文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部・学科案内(大学)
  4. 総合グローバル学部
  5. 総合グローバル学科
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

総合グローバル学科

基本情報

教育方針

地球大に情報が行き交う今日の世界を前にして怖じけることなく、人間、資源、資金、価値の自由な往来に貢献する一方で、それぞれの地域の人々や社会、文化、伝統の独自性と、それが世界にもたらす豊かな多様性を守り育てる。そんな仕事に将来携わることのできる学生を育てることが、教育の目的です。好奇心と意欲に富んだ学生が、段階的で多元的な教育を通して、グローバルに物事を考えることができるよう教育します。同時に地域に根差した生活者の視点を活かすことのできるよう、そのための視座と知識と実行力、倫理と他者との対話の力を育みます。このようにして成長した学生が世界の人々と共に歩む真にグローバルな共生社会の実現に貢献できることを私たちは望みます。

カリキュラムの特徴

総合グローバル学部の学生は、国際関係論と地域研究を二つともに専門として学びます。「国際政治論」か「市民社会・国際協力論」のどちらか、「アジア研究」か「中東・アフリカ研究」のどちらか(さらにはそれ以外の地域の選択も可能)を選択し組み合わせることで、複合的な視座の獲得が可能です。効率的な学習のために、入門科目、基礎科目、専門科目、応用科目へと段階を踏んだ体系的な科目構成となっていることも特長です。1年次の基礎演習、3・4 年次の演習、2~4 年次に学生自身が学習内容を決定する自主研究など、学生が主体的に取り組むことが必要な科目も充実しています。また、英語などの外国語習得も重視されます。

グローバルスタディーズの新たな拠点として

国際性あふれる人材の養成は、上智大学が開学のときから重視してきた教育の目的です。「上智」とは真の叡知であり、真の叡知は世界に通じるという私たちの確信を現代にふさわしい形で実現するために、上智大学はさまざまな取り組みを展開しています。そのひとつに、従前から取り組んでいるグローバル・スタディーズの構築があり、そのための新しい拠点として、総合グローバル学部は誕生しました。この学部が何よりも重視するのは世界を捉える複眼的な「視座」の体得です。そのために、地球大に思考するための国際関係論と、グローバル化が立ち現れる現実の場を見失わないための地域研究を両輪に、少人数の演習や自主研究を重視して、グローバル・スタディーズの理論と実践に触れる開かれた学びを提供します。自分を取り巻く日常の風景が、どんなふうに世界とつながっているのか、そうした問いを深め、自分の未来に活かしたいと思っている学生のための学部、それが総合グローバル学部です。

総合グローバル学部での学び方

総合グローバル学部の学生は、グローバル・スタディーズの総合的な学習から始めて、2年次以降に、国際関係論系統の2 領域(国際政治論領域と市民社会・国際協力論領域)、地域研究系統の2 領域(アジア研究領域と中東・アフリカ研究領域)を、自分の関心の深まりにあわせて学びます。3 年次にはこれら4 領域のうちひとつを、自分のメジャーとして選び、3 年次と4年次に演習を履修し、最後に卒業論文など自分の学びの成果を形にしなくてはなりません(*)。同時に、自分が選んだ領域が属するのとは異なる系統から1領域をマイナーもしくはサブメジャーとして選び、その学びをメジャーと有効に組み合わせることで、自分なりのグローバル・スタディーズを完成させます。

*「演習」の所属先によりメジャー領域が最終的に決定します。「演習」には定員が設けられているため、必ずしも全員が第一希望先の「演習」に所属できるわけではありません。このため、最終メジャー、マイナー領域が希望した領域とは異なる場合があります。

教員・研究分野

>> 総合グローバル学部総合グローバル学科の教員情報はこちら
>>総合グローバル学部オリジナルサイトはこちら http://www.fgs.sophia.jp/

国際政治論

職名 氏名 現在の専門分野
教授 植木 安弘 国際政治、国連研究、国際機構論、紛争解決、国際コミュニケーション、戦略広報
教授 デヴィッド・ウェッセルズ グローバル・国際研究、平和研究、国際人権論、国際関係と宗教
教授 岸川 毅 比較政治学、民主化論
教授 都留 康子 国際政治学、平和学、国際制度論、海洋ガバナンス、アジアの海洋安全保障
教授 納家 政嗣 国際政治学、国際安全保障論、軍備管理・軍縮論、グローバル化と国際秩序
教授 樋渡 由美 政治学、国際関係論、日米関係と日本の防衛・外交政策
教授 前嶋 和弘 現代アメリカ政治
教授 宮城 大蔵 国際政治史、日本外交
教授 渡辺 紫乃 国際関係論、現代中国論、東アジアの国際関係

市民社会・国際協力論

教授 蘭 信三 社会学(国際社会学、歴史社会学、戦争社会学)
教授 稲葉 奈々子 グローバル社会学、グローバル化と市民社会、国際移動とジェンダー、社会運動
教授 下川 雅嗣 開発経済学、国際政治経済論、グローバル化と貧困問題
教授 田中 雅子 開発学、国際協力論、ジェンダー論、NGO/NPO論、南アジア地域研究
教授 廣里 恭史 国際教育開発論、国際教育協力論、比較国際教育学
准教授 高島 亮 開発経済学、国際貿易論、幸福の経済学

アジア研究

教授 ヴェリヤト・シリル インドとグローバル化
教授 川島 緑 東南アジアの政治社会研究、フィリピン地域研究
教授 サリ・アガスティン エスニック政治学、南アジア地域研究
教授 寺田 勇文 文化人類学、東南アジア研究
教授 根本 敬 東南アジア近現代史、ビルマ研究
教授 丸井 雅子 東南アジア考古学、文化遺産研究
教授 福武 慎太郎 文化人類学、東南アジア研究

中東・アフリカ研究

教授 赤堀 雅幸 人類学、イスラーム地域研究
教授 私市 正年 イスラーム地域研究、中東・北アフリカのイスラーム政治運動、北アフリカ・サハラ地域紛争
教授 小牧 昌平 歴史学、ペルシア語文化圏研究
教授 澤江 史子 トルコ現代政治社会論、ムスリム社会の世俗主義、イスラム復興と女性
准教授 眞城 百華 アフリカ史、アフリカ研究、エチオピア研究、エリトリア研究、国際関係学

戻る

ページトップへ