文字サイズ

上智について

  1. HOME
  2. 上智について
  3. 上智の概要
  4. 学校法人上智学院寄附行為
上智の精神
理事長・学長からのメッセージ
理事長メッセージ
学長メッセージ
建学の理念/教育理念/上智の精神
上智大学の建学の理念
上智大学の教育理念
上智の精神(沿革)
歴代学長と上智大学100年の歩み
聖フランシスコ・ザビエルの来日から1967年まで
1968年から1992年まで
1993年から現在まで
校章と校名の由来/校歌・学生歌
校章と校名の由来
上智大学校歌
上智大学学生歌
Webで知る“SOPHIA”
上智の概要
ファクトブック(Sophia Factbook)
2017年度 上智学院統計資料
上智学院組織図
学校法人上智学院寄附行為
上智学院「役員(理事・監事)」「評議員」
事業計画書・事業報告書・財務状況(決算資料)
設置認可申請書・届出書および履行状況報告書
上智学院一般事業主行動計画
上智の取組み
長期計画「グランド・レイアウト」
グランド・レイアウト2.0(2014年~2023年度)
長期計画企画拡大会議
グランド・レイアウト(2001年~2013年)
新ホフマン計画
ファカルティ・ディベロップメント
文部科学省支援プログラム
過去の採択状況
研究費の適切な使用・管理のための取組み
男女共同参画への取り組み
学外機関との連携
地域連携の取り組み
地域懇談会
上智大学ソフィア会(同窓会)
ハラスメントのないキャンパスを目指して
ハラスメントの定義
様々なハラスメントを起こさないために
被害にあったら
相談から問題解決のプロセス
相談をもちかけられたら
現場を目撃したら
ハラスメントの相談申込と質問の受付
ハラスメント相談員
ガイドライン
関連規程等
持続的良き地球環境の享受のための上智大学における具体的行動指針
教職協働・職員協働イノベーション研究
ソフィア・オリンピック・パラリンピック・プロジェクト
上智大学ビジュアル・アイデンティティ
内部質保証と自己点検・評価
自己点検・評価報告書
大学評価(認証評価)について
法科大学院認証評価結果について
国連-責任投資原則(PRI)取組方針
教育情報
教育研究上の目的
教育研究上の基本組織
教員に関する情報
入学者受入れ方針と学生数等に関する情報
教育課程に関する情報
学習環境に関する情報
学費、奨学金、学生寮に関する情報
学生支援に関する情報
上智とカトリック
カトリックセンターとは
カトリックセンターの主な活動紹介
ミサ・祈りの時間
学内聖堂案内
講座・研究会
神父・ブラザー・シスター・奉献生活者
カトリックアイデンティティー
「神の働きを見出す」
「神の働きに協力する」
「賜物を分け合いながら協力する」
「困難な現実のなかで決然として」
「愛を行いで示す」
カトリックに関する Q&Aコーナー
Q&A 1 ~ 20
Q&A 21 ~ 40
Q&A 41 ~ 60
Q&A 61 ~ 73
関連サイト
名誉教授
名誉教授一覧
広報誌・刊行物
大学案内・大学院案内
上智大学通信
上智大学通信 第421号 2017年11月20日発行
上智大学通信 第420号 2017年10月16日発行
上智大学通信 第419号 2017年7月31日発行
上智大学通信 第418号 2017年6月30日発行
上智大学通信 第417号 2017年5月29日発行
上智大学通信 第416号 2017年4月28日発行
上智大学通信 第415号 2017年3月27日発行
上智大学通信 第414号 2017年1月30日発行
上智大学通信 第413号 2016年12月19日発行
SUP上智大学出版
出版物一覧
SUPの設立趣旨
書評等に掲載された本
販売・注文について
出版企画募集のお知らせ
英文広報誌 "SOPHIA magazine"
Monumenta Nipponica(モニュメンタ・ニポニカ)
上智大学後援会 
後援会会長メッセージ
理事長 学長 ご挨拶
後援会の支援事業について
後援会News
2017年度「秋の懇親会」
2017年度上智大学後援会役員のご紹介
関西地区懇親会の開催日について(お知らせ)
2017年度上智大学後援会総会
2017年度新入会員歓迎会
ソフィアタワー(6号館)に背景幕寄贈
2016年度関西地区懇親会
2016年度秋の懇親会
2016年度上智大学後援会役員のご紹介
Sophiaグッズの通販が始まりました
2016年度上智大学後援会総会
2016年度新入会員歓迎会
後援会の会員特典が増えました
2015年度関西地区懇親会
2015年度秋の懇親会
2015年度上智大学後援会役員のご紹介
2015年度上智大学後援会総会
2015年度上智大学後援会新入会員歓迎会
上智大学後援会支援による学生食堂メニューへの補助が行われました
上智大学名誉博士号授与式
2014年度秋の懇親会
2014年度上智大学後援会役員のご紹介
後援会から上智大学へ寄付(2014年7月)
2014年度後援会総会を開催
2013年度後援会総会を開催
2013年度上智大学後援会役員のご紹介
2013年度春期ソフィア・コミュニティ・カレッジ体験講座
後援会から上智大学へ寄付(2012年7月)
2012年度秋期ソフィア・コミュニティ・カレッジ体験講座
2012年度上智大学後援会役員のご紹介
2012年度後援会総会を開催
後援会の会員特典が増えました
2012年度新入会員歓迎会
2012年春期ソフィア・コミュニティ・カレッジ体験講座
2011年度課外活動団体活動助成金贈呈式
後援会から上智大学へ寄付 (2011年7月)
春のミニオープンキャンパス2017 in 大阪
会費・入会手続きについて
会員特典について
キャンパスのようす・取材について
キャンパスフォトグラフ
式典
イベント
キャンパス風景
Sophia on Video(上智大学紹介映像)
上智大学公式ソーシャルメディアアカウント
上智大学への取材について

学校法人上智学院寄附行為

学校法人上智学院寄附行為

学校法人上智学院寄附行為
制定 昭和26年2月23日
改正 昭和40年11月18日  昭和48年1月27日
   昭和51年10月25日  昭和52年3月22日
   昭和55年4月1日  昭和57年2月19日
   昭和58年7月22日  昭和62年4月1日
   平成5年2月10日  平成8年12月19日
   平成11年3月31日  平成17年2月21日
   平成17年3月31日  平成17年4月1日
   平成18年4月1日  平成20年4月1日
   平成21年4月1日  平成22年4月1日
   平成23年4月1日  平成23年10月3日
    平成24年4月1日  平成24年6月6日 
   平成25年4月1日  平成26年4月1日
   平成26年6月30日  平成27年4月1日
  平成28年4月1日  平成29年4月1日
第1章 総則
(名称)
第1条 この法人は、私立学校法により設立し、学校法人上智学院と称する。
(事務所の所在地)
第2条 この法人は、事務所を東京都千代田区紀尾井町7番1号に置く。
第2章 目的
(目的)
第3条 この法人は、教育基本法及び学校教育法にしたがい、設立母体である日本カトリックイエズス会の掲げる理念を建学の土台として、「他者のために、他者とともに生きる人(Men and Women for Others, with Others)」を育成するという教育精神をもって学校教育にあたることを目的とする。
(設置する学校等)
第4条 この法人が前条に規定する目的を達成するために設置する学校は、次に掲げるものとする。
  上智大学 大学院   神学研究科、哲学研究科、文学研究科、実践宗教学研究科、                
             総合人間科学研究科、法学研究科、経済学研究科、
             言語科学研究科、グローバル・スタディーズ研究科、
             理工学研究科、地球環境学研究科
  神学部  神学科
       文学部   哲学科、史学科、国文学科、英文学科、ドイツ文学科、
             フランス文学科、新聞学科
       総合人間科学部 教育学科、心理学科、社会学科、社会福祉学科、
               看護学科 
       法学部   法律学科、国際関係法学科、地球環境法学科
       経済学部  経済学科、経営学科
       外国語学部 英語学科、ドイツ語学科、フランス語学科、
             イスパニア語学科、ロシア語学科、ポルトガル語学科
       総合グローバル学部 総合グローバル学科
       国際教養学部 国際教養学科
       理工学部  物質生命理工学科、機能創造理工学科、情報理工学科
  上智大学短期大学部  英語科
  栄光学園高等学校   全日制課程 普通科
  六甲学院高等学校   全日制課程 普通科
  広島学院高等学校   全日制課程 普通科
  上智福岡高等学校   全日制課程 普通科
  栄光学園中学校
  六甲学院中学校
  広島学院中学校
  上智福岡中学校
  上智社会福祉専門学校 保育専門課程、社会福祉専門課程
第3章 役員
(役員)
第5条 この法人の役員の定数は、次のとおりとする。
(1)理事 13人以上15人以内
(2)監事 2人以上4人以内
(理事の選任)
第6条 理事は、次の各号に掲げる者とする。
(1)日本カトリックイエズス会が推薦し理事会において承認した者 2人
(2)上智大学長
(3)上智大学短期大学部学長
(4)この法人の設置する中学校及び高等学校の校長のうちから理事会において選任した者 2人
(5)評議員のうちから理事会において選任した者 1人以上4人以内
(6)この法人の設置する学校を卒業した者で、年齢25年以上のもののうちから理事会において選任した者 1人
(7)前各号に規定する者のほか、この法人に関係ある学識経験者のうちから理事会において選任した者 1人以上4人以内
(8)この法人の職員として、理事を補佐する職務又は事務局を統括する職務の経験を有する者のうちから理事会において選任した者 1人
2 前項第2号、第3号、第4号及び第5号に規定する理事は、当該学長、校長又は評議員の職を退いたときは、理事の職を失うものとする。
3 第1項第5号又は第7号に規定する理事には、その選任の際現にこの法人の役員、この法人の設置する学校の長又は教職員でない者(以下この条において「外部理事」という。)を複数含むものとする。
4 外部理事が再任される場合の前項の規定の適用については、外部理事としてみなす。
(理事長)
第7条 理事のうち1人を理事長とし、理事総数の過半数の議決により選任する。理事長の職を解任するときも、同様とする。
(監事の選任)
第8条 監事は、この法人の理事、この法人の設置する学校の長、教職員又は評議員以外の者であって、理事会において選出した候補者のうちから、評議員会の同意を得て、理事長が選任する。
(任期)
第9条 役員(第6条第1項第2号、第3号及び第4号の規定により、理事となる者を除く<以下この条において同じ>。)の任期は、4年とする。ただし、欠員が生じた場合に補欠により選任された役員の任期は、前任者の残任期間とする。
2 役員は、再任されることができる。
3 役員は、その任期満了の後でも後任者が選任されるまでは、なおその職務を行う。
(役員の解任及び退任)
第10条 役員が次の各号の一に該当するに至ったときは、理事総数の3分の2以上出席した理事会において、理事総数の3分の2以上の議決及び評議員会の議決により、これを解任することができる。
(1)法令の規定又はこの寄附行為に著しく違反したとき。
(2)心身の故障のため職務の執行に堪えないとき。
(3)職務上の義務に著しく違反したとき。
(4)役員たるにふさわしくない重大な非行があったとき。
2 役員は次の事由によって退任する。
(1)任期の満了。
(2)辞任。
(3)学校教育法第9条各号に掲げる事由に該当するに至ったとき。
(理事長の職務)
第11条 理事長は、この法人の業務を総理し、この法人を代表する。
(理事の代表権の制限)
第12条 理事長以外の理事は、この法人の業務について、この法人を代表しない。
(理事長の職務の代理及び代行)
第13条 理事長に事故があるとき、又は理事長が欠けたときは、理事長があらかじめ指名した他の理事が、順次に理事長の職務を代理し、又は理事長の職務を行う。
(忠実義務)
第14条 理事は、法令及びこの寄附行為を遵守し、この法人のために忠実にその職務を行わなければならない。
(監事の職務)
第15条 監事は、次の各号に掲げる職務を行う。
(1)この法人の業務を監査すること。
(2)この法人の財産の状況を監査すること。
(3)この法人の業務又は財産の状況について、毎会計年度、監査報告書を作成し、当該会計年度終了後2か月以内に理事会及び評議員会に提出すること。
(4)第1号又は第2号の規定による監査の結果、この法人の業務又は財産に関し不正の行為又は法令若しくは寄附行為に違反する重大な事実があることを発見したときは、これを文部科学大臣に報告し、又は理事会及び評議員会に報告すること。
(5)前号の報告をするために必要があるときは、理事長に対して評議員会の招集を請求すること。
(6)この法人の業務又は財産の状況について、理事会に出席して意見を述べること。
(理事会)
第16条 この法人に理事をもって組織する理事会を置く。
2 理事会は、学校法人の業務を決し、理事の職務の執行を監督する。
3 理事会は、理事長が召集する。
4 理事長は、理事総数の過半数から会議に付議すべき事項を示して理事会の招集を請求された場合には、その請求のあった日から7日以内にこれを招集しなければならない。
5 理事会は、理事総数の過半数の出席がなければ、その議事を開き、議決することができない。ただし、当該議事につき書面をもってあらかじめ意思を表示した者は、出席者とみなす。
6 理事会の議長は、理事長とする。
7 この法人が設置する学校の円滑な運営を図るため、理事会のもとに、次に掲げる常務会を置き、それぞれ常務会は当該各号に掲げる学校に関し、理事会で決定された業務を執行するとともに、学校の運営に関する重要事項を理事会に提案する。
(1)高等教育常務会  上智大学、上智大学短期大学部及び上智社会福祉専門学校
(2)中等教育常務会  栄光学園高等学校、栄光学園中学校、六甲学院高等学校、六甲学院中学校、広島学院高等学校、広島学院中学校、上智福岡高等学校及び上智福岡中学校
8 前項に規定する常務会の構成及び運営に関する事項は別に定める。
(理事会決議方法)
第17条 理事会の議事は、法令及びこの寄附行為に別段の定めがある場合を除くほか、出席した理事の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決定するところによる。
(業務決定の特例)
第18条 次に掲げる事項については、理事総数の3分の2以上の議決がなければならない。
(1)予算、借入金(当該会計年度内の収入をもって償還する一時の借入金を除く。)、基本財産の処分、運用財産中の不動産及び積立金の処分並びに不動産の買受に関する事項
(2)事業計画
(3)予算外の新たな義務の負担又は権利の放棄に関する事項
(4)この法人の目的たる事業の成功の不能となった場合による解散
(5)残余財産処分に関する事項
第4章 評議員会
(評議員)
第19条 この法人の評議員の定数は、27人以上31人以内とする。
(評議員会)
第20条 この法人に評議員をもって組織する評議員会を置く。
2 評議員会は、理事長が招集する。
3 評議員会は、評議員総数の過半数の出席がなければ、その議事を開き、議決することができない。ただし、当該議事につき書面をもってあらかじめ意思を表示した者は、出席者とみなす。
4 評議員会の議事は、出席した評議員の過半数で決し、可否同数のときは、議長の決するところによる。
(評議員の選任)
第21条 評議員は、次の各号に掲げる者とする。
(1)日本カトリックイエズス会日本管区長
(2)前号に掲げる者のほか、日本カトリックイエズス会が推薦し理事会において承認した者 2人
(3)上智大学長
(4)上智大学短期大学部学長
(5)上智社会福祉専門学校長
(6)この法人の設置する中学校及び高等学校の校長 4人
(7)この法人の設置する学校の教職員のうちから理事会において選任した者 6人以上7人以内
(8)この法人の設置する学校を卒業した者で、年齢25年以上のもののうちから理事会において選任した者 2人以上3人以内
(9)学校の経営に関して優れた識見を有する者のうちから理事会において選任した者 2人以上4人以内 
(10)前各号に規定する者のほか、この法人に関係ある学識経験者のうちから理事会において選任した者 7人
2 前項第1号、第3号、第4号、第5号、第6号及び第7号に規定する評議員は、当該管区長、学長若しくは校長の職又は教職員の地位を退いたときは、評議員の職を失うものとする。
3 第1項第9号又は第10号に規定する評議員は、その選任の際現にこの法人の役員、この法人の設置する学校の長又は教職員でない者(以下この条において「外部評議員」という。)を複数含むものとする。
4 外部評議員が再任される場合の前項の規定の適用については、外部評議員としてみなす。
(任期)
第22条 評議員(前条第1項第1号、第3号、第4号、第5号及び第6号に規定する者を除く<以下この条において同じ>。)の任期は、2年とする。ただし、欠員が生じた場合に補欠により選任された評議員の任期は、前任者の残任期間とする。
2 評議員は、再任されることができる。
(議長)
第23条 評議員会の議長は、評議員会の互選で定める。
2 議長は、評議員として議事に加わることができない。
(会議)
第24条 評議員会の会議は、定例会及び臨時会とする。
2 定例会は、毎年2月及び5月に招集する。
3 臨時会は、臨時に審議の必要があるとき、または評議員総数の3分の1以上の評議員から会議に付議するべき事項を示して評議員会の招集を請求された場合には、その請求のあった日から20日以内に、これを招集しなければならない。
(諮問事項)
第25条 次の各号に掲げる事項については、理事長において、あらかじめ評議員会の意見を聞かなければならない。
(1)予算、借入金(当該会計年度内の収入をもって償還する一時の借入金を除く。)、及び重要な資産の処分に関する事項
(2)事業計画
(3)寄附行為の変更
(4)合併
(5)理事総数の3分の2以上の同意による解散及び目的たる事業の成功の不能による解散
(6)収益事業に関する重要事項
(7)寄附金の募集に関する事項
(8)その他、学校法人の業務に関する重要事項で、理事長において必要と認めた事項
(評議員の解任及び退任)
第26条 評議員が次の各号の一に該当するように至ったときは、理事会の議決により、これを解任することができる。
(1)心身の故障のため職務の執行に堪えないとき。
(2)評議員たるにふさわしくない重大な非行があったとき。
2 評議員は次の事由によって退任する。
(1)任期の満了。
(2)辞任。
第5章 資産及び会計
(資産)
第27条 この法人の資産は、次のとおりとする。
(1)財産目録記載の財産
(2)財産から生ずる果実
(3)授業料、入学金及び試験料
(4)寄附金品
(5)その他の収入
(財産の区分)
第28条 この法人の資産は、これを分って基本財産、運用財産及び収益事業用財産の3種とする。
2 基本財産は、この法人の設置する学校に必要な施設及び設備又はこれらに要する資金とし、財産目録中基本財産の部に記載する財産及び将来基本財産に編入された財産とする。
3 運用財産は、この法人の設置する学校の経営に必要な財産とし、財産目録中運用財産の部に記載する財産及び将来運用財産に編入された財産とする。
4 収益事業用財産は、この法人の収益を目的とする事業に必要な財産とし、財産目録中収益事業用財産の部に記載する財産及び将来収益事業用財産に編入された財産とする。
5 寄附金品については、寄附者の指定がある場合には、その指定にしたがって基本財産、運用財産又は収益事業用財産に編入する。
(財産処分の制限)
第29条 基本財産並びに運用財産中の不動産及び積立金は、これを処分してはならない。ただし、この法人の事業遂行上やむを得ない事由があるときは、その一部に限り、これを処分することができる。
(運用財産たる積立金の運用)
第30条 運用財産のうち、積立金は、確実な有価証券を購入するか、確かな信託銀行に信託するか、又は郵便貯金若しくは、定期預金とするかして、理事長が保管する。
(経費の支弁)
第31条 この法人の事業を遂行する経費は、運用財産中不動産及び積立金から生ずる果実、授業料、入学金、試験料、その他の運用財産(不動産及び積立金を除く。)をもって支弁する。
(予算及び事業計画)
第32条 この法人の予算及び事業計画は、毎会計年度開始前に理事会において作成し、評議員会に諮問しなければならない。
(決算)
第33条 この法人の決算は、毎会計年度終了後2か月以内に作成し、これにつき監事の意見を求めるものとする。
2 決算において剰余金があるときは、その一部又は全部を運用財産中積立金に編入し、又は次会計年度に繰り越すものとする。
3 理事長は、毎会計年度終了後2か月以内に、決算及び事業の実績を評議員会に報告し、その意見を求めなければならない。
(財産目録の備付け及び閲覧)
第34条 財産目録、貸借対照表、収支決算書及び事業報告書は、毎会計年度終了後2か月以内に作成し、これらについて監事の意見を求めるものとする。
2 この法人は、前項の書類及び第15条第3号の監査報告書を所定の事務所に備えて置き、この法人の設置する私立学校に在学する者その他の利害関係人から請求があった場合には、正当な理由がある場合を除いて、これを閲覧に供しなければならない。
第6章 収益事業
(収益事業)
第35条 この法人は、第3条の目的達成の一助として、その収益を学校の経営に充てるため、収益事業を行う。
2 前項の規定により行う事業は、次のとおりとする。
       不動産賃貸業
(収益事業会計)
第36条 前条の事業に関する会計は、学校会計と区分する。
2 収益事業会計の決算上生じた利益金は、その一部又は全部を学校会計に繰り入れなければならない。
第7章 解散及び合併
(解散)
第37条 この法人は、次の各号に掲げる事由によって解散する。
(1)理事会における理事総数の3分の2以上の議決
(2)この法人の目的たる事業の成功の不能となった場合で理事総数の3分の2以上の議決
(3)合併
(4)破産
(5)文部科学大臣の解散命令
2 前項第1号に掲げる事由による解散にあっては文部科学大臣の認可を、同項第2号に掲げる事由による解散にあっては文部科学大臣の認定を受けなければならない。
(残余財産の帰属者)
第38条 この法人が解散(合併及び破産による解散を除く。)した場合における残余財産の帰属すべき者は、解散のときにおいて、イエズス会関係の教育事業を行う公益法人の中から理事会において選定する。
(合併)
第39条 この法人が合併しようとするときは、理事会において理事総数の3分の2以上の議決を得て文部科学大臣の認可を受けなければならない。
第8章 寄附行為の変更
(寄附行為の変更)
第40条 この法人の寄附行為を変更するには、理事会において理事総数の3分の2以上の議決を得、評議員会に諮問し、かつ、文部科学大臣の認可を得なければならない。
2 私立学校法施行規則に定める届出事項については、前項の規定にかかわらず、理事会において理事総数の3分の2以上の議決を得、評議員会に諮問し、かつ、文部科学大臣に届け出なければならない。
第9章 公告の方法その他
(公告の方法)
第41条 この法人の公告は、上智大学掲示場に掲示して行う。
(施行細則)
第42条 この寄附行為施行についての細則は、理事会において定める。
 
附 則
1 この寄附行為改正は、昭和40年11月18日から適用する。
2 この寄附行為改正は、昭和48年1月27日から適用する。
3 この寄附行為改正は、昭和51年10月25日から適用する。
4 この寄附行為改正は、昭和52年3月22日から適用する。
5 この寄附行為改正は、昭和55年4月1日から適用する。
6 この寄附行為改正は、文部大臣の認可の日(昭和57年2月19日)から施行し、昭和57年4月1日から適用する。
7 この寄附行為改正は、文部大臣の認可の日(昭和58年7月22日)から施行する。
8 この寄附行為は、昭和61年12月23日、文部大臣の認可を受け、昭和62年4月1日から改正、施行する。
9 この寄附行為は、文部大臣の認可の日(平成5年2月10日)から改正、施行する。
10 この寄附行為は、文部大臣の認可の日(平成8年12月19日)から施行する。
11 この寄附行為は、文部大臣の認可の日(平成11年3月31日)から施行する。
12 この寄附行為は、文部科学大臣の認可の日(平成17年2月21日)から施行する。
13 平成17年3月31日文部科学大臣認可のこの寄附行為は、平成17年4月1日から施行する。
14 この寄附行為は、平成17年4月1日から施行する。(総合人間科学研究科、地球環境学研究科、総合人間科学部の設置) 
15 この寄附行為は、平成18年4月1日から施行する。(グローバル・スタディーズ研究科、国際教養学部の設置)
16 この寄附行為は、平成20年4月1日から施行する。(理工学部物質生命理工学科、機能創造理工学科、情報理工学科の設置)
17 この寄附行為は、平成21年4月1日から施行する。(文学部社会学科の廃止)
18 平成22年3月12日文部科学大臣認可のこの寄附行為は、平成22年4月1日から施行する。(監事定数の変更)
19 この寄附行為は、平成22年4月1日から施行する。(文学部教育学科、文学部心理学科、比較文化学部日本語・日本文化学科の廃止)
20 平成22年10月29日文部科学大臣認可のこの寄附行為は、平成23年4月1日から施行する。(総合人間科学部看護学科の設置。聖母大学大学院、聖母大学看護学部、及び聖母看護学校の継承)
21 この寄附行為は、平成23年4月1日から施行する。(文学部社会福祉学科の廃止)
22 この寄附行為は、文部科学大臣の認可の日(平成23年10月3日)から改正、施行する。 
23 この寄附行為は、平成24年4月1日から施行する。(上智短期大学の名称変更)
(上智短期大学の存続に関する経過措置)
上智短期大学は、改正後の寄附行為第4条第1項の規定にかかわらず平成24年3月31日に当該短期大学に在学する者が、当該短期大学に在学しなくなるまでの間、存続するものとする。
24 この寄附行為は、平成24年4月1日から施行する。(比較文化学部の廃止) 
25 この寄附行為は、文部科学大臣の認可の日(平成24年6月6日)から施行する。 
26 この寄附行為は、平成25年4月1日から施行する。(理工学部物理学科、理工学部化学科の廃止)
27 この寄附行為は、平成26年4月1日から施行する。(理工学部機械工学科の廃止、総合グローバル学部総合グローバル学科の設置)
28 この寄附行為は、文部科学大臣の認可の日(平成26年6月30日)から施行する。(聖母大学の廃止)
29 この寄附行為は、平成27年4月1日から施行する。(理工学部数学科の廃止)
30 平成27年10月15日文部科学大臣認可のこの寄附行為は、平成28年4月1日から施行する。
31 平成27年12月22日文部科学大臣認可のこの寄附行為は、平成28年4月1日から施行する。
32 この寄附行為は、平成28年4月1日から施行する。(実践宗教学研究科の設置、外国語学研究科の名称変更)
33 この寄附行為は、平成28年4月1日から施行する。(理工学部電気・電子工学科の廃止)
34 平成29年2月14日文部科学大臣認可のこの寄附行為は、平成29年4月1日から施行する。(聖母看護学校2年課程(通信制)の廃止) 
 

戻る

ページトップへ