文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部・学科案内(大学)
  4. 理工学部
  5. 物質生命理工学科
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

物質生命理工学科

基本情報

教育方針

自然界にある「物質と生命」を探究(= Sci ence)し、新物質の創成、資源の循環利用、新しい物性・機能の構築等を目指す学科です。ここでは物理学、化学、生物学、環境科学、材料工学など既存の学問分野を包括的・複合的に融合して学びます。そのため原子・分子から高分子・生命現象におよぶ物質の基礎を学び、その上で「物質とナノテクノロジー」「環境と生命の調和」「高機能材料の創成」をキーテーマとするカリキュラムを設け、理工融合による「複合知」を目指した専門教育を行います。自然と融和した新しい物質観と生命観を身に付け、産業の高度化や環境保全に役立て、さらに科学技術英語教育により国際競争力のある科学者、技術者を育成します。

教員・研究分野

>>物質生命理工学科オリジナルサイトはこちら http://www.mls.sophia.ac.jp/
>> 物質生命理工学科の教員情報はこちら

職名 氏名 現在の専門分野
教授 東 善郎 原子分子物理学と放射光科学
教授 板谷 清司  高機能な多機能セラミックスの研究・開発
教授  大井 隆夫  同位体分離材料の開発など、同位体効果とその関係分野を研究
教授 岡田 邦宏 原子分子物理学(実験)。低温におけるイオン分子反応の研究
教授  神澤 信行 機能生物化学、植物生理が専門。植物の傾性運動などについて研究
教授 木川田 喜一 地球化学が専門。火山・温泉地域における物質循環などを研究
教授 久世 信彦 物理化学が専門。電子線、マイクロ波を利用して分子構造を研究
教授 齊籐 玉緒 細胞間情報伝達物質の分子生物学的研究
教授 鈴木 教之 金属-炭素間の結合を活かした新しい有機化合物についての研究
教授 千葉 篤彦 動物生理・行動が専門。脳の機能と行動発現について研究
教授 長尾 宏隆 錯体化学や生物無機化学的な観点から、金属錯体の合成や反応などを研究
教授  南部 伸孝 化学反応の理論的解明および機能分子設計
教授 林 謙介 神経科学、神経細胞の形態形成と機能分化
教授 早下 隆士 超分子形成に基づく新しい分離・分析法を開発
教授  増山 芳郎 有機合成化学的観点からの環境調和型触媒反応プロセスの開発
教授  安増 茂樹 孵化酵素遺伝子の分子進化と孵化腺細胞分化の研究
教授  陸川 政弘 高分子電解質形燃料電池、人工骨材料などについて研究
准教授 臼杵 豊展 自然界に存在する生物活性天然有機化合物の化学的研究
准教授 内田 寛 有機金属原料を用いた金属酸化物薄膜作製プロセスについて研究
准教授  遠藤 明 金属錯体を用いた電気化学分子認識法の開発
准教授 小田切 丈 原子衝突物理。衝突準分子の分光・動力学
准教授  川口 眞理 タツノオトシゴなど、魚類の多様性進化と環境適応進化
准教授 小林 健一郎 環境適応の生物学
准教授 近藤 次郎 生体高分子の構造研究と創薬・材料科学への応用
准教授 髙橋 和夫 燃焼の化学反応解明と環境低負荷燃焼技術の研究
准教授 鈴木 由美子 創薬および生命科学を志向した有機化学的研究
准教授 竹岡 裕子 生分解性高分子や導電性高分子など機能性高分子の研究
准教授 田中 邦翁 大気圧グロープラズマを利用した基礎・応用両面についての研究
准教授 セバスチャン・オスカー・ダニエラチェ 化学速度論および安定同位体を用いた大気化学ダイナミックスの研究
准教授  橋本 剛 超分子複合体・金属錯体・電気化学を用いた新しい分離・分析法の開発
准教授 藤田 正博 イオン液体と高分子を用いた機能材料の開発
准教授 藤原 誠 植物オルガネラの形態・分裂に関する分子細胞生物学的研究
准教授  星野 正光 量子ビームを用いた原子・分子過程の実験的研究
准教授 堀越 智 光触媒、マイクロ波化学による環境保全、エネルギー獲得の研究
助教 荒木 剛 細胞内シグナル伝達機構の細胞生化学的研究
助教 鈴木 伸洋 植物の環境ストレス応答を制御する分子生物学的機構の研究
助教 トム・ブレンナー NMR パルスの発展;リポソーム中の拡散

                                                    

戻る

ページトップへ