文字サイズ

上智について

  1. HOME
  2. 上智について
  3. 上智の精神
  4. 理事長・学長からのメッセージ
  5. 学長メッセージ
上智の精神
理事長・学長からのメッセージ
理事長メッセージ
学長メッセージ
建学の理念/教育理念/上智の精神
上智大学の建学の理念
上智大学の教育理念
上智の精神(沿革)
歴代学長と上智大学100年の歩み
聖フランシスコ・ザビエルの来日から1967年まで
1968年から1992年まで
1993年から現在まで
校章と校名の由来/校歌・学生歌
校章と校名の由来
上智大学校歌
上智大学学生歌
Webで知る“SOPHIA”
上智の概要
ファクトブック(Sophia Factbook)
2017年度 上智学院統計資料
上智学院組織図
学校法人上智学院寄附行為
上智学院「役員(理事・監事)」「評議員」
事業計画書・事業報告書・財務状況(決算資料)
設置認可申請書・届出書および履行状況報告書
上智学院一般事業主行動計画
上智の取組み
長期計画「グランド・レイアウト」
グランド・レイアウト2.0(2014年~2023年度)
長期計画企画拡大会議
グランド・レイアウト(2001年~2013年)
新ホフマン計画
ファカルティ・ディベロップメント
文部科学省支援プログラム
過去の採択状況
研究費の適切な使用・管理のための取組み
男女共同参画への取り組み
学外機関との連携
地域連携の取り組み
地域懇談会
上智大学ソフィア会(同窓会)
ハラスメントのないキャンパスを目指して
ハラスメントの定義
様々なハラスメントを起こさないために
被害にあったら
相談から問題解決のプロセス
相談をもちかけられたら
現場を目撃したら
ハラスメントの相談申込と質問の受付
ハラスメント相談員
ガイドライン
関連規程等
持続的良き地球環境の享受のための上智大学における具体的行動指針
教職協働・職員協働イノベーション研究
ソフィア・オリンピック・パラリンピック・プロジェクト
上智大学ビジュアル・アイデンティティ
内部質保証と自己点検・評価
自己点検・評価報告書
大学評価(認証評価)について
法科大学院認証評価結果について
国連-責任投資原則(PRI)取組方針
教育情報
教育研究上の目的
教育研究上の基本組織
教員に関する情報
入学者受入れ方針と学生数等に関する情報
教育課程に関する情報
学習環境に関する情報
学費、奨学金、学生寮に関する情報
学生支援に関する情報
上智とカトリック
カトリックセンターとは
カトリックセンターの主な活動紹介
ミサ・祈りの時間
学内聖堂案内
講座・研究会
神父・ブラザー・シスター・奉献生活者
カトリックアイデンティティー
「神の働きを見出す」
「神の働きに協力する」
「賜物を分け合いながら協力する」
「困難な現実のなかで決然として」
「愛を行いで示す」
カトリックに関する Q&Aコーナー
Q&A 1 ~ 20
Q&A 21 ~ 40
Q&A 41 ~ 60
Q&A 61 ~ 73
関連サイト
名誉教授
名誉教授一覧
広報誌・刊行物
大学案内・大学院案内
上智大学通信
上智大学通信 第421号 2017年11月20日発行
上智大学通信 第420号 2017年10月16日発行
上智大学通信 第419号 2017年7月31日発行
上智大学通信 第418号 2017年6月30日発行
上智大学通信 第417号 2017年5月29日発行
上智大学通信 第416号 2017年4月28日発行
上智大学通信 第415号 2017年3月27日発行
上智大学通信 第414号 2017年1月30日発行
上智大学通信 第413号 2016年12月19日発行
SUP上智大学出版
出版物一覧
SUPの設立趣旨
書評等に掲載された本
販売・注文について
出版企画募集のお知らせ
英文広報誌 "SOPHIA magazine"
Monumenta Nipponica(モニュメンタ・ニポニカ)
上智大学後援会 
後援会会長メッセージ
理事長 学長 ご挨拶
後援会の支援事業について
後援会News
2017年度「秋の懇親会」
2017年度上智大学後援会役員のご紹介
関西地区懇親会の開催日について(お知らせ)
2017年度上智大学後援会総会
2017年度新入会員歓迎会
ソフィアタワー(6号館)に背景幕寄贈
2016年度関西地区懇親会
2016年度秋の懇親会
2016年度上智大学後援会役員のご紹介
Sophiaグッズの通販が始まりました
2016年度上智大学後援会総会
2016年度新入会員歓迎会
後援会の会員特典が増えました
2015年度関西地区懇親会
2015年度秋の懇親会
2015年度上智大学後援会役員のご紹介
2015年度上智大学後援会総会
2015年度上智大学後援会新入会員歓迎会
上智大学後援会支援による学生食堂メニューへの補助が行われました
上智大学名誉博士号授与式
2014年度秋の懇親会
2014年度上智大学後援会役員のご紹介
後援会から上智大学へ寄付(2014年7月)
2014年度後援会総会を開催
2013年度後援会総会を開催
2013年度上智大学後援会役員のご紹介
2013年度春期ソフィア・コミュニティ・カレッジ体験講座
後援会から上智大学へ寄付(2012年7月)
2012年度秋期ソフィア・コミュニティ・カレッジ体験講座
2012年度上智大学後援会役員のご紹介
2012年度後援会総会を開催
後援会の会員特典が増えました
2012年度新入会員歓迎会
2012年春期ソフィア・コミュニティ・カレッジ体験講座
2011年度課外活動団体活動助成金贈呈式
後援会から上智大学へ寄付 (2011年7月)
春のミニオープンキャンパス2017 in 大阪
会費・入会手続きについて
会員特典について
キャンパスのようす・取材について
キャンパスフォトグラフ
式典
イベント
キャンパス風景
Sophia on Video(上智大学紹介映像)
上智大学公式ソーシャルメディアアカウント
上智大学への取材について

学長メッセージ

上智大学長 曄道 佳明

上智大学長 曄道 佳明 上智大学長 曄道 佳明

混沌とした世界はこれからどうなるのか。そして、その世界で自分はどう生きるか。誰も解答を知らない問題に立ち向かうには「思考の方法論」が必要です。それを鍛える場として、上智は専門教育を重視します。学部における専門教育で重要なことは、知識を身につけ蓄えるだけでなく、それぞれの分野で培われてきた「思考の方法論」を理解し、使いこなせるようにトレーニングすることです。鍛えられた思考力は分野を超える普遍性があり、それはその人間の視野を広げるはずです。

視野を広げると、当然、興味、関心の焦点も変化していくでしょう。その変化に応えるプログラムも上智は用意しています。教養教育というと、専攻以外の学問分野の概論を1、2年次に学ぶもの、というイメージを抱く人もいるかもしれませんが、上智の教養教育のプログラムはそれとは異なります。初年度から4年間にわたって受講できるよう、入門レベルからかなり高度な内容まで含み、教室での授業やディスカッションだけでなく、中には文字通り世界のさまざまな課題の現場に出かけていくプログラムもあります。人文系、社会科学系、理工系の分野を異にする学生たち、あるいは世界各地からの留学生たちが、同じテーマについてともに考える。それを日常的に可能にしているのは、9 学部すべてがひとつのキャンパスにあるからです。

専門分野で核となる思考力を鍛える、関連するさまざまな分野の知を駆使する方法を学ぶ、世界とコミュニケーションするための語学力を身につける。もちろん、それは簡単なことではありません。いくらそのような環境が用意されているとはいえ、結局はひとりひとりの志です。ただし、初志貫徹すべきだということではありません。志は思考のレベルが上がれば自然と変わっていくものだからです。志は最大のエネルギーでもあります。

上智大学は、ひとりひとりの学生の大きな志に応えられる大学であり続るために努力し続けています。

上智大学 学長
理工学部 教授
曄道 佳明

1962年生まれ。1985年慶應義塾大学理工学部機械工学科卒、同大学大学院理工学研究科機械工学専攻博士課程満期退学。2004年上智大学理工学部教授、2005年学生センター長、2010年入学センター長、2011年学務担当副学長、2014 年グローバル化推進担当理事補佐、2015年国際協力人材育成センター
長等を経て、2017年上智大学学長に就任。

戻る

ページトップへ