文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部・学科案内(大学)
  4. 法学部
  5. 国際関係法学科
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

国際関係法学科

基本情報

教育方針

経済活動のグローバル化、科学技術や情報通信の発達により、あらゆる出来事が国際性を帯びている現代社会。本学科では、国際社会におけるさまざまな問題に対処する能力を身に付けるため、国際法や国際私法を中心とした国際関係に関する法科目を学びます。そのためには、憲法や民法などの法律の基本科目を学ぶことも重要であり、さらには、政治学の観点から国際関係を分析する方法を知ることも有益です。将来、外交官、国連などの国際機関の職員、国際的な弁護士、企業における国際法務の担当者など、国際的な舞台で活躍する人材を育成するには、国際関係の法を中心として、これらの科目を総合的に学ぶことがなによりも重要と考えてカリキュラムを構成しています。もちろん、国際的な交流に貢献するには、語学力や教養を身に付けることも必要不可欠であり、そうした要望にこたえるためのバランスの取れた科目配置にも配慮しています。

カリキュラムの特徴

まず、「法学入門」や「導入演習」という科目で法学・政治学の基本的な学び方を知ってもらいます。そのうえで「憲法」や「民法総則」などの法学の基本科目から始め、「国際法総論」「英米法」「比較法」「国際政治学」などの国際関係の分野の科目に進み、さらに「国際私法」「国際取引法」「国際経済法」「ドイツ法」「Introduction to US Law Ⅰ/Ⅱ」などさまざまな国際関係の法科目を選択して履修することができます。また、外務省などの実務経験者を招聘した「特殊講義」では生きた法や政治に触れることもできます。さらに、英語で学ぶ授業のための基礎固めとして、1年次後半に「英語導入演習」という少人数授業をうけます。4年次には「演習」が必修科目としておかれ、具体的な諸問題に対処するための能力をさらに磨くことができます。

教員・研究分野

>> 国際関係法学科の教員情報はこちら

職名 氏名 現在の専門分野
教授 岩田 太 英米法、外国法
教授 江藤 淳一  国際法、国際組織法
教授 岡部 みどり 国際政治学
教授 加藤 浩三 政治経済に関する理論的、実証的分析
教授  兼原 敦子 国際法
教授 駒田 泰土 知的財産権法
教授 スティーブン・ギブンズ 国際取引法
教授 出口 耕自 国際私法の基礎理論の研究
教授 松本 尚子  西洋法制史、ドイツ法
准教授 江藤 祥平 憲法

                 

戻る

ページトップへ