文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 学部・学科案内(大学)
  4. 経済学部
  5. 経営学科
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

経営学科

基本情報

教育方針

経営学科では、企業の経営活動に関する高度な専門知識を体系的に学習すると同時に、ローカルな社会およびグローバルな社会との関わりの中で経営活動を理解し、経営に関する合理的な意思決定により社会に貢献できる人材の育成を目指しています。また、経営学に関連する高度な専門スキルだけでなく、企業や社会を見渡す幅広い視野を養成するために、他学部・他学科の開講科目を積極的に履修することを奨励しています。
さらに、充実した語学教育や留学制度などを通じて、国際的に広い視野を持つ人材育成を目指しています。

カリキュラムの特徴・履修科目

3〜4年次の「演習(ゼミナール)」での体系的な専門知識の修得を重視しています。ゼミナールでの学習は経営学の基礎を十分に理解していることが前提となるため、専門分野の関連科目を体系的に理解しておく必要があります。1年次では「経営学概論」で経営学の学習方法(問題発見、文献・情報・データの収集、分析、発表方法など)を修得。2年次からの専門講義科目で段階的に専門的知識を学び、3年次からは講義に加え演習でさらに専門知識を深く学習します。また、経済学系科目や法律系科目で視野を広げたり、経営英語やすべての授業を英語で行う国際教養学部の授業科目で国際的感覚を養うことも可能です。

教員・研究分野

>> 経営学科の教員情報はこちら

職名 氏名 現在の専門分野
教授 網倉 久永 組織能力の構築と競争優位の維持についての研究
教授 新井 範子 消費者インタラクションを活かしたマーケティング
教授 石井 昌宏 ファイナンス、特に資産価格評価やリスク管理などの研究
教授 上妻 義直 環境会計論・国際会計論を研究。EU(欧州連合)の会計制度などがテーマ
教授 杉本 徹雄 消費者行動と広告の心理学的研究
教授 竹之内 秀行 日本企業の立地選択に関する実証研究
教授 西澤 茂 財務会計、国際税務
教授 山田 幸三  大企業の新事業開発、伝統産業におけるアントレプレナーシップの研究
准教授  細萱 伸子 企業における人的資源管理と従業員のキャリア形成に関する研究
准教授 杉谷 陽子 顧客視点に基づくブランド構築戦略の実証研究
准教授 小阪 玄次郎 製品開発にかかわる組織の設計・戦略の策定についての研究
准教授 王 志 管理会計、企業の経営管理及びその国際比較
准教授 閔 廷媛 マクロ組織論。ネットワーク埋め込み論、組織学習論などについて研究

                       

戻る

ページトップへ