文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 論文審査基準
  4. グローバル・スタディーズ研究科
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

グローバル・スタディーズ研究科

グローバル・スタディーズ研究科

グローバル・スタディーズ研究科国際関係論専攻

【修士論文審査基準】

1) 問題意識が明確で,テーマ設定が適切であり,国際関係論およびその関連領域の知識の向上に寄与していること。
2) 先行研究が十分に検討・吟味されており,出典記載や引用が適切になされていること。
3) 論文構成が的確で,論理展開に整合性と一貫性があること。
4) 論文の言語表現が的確で,目次・註・付録(図表・資料・参考文献表など)に関する体裁が整っていること。

【博士論文審査基準】

1) 問題意識が明確で,テーマ設定が適切であり,対象分野に関する新しい知見の発見,ないしは既存の知見に対する新しい解釈が提示されていること。
2) 先行研究が網羅的に検討・吟味されており,出典記載や引用が適切になされていること。
3) 論文構成が的確で,論理展開に整合性と一貫性があること。
4) 論文の言語表現が的確で,目次・註・付録(図表・資料・参考文献表など)に関する体裁が整っていること。
5) 論文の主要部分が学術雑誌などに出版されているか,あるいは掲載される水準であること。
6) 当該分野における独創的かつ先端的な研究であり,執筆者が自立的研究者として研究を遂行する能力があることを証明する研究であること。
なお,博士論文の提出については,「博士の学位授与に関する国際関係論専攻内規」を参照すること。

グローバル・スタディーズ研究科地域研究専攻

【修士論文審査基準】

1) 研究対象に対して適切な方法論及び先行研究成果を踏まえていること。
2) グローバルな諸現象の解明に貢献する水準に達していること。
3) 地域に立脚した視座を有し,且つ社会的・学術的な意義が認められること。
4) 論文構成が的確で,論理展開に整合性と一貫性があること。
5) 出典記載や引用が適切になされているなど,論文の体裁が整っていること(これについての詳細は「修士論文に関する地域研究専攻内規」を参照すること)。

【博士論文審査基準】

1) 自身の方法論を確立した上で,学術的独創性を備え且つ地域研究全体の学問分野の引き上げに貢献する水準に達していること。
2) 研究対象地域の言語を駆使した調査・研究に基づき,新たな知見によって社会的・学術的な意義が認められること。
3) 先行研究と自身の研究課題との関係が,学界での十分な議論を経て検討・吟味されており,出典記載や引用が適切になされていること。
4) 論文構成が的確で,論理展開に整合性と一貫性があること。
5) 論文の体裁が整っていること(これについての詳細は「修士論文に関する地域研究専攻内規」を参照すること)。
6) 地域研究に必要とされる,研究対象及び地域に対する研究活動規範即ちコンプライアンスが遵守されていること。

グローバル社会専攻

【修士論文審査基準】

修士学位論文は、グローバル社会研究、国際経済経営学、および比較日本研究の領域において、専門的研究の遂行に必要な基礎知識・理解力・調査能力・問題解決能力を証明する、独自の考察を含んだ自著の論文でなければならない。

The master's thesis (Global Studies, International Business and Development Studies, Japanese Studies) is proof of possessing the specialized knowledge, comprehension and research skills, and problem-solving skills necessary for the performance of professional research in the area of the relevant degree.

【博士論文審査基準】

博士学位論文は、グローバル社会研究の領域において独創的な知見と高い学術的な価値を持つ自著の論文であって、主要部分が国際的な学術雑誌などに出版されているか、あるいは掲載される水準でなければならない。

The dissertation in Global Studies or Japanese Studies must demonstrate an original contribution to knowledge and high academic value, which is publishable in appropriate academic journals and other forums.

【グラジュエーション・プロジェクト審査基準】

The graduation project (Global Studies, International Business and Development Studies, Japanese Studies) is proof of possessing the specialized knowledge, research and analytic skills, and ability to evaluate, interpret and synthesize findings from multiple perspectives that is necessary for the conduct of professional activities in the area of the relevant degree.

戻る

ページトップへ