短期語学講座
社会学科 渡邉 日奈子 (カリフォルニア大学デービス校<アメリカ>)
史学科 佐藤 一麦 (フライブルク大学 <ドイツ>)
海外短期研修
総合グローバル学科 黒沢 直也 (ロンドン大学SOAS)
機能創造理工学科 赤井 秀行 (カリフォルニア大学デービス校<アメリカ>)
国際教養学科 井上 咲 (カンボジア・エクスポージャーツアー)
インターンシップ科目
機能創造理工学科 市川 駿(実習先:ボルボグループUDトラックス)
経営学科 光本 恵理(実習先:花王)
フランス文学科 芝 美咲(実習先:オンワード樫山)
新聞学科 中村 尭史(実習先:JICA 青年海外協力隊事務局)
国際教養学科 平田 透(実習先:ボルボグループ米国Volvo Penta)
その他海外プログラム(東ティモ-ル・スタディツアーなど)
東ティモール・スタディツアー

大学院生の留学プログラム

大学院生の留学プログラム

大学院生も通常の交換留学に出願できますが、それとは別に下記の大学院生向けの交換留学プログラムや有償留学プログラムがあります。

【イェール大学博士後期課程2~3年次交換留学】
博士後期課程対象のイェール大学交換留学プログラムです。
募集要項は、在学生専用ウェブサイト「Loyola」にて通知します。 Application procedure will be announced at Loyola.

募集人数および留学期間 Number of student and Study period:
1名 One student /1学期間もしくは1年間 one semester or one full academic year

出願資格
Eligibility and requirements
1) 最新のGPAが2.8以上であること。
To have latest GPA of 2.8 or above.
2) 出発時に本学博士後期課程2~3年次であること。
To be in the second or third year of Doctoral Program at the time of departure.
3) 研究分野が日本研究に係る分野(History, Art, Anthropology, Economics,  Sociology, Politics)であること。
Area of study must be related to Japanese studies (History, Art, Anthropology, Economics, Sociology, Politics).
4) 有効期限内のTOEFL iBTスコア、およびGREのスコアを有していること。
(点数について特に指定はないが、Yaleでの選考材料となる)。
To have valid TOEFL iBT score and GRE score. (There are no minimum score requirements, but those scores will be evaluated at Yale.)
5) 専攻主任及び指導教員の推薦と承諾を得ていること。
To have approval from the Chairperson and the academic advisor of the Graduate Program.
6) 心身ともに健康であること。
To be physically and mentally fit to study abroad.
7) 経済的保証および保証人の承諾があること。
To have financial backing and the guarantor’s approval.
留学形態 
Status at Yale

以下のどちらかを選択し、Graduate School of Arts and Sciencesにて受入。
1) 研究目的(Visiting Assistant in Research – VAR)
2) 大学院授業の履修(Special Student – SS)
VARを選択する場合、授業の履修は不可。
Research Advisorについては、応募する学生自身が探すことが必要。心当たりがない場合は、Yaleのサイトより直接教員にコンタクトできる。詳細は以下のサイト参照。
Select either VAR or SS (for more information, see below links), and student will be hosted at Graduate School of Arts and Sciences. If student chooses VAR, it is not allowed to take courses from graduate program. Student must find Research Advisor by oneself. The student should contact the faculty member at Yale directly by looking at Yale’s website.

http://gsas.yale.edu/admissions/application-process/non-degree-programs/visiting-assistant-research-var  (VRA)
http://gsas.yale.edu/admissions/application-process/non-degree-programs/special-student-ss  (SS)

【GSC-SMS枠交換留学】
グローバル・スタディーズ研究科が加盟するGSコンソーシアムのStudent Mobility Schemeを介した交換留学プログラムです。
募集要項は、在学生専用ウェブサイト「Loyola」にて通知します。 Application procedure will be announced at Loyola

募集大学
Host Institutions
① American University in Cairo, School of Global Affairs and Public Policy
② Lomonosov Moscow State University, Faculty of Global Studies
③ Shanghai University, College of International Exchange, Center for Global Studies
留学期間および募集人数
Study Abroad Period
1学期または1年間※出発・帰国月は加盟校により異なる。
募集人数は4学期分(1年間が2名、1学期が4名等、組み合わせ自由)
one semester or one academic year
*dates of start and end of exchange program vary from each institution
履修言語
Language
英語 English
出願資格 1) 留学時含め博士前期課程の正規生であること。
※グローバルスタディーズ研究科以外の学生も出願可能だが、各大学が提供する科目などをホームページ等で調べ、必要に応じてGSC-SMSコーディネーター(Wank教授)に事前に相談すること。
2) 留学時までに「上智大学大学院国外留学に関する細則」第4条の基準に該当すること。
3) 全科目のGPAが3.0以上あること。
4) 各校の語学要件を満たしていること。グローバルスタディーズ研究科以外の学生は有効期限内(受験日から2年以内)のTOEFL iBTのスコアの提出必須。
5) 専攻主任および指導教員の承諾があること。
6) 心身ともに健康であること。
7) 経済的保障及び保証人の承諾があること。
1) The applicant should register in Sophia’s master program while applying and during exchange.
*Students from other graduate programs from GSGS can also apply for this program. However, it is highly recommended that the student should check the courses provided by each institute previously. The student could also consult with Prof. Wank, coordinator of GSC-SMS.
2) To meet Art.4 for University Graduate Program Regulation for Study Abroad.
3) To have GPA of 3.0 or above
4) To have met sufficient language requirement of each institutions
*Non-GSGS students are required to submit a valid TOEFL iBT score.
5) Approval from the chairperson and the academic advisor of the Graduate Program
6) To be physically and mentally fit to study abroad
7) Financial support and approval from the guarantor
通常の交換留学との併願
Applying to the normal Exchange Program together
不可 Not allowed

【フライブルク大学(ドイツ)ドクターコース交換留学】
ドイツ文学、神学、哲学を専攻している博士後期課程の大学院生対象のプログラムです。

実施校 ALBERT-LUDWIG-UNIVERISTY, FREIBURG
(ドイツ/バーデン・ヴュルテンベルク州フライブルク)
期間 原則として2年間
募集人数 若干名
対象者 ドイツ文学、神学、哲学を専攻している博士後期課程の大学院生
出願要件 ①Freiburg大学による受入れ内諾を得ていること
②研究科の承諾があること(専攻主任および指導教員)
③心身ともに健康であること
④経済的裏付け及び保証人の承諾があること
申込手順 留学を希望する大学院生は、所属専攻(指導教員)に申し出る。
     ↓
所属専攻(指導教員)は、フライブルクへの受入打診を行う。
     ↓
受入れ内諾を得た後、学生は以下のグローバル教育センターへ必要書類提出。
申込書類 グローバル教育センターに問い合わせること
申込書類提出期限 グローバル教育センター要相談
春学期からの留学:10月下旬
秋学期からの留学:3月下旬
選考方法 書類選考・面接
※面接スケジュールについては、願書受付後に追って連絡します
費用 交換協定に基づきフライブルク大学での授業料は免除。
(本学学費は通常どおりかかります)
渡航費・宿舎費等生活費は本人負担。
学籍上の扱い 1年目:留学(交換)
2年目:休学もしくは留学(一般)
※修業年限に算入できるのは1年目のみ。修了には上智で2年間の在学が必要
フライブルク大学
ウェブサイト
http://www.uni-freiburg.de/
問い合わせ先 グローバル教育センター (2号館1階)

【アンジェ大学(フランス)大学院生交換留学】
フランス研究に係る分野の大学院生を対象とした交換留学プログラムです。

募集時期:グローバル教育センター(2号館1階)要相談
       目安として、秋学期からの留学で12月頃

留学期間:1学期または1年間(2学期間)

-----------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------------

【UC Berkeley有償プログラム】
UC Berkeleyの大学院Visiting Student ResearcherまたはConcurrent Enrollmentの身分で有償(学費自己負担)で留学するプログラムです。

出願対象者:プログラム参加時に本学の正規大学院生であること

UC Berkeleyでの在籍身分:
1) Visiting Student Researcher
詳細: http://globalengagement.berkeley.edu/visiting-researchers
指導教員の元で研究を行う。自身で指導教員を探す必要がある。
TOEFL iBT90程度以上の英語運用能力が必要。
費用は受入プログラムによって異なる。詳細は上記ウェブサイト参照。

2) Concurrent Enrollment
詳細: http://extension.berkeley.edu/static/studentservices/concurrent/
通常の大学院科目を履修し単位取得できる。UC Berkeleyへの出願前に、履修を希望するDepartmentからletter of invitationを発行してもらう必要がある。
F-1ビザ要件で12単位以上の履修が必須。語学要件はTOEFL iBT90またはIELTS7.0以上。
授業料等の費用については上記ウェブサイト参照。

本学での在籍身分:「一般留学」もしくは「休学」を学生本人が選択する。

プログラム出願スケジュール:
※学生自身が各Departmentまたは指導教員に直接コンタクトを取って受け入れ許可を得た上で、オンライン出願手続きを行う。

  秋出発(8月) 春出発(1月)
UC Berkeley出願手続き 5月頃まで 10月頃まで
UC Berkeley受入許可・渡航手続き 5~7月 10~12月
留学開始 8月 1月
留学終了 12月または5月 5月または12月

戻る

ページトップへ