文字サイズ

上智について

  1. HOME
  2. 上智について
  3. 上智の精神
  4. 建学の理念/教育理念/上智の精神
  5. 上智の精神(沿革)
  6. イエズス会と上智大学の設立
上智の精神
理事長・学長からのメッセージ
理事長メッセージ
学長メッセージ
建学の理念/教育理念/上智の精神
上智大学の建学の理念
上智大学の教育理念
上智の精神(沿革)
歴代学長と上智大学100年の歩み
聖フランシスコ・ザビエルの来日から1967年まで
1968年から1992年まで
1993年から現在まで
校章と校名の由来/校歌・学生歌
校章と校名の由来
上智大学校歌
上智大学学生歌
Webで知る“SOPHIA”
上智の概要
ファクトブック(Sophia Factbook)
2017年度 上智学院統計資料
上智学院組織図
学校法人上智学院寄附行為
上智学院「役員(理事・監事)」「評議員」
事業計画書・事業報告書・財務状況(決算資料)
設置認可申請書・届出書および履行状況報告書
上智学院一般事業主行動計画
上智の取組み
長期計画「グランド・レイアウト」
グランド・レイアウト2.0(2014年~2023年度)
長期計画企画拡大会議
グランド・レイアウト(2001年~2013年)
新ホフマン計画
ファカルティ・ディベロップメント
文部科学省支援プログラム
過去の採択状況
研究費の適切な使用・管理のための取組み
男女共同参画への取り組み
学外機関との連携
地域連携の取り組み
地域懇談会
上智大学ソフィア会(同窓会)
ハラスメントのないキャンパスを目指して
ハラスメントの定義
様々なハラスメントを起こさないために
被害にあったら
相談から問題解決のプロセス
相談をもちかけられたら
現場を目撃したら
ハラスメントの相談申込と質問の受付
ハラスメント相談員
ガイドライン
関連規程等
持続的良き地球環境の享受のための上智大学における具体的行動指針
教職協働・職員協働イノベーション研究
ソフィア・オリンピック・パラリンピック・プロジェクト
上智大学ビジュアル・アイデンティティ
内部質保証と自己点検・評価
自己点検・評価報告書
大学評価(認証評価)について
法科大学院認証評価結果について
国連-責任投資原則(PRI)取組方針
教育情報
教育研究上の目的
教育研究上の基本組織
教員に関する情報
入学者受入れ方針と学生数等に関する情報
教育課程に関する情報
学習環境に関する情報
学費、奨学金、学生寮に関する情報
学生支援に関する情報
上智とカトリック
カトリックセンターとは
カトリックセンターの主な活動紹介
ミサ・祈りの時間
学内聖堂案内
講座・研究会
神父・ブラザー・シスター・奉献生活者
カトリックアイデンティティー
「神の働きを見出す」
「神の働きに協力する」
「賜物を分け合いながら協力する」
「困難な現実のなかで決然として」
「愛を行いで示す」
カトリックに関する Q&Aコーナー
Q&A 1 ~ 20
Q&A 21 ~ 40
Q&A 41 ~ 60
Q&A 61 ~ 73
関連サイト
名誉教授
名誉教授一覧
広報誌・刊行物
大学案内・大学院案内
上智大学通信
上智大学通信 第420号 2017年10月16日発行
上智大学通信 第419号 2017年7月31日発行
上智大学通信 第418号 2017年6月30日発行
上智大学通信 第417号 2017年5月29日発行
上智大学通信 第416号 2017年4月28日発行
上智大学通信 第415号 2017年3月27日発行
上智大学通信 第414号 2017年1月30日発行
上智大学通信 第413号 2016年12月19日発行
上智大学通信 第412号 2016年11月21日発行
SUP上智大学出版
出版物一覧
SUPの設立趣旨
書評等に掲載された本
販売・注文について
出版企画募集のお知らせ
英文広報誌 "SOPHIA magazine"
Monumenta Nipponica(モニュメンタ・ニポニカ)
上智大学後援会 
後援会会長メッセージ
理事長 学長 ご挨拶
後援会の支援事業について
後援会News
2017年度「秋の懇親会」開催のご案内
2017年度上智大学後援会役員のご紹介
関西地区懇親会の開催日について(お知らせ)
2017年度上智大学後援会総会
2017年度新入会員歓迎会
ソフィアタワー(6号館)に背景幕寄贈
2016年度関西地区懇親会
2016年度秋の懇親会
2016年度上智大学後援会役員のご紹介
Sophiaグッズの通販が始まりました
2016年度上智大学後援会総会
2016年度新入会員歓迎会
後援会の会員特典が増えました
2015年度関西地区懇親会
2015年度秋の懇親会
2015年度上智大学後援会役員のご紹介
2015年度上智大学後援会総会
2015年度上智大学後援会新入会員歓迎会
上智大学後援会支援による学生食堂メニューへの補助が行われました
上智大学名誉博士号授与式
2014年度秋の懇親会
2014年度上智大学後援会役員のご紹介
後援会から上智大学へ寄付(2014年7月)
2014年度後援会総会を開催
2013年度後援会総会を開催
2013年度上智大学後援会役員のご紹介
2013年度春期ソフィア・コミュニティ・カレッジ体験講座
後援会から上智大学へ寄付(2012年7月)
2012年度秋期ソフィア・コミュニティ・カレッジ体験講座
2012年度上智大学後援会役員のご紹介
2012年度後援会総会を開催
後援会の会員特典が増えました
2012年度新入会員歓迎会
2012年春期ソフィア・コミュニティ・カレッジ体験講座
2011年度課外活動団体活動助成金贈呈式
後援会から上智大学へ寄付 (2011年7月)
春のミニオープンキャンパス2017 in 大阪
会費・入会手続きについて
会員特典について
キャンパスのようす・取材について
キャンパスフォトグラフ
式典
イベント
キャンパス風景
Sophia on Video(上智大学紹介映像)
上智大学公式ソーシャルメディアアカウント
上智大学への取材について

イエズス会と上智大学の設立

イエズス会と上智大学の設立

ザビエル書簡 ザビエル自筆の書簡

 上智大学は学校法人上智学院のもとにあり、ローマ・カトリック教会に所属する男子修道会の一つ、イエズス会が設立母体です。上智大学に隣接して建てられている聖イグナチオ教会も宗教法人ですがやはりイエズス会の経営によるものです。この聖イグナチオ教会はイエズス会の創設者で初代総会長を務めたイグナチオ・デ・ロヨラ(1491-1556.7.31)にちなんで名づけられたものです。また上智大学は12月3日をザビエルの祝日として休業し、各種の催しを行って祝います。聖フランシスコ・ザビエル(1506.4.9-1552-12.3)はイグナチオと共にイエズス会の設立に携わりましたが、1549年、日本に初めてキリスト教を伝えたことは、皆様もご存じの通りです。イエズス会員は氏名の後にS.J.と記し、また構内のメインストリートに面して「S.J.ハウス」と刻まれている建物があります。これは「イエズス会(Societas Jesu = S.J.)」の頭文字です。

イエズス会マーク イエズス会マーク

 上智大学は1913年に設立されましたが大学の創立者の一人でイエズス会員のドイツ人ヨゼフ・ダールマン師が1903年にドイツからインドを経て日本に上陸したことが設立のきっかけになったといわれています。このときダールマン師は、日本のカトリック信者からカトリック教会の文化的な基盤となるカトリック大学を設立して欲しいと強く要望されました。イエズス会はキリシタン時代に日本でコレジオやセミナリオを開設して、東西文化の交流に努めましたが、信者たちはそのイエズス会の会員を再び日本に派遣するようダールマン師にお願いしたのです。この要望をダールマン師は早速、ローマの聖座に報告しました。
 
 そして2年後の1905年にダールマン師が当時の教皇ピオ10世に拝謁したとき、教皇はイエズス会員を日本に派遣してカトリック大学を設立することを約束されたということです。この拝謁の模様を、後にダールマン師は、次のように回想録に記しています。

教皇ピオ10世 教皇ピオ10世

 「Habebitis collegium in Japonia, magnam universitatem」(あなたがたは日本で、大きな大学をもつことでしょう)。ここで興味深いのは教皇はダールマン師に「collegium」(単科大学)ではなく「universitas」(総合大学)を、との意向を示されたことです。つまり教皇はアメリカで当時イエズス会が経営していたhigh school や collegeのようなものではなく、複数の学部を有する高等教育機関、総合大学を考えておられたのです。

 教皇は同年、アメリカのポートランドにおられたオコンネル司教(後に枢機卿)をバチカン特別大使に任じ、日本に赴いて実状を調査するよう命じました。司教は明治天皇に拝謁する一方、文部省の意向を確かめて、カトリック大学が設立できる可能性のあることをローマの聖座に報告しました。そこで教皇は1906年9月に行われたイエズス会の第25回総会の開催に当たって、イエズス会が日本でカトリック大学を設立するようにと正式に要請したのです。この総会で、会員は教皇の要請を受けることを満場一致で決め、具体的な設立準備を開始しました。

次へ  3人の神父横浜へ上陸

戻る

ページトップへ