文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部・学科の3つのポリシー
  4. カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
  5. 総合人間科学部
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

総合人間科学部

総合人間科学部

総合人間科学部におけるカリキュラム・ポリシー
 
 それぞれの適性と自己の将来像を見定めつつ、各年次において段階を追ったカリキュラムを編成しています。一年次の基礎ゼミ、総合人間科学入門をはじめとする学部共通科目群の設定により、学部共通の研究・教育の方針を明らかにしたうえで、各学科ともに小人数の演習を中心に個別指導し、かつ臨床教育による経験目標を得ながら、それぞれの専門領域の理論を単なる座学として学ぶだけではなく、実践の場において検証するよう努めています。

各学科におけるカリキュラム・ポリシー

【教育学科】
 
 本学科では、3つの領域(「基礎的領域」「実践的領域」「国際的領域」)の学びをとおして、教育学が構築してきた独自の学問性を身につけるとともに、人間尊重の教育を実現する力を養成します。1・2年次には各領域の基礎を学ぶとともに、教育に関連する科目を幅広く修め、その上で、3年次のゼミ(演習)を選択します。そこで人間と教育をめぐる諸問題に専門的な立場からアプローチする力を身につけ、その成果を4年次の卒業論文にまとめることによって、幅広い教育学的教養と研究・実践力を備え、国際社会でも活躍できる資質を獲得します。
  
【心理学科】
 
 本学科は、人間の「心」に関する科学的アプローチを通じて、人間がよりよく生きるために必要な、自らの心を的確に把握し、他者の心の動きを冷静にしかし暖かなまなざしをもって見つめる視点を養成します。
 カリキュラムは講義・演習・研究法の3つから構成され、研究に必要な基本的な事項や技法について、段階的かつ体験的に学ぶことができます。

【社会学科】
 
 本学科は、学位授与に向けた人材養成の目的を達成するため、以下の趣旨を盛り込んだ科目群によってカリキュラムを構成します。
1. 基本的な社会学的視点を身につけ、問題関心を社会学的に設定する方法について、少人数の演習によって1年から4年まで指導すること。
2. 社会学の基幹となる「理論と方法」について、社会学理論によって論理的思考法、問題意識の概念化・モデル化を理解し、社会調査法によって質的調査および量的調査を学習し、社会現象の分析能力を養うこと。
3. 身につけた理論と方法を現代社会の特定領域に応用して、その構造と変容の理解を深めること。
4. 各自の問題意識にもとづいて研究課題を設定し、人間の尊厳を重視したグロ-バルな視野から、高度な社会学的な分析と考察ができる力を養成すること。
 
【社会福祉学科】
 
 本学科では、基礎科目群、政策運営管理系および福祉臨床系科目群、アドバンス科目群、関連科目群および専門科目等を各年次において段階的・体系的に取得できるようカリキュラムを編成しています。他大学にはない多様な科目群の配置により国家試験科目等に限られず、学生が広く、深く、より専門的・学術的に学び研究することができるカリキュラムを構成しています。学問的に高水準かつ実務界に影響を与えるような政策運営管理に関する教育研究体制とともに、講義と演習・実習を関連づけ、理論と実践(臨床)を結びつけたカリキュラムとし、自ら理論と実践とを結び付けて考えることができるよう配慮しています。
 
【看護学科】
 
 本学科では、総合大学という教育環境の利点を生かし、かつ総合人間科学部という5つの学問領域の学術の相互連関のもとに教養教育と高度な学術にもとづく看護教育をおこなうことを基本とします。そのため4年間においてさまざまな他学部他学科の科目履修を奨励するとともに学部共通科目を設定し、特定の専門に偏ることなく、幅広い領域におよぶ学問的関心を持たせ、社会の変化や多様性に自律的かつ柔軟に対応できる素養を涵養します。そのうえで、地域看護や国際看護、学校看護、看護統合などのキャリア形成に資する科目を履修し、各年次毎に教育テーマを設定し、ヒューマンケアに関する理論・実践・研究を発展させ、他領域の知見を学び、政策・サービスマネジメントなどを含めて看護をめぐる諸問題に対応しうる研究・実践力を備え、国際社会でも活躍できる資質を形成します。

戻る

ページトップへ