文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 研究科・専攻の3つのポリシー
  4. カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
  5. 理工学研究科
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

理工学研究科

理工学研究科理工学専攻におけるカリキュラム・ポリシー

【理工学専攻】
[博士前期課程]
 高度な専門教育・研究の場である大学院の特性を活かすために、伝統的学問体系に応じた「領域」というカリキュラム体制をとり、学部教育との一貫性にも配慮しながら、複合知を兼ね備えた専門能力を養成します。
[博士後期課程]
 各専門分野で自立して研究・開発を遂行できる人材を育てるために、指導教員による日々の研究指導に加えて、週1回以上の専門分野に関する英語の輪読・演習を設け、国際的に活躍できる高度な専門能力を養成します。

各領域におけるカリキュラム・ポリシー

【機械工学領域】
[博士前期課程]
 材料力学、機械力学、熱工学、流体工学、精密工学、制御工学、材料科学など機械工学に関する高度な専門教育・研究を行い、学部教育との一貫性にも配慮しながら、複合知を兼ね備えた専門能力を養成します。
[博士後期課程]
 材料力学、機械力学、熱工学、流体工学、精密工学、制御工学、材料科学など各専門分野で自立して研究・開発を遂行できる人材を育てるために、指導教員による丁寧な日々の研究指導に加えて、専門分野に関する英語の輪読を設け、国際的に活躍できる高度な専門能力を養成します。
【電気・電子工学領域】
[博士前期課程]
 高度な専門教育・研究の場である大学院の特性を活かすために、学際的な学部教育との一貫性に配慮しながら、電気・電子工学に関する専門的知識を付与するとともに、今後の新たな展開にも柔軟に対応できる知的基盤を養うためのカリキュラム体制をとり、複合知を兼ね備えた専門能力を養成します。
[博士後期課程]
 電気・電子工学を中心に学際領域も含む専門分野で自立して研究・開発を遂行できる人材を育てるために、指導教員による日々の研究指導に加えて、週1回以上の専門分野に関する英語の輪読・演習を設け、国際的に活躍できる高度な専門能力を養成します。
【応用化学領域】
[博士前期課程]
 高度な専門教育・研究の場である大学院の特性を活かすため、有機合成化学、高分子化学、無機工業化学および工業物理化学の各分野にもとづくカリキュラム体制をとり、学部教育との一貫性に配慮しながら、応用化学に関わる複合知を兼ね備えた専門能力を養成します。
[博士後期課程]
 応用化学の専門分野(有機合成化学、高分子化学、無機工業化学および工業物理化学)で自立して研究・開発を遂行できる人材を育てるため、指導教員による日々の研究指導に加えて、週1回以上の専門分野に関する英語の輪読・演習を設け、国際的に活躍できる高度な化学的専門能力を養成します。
【化学領域】
[博士前期課程]
 高度な専門教育・研究の場である大学院の特性を活かすために、伝統的学問体系に応じた5分野(物理化学、無機化学、分析化学、有機化学および錯体化学)のカリキュラム体制をとり、学部教育との一貫性に配慮しながら、化学に関わる複合知を兼ね備えた専門能力を養成します。
[博士後期課程]
 化学の専門分野(物理化学、無機化学、分析化学、有機化学および錯体化学)で自立して研究・開発を遂行できる人材を育てるため、指導教員による日々の研究指導に加えて、週1回以上の専門分野に関する英語の輪読・演習を設け、国際的に活躍できる高度な化学的専門能力を養成します。
【数学領域】
[博士前期課程]
 高度に発展した現代数学を理解し、新たな真理を探究するため、専門書、論文などから体系的に専門的知識を学び、自ら思考することにより新しい数学的知見を創造させ、数学の研究とは何かということを修得します。
[博士後期課程]
 高度に発展した現代数学を理解し、新たな真理を探究するとともに、
自らの研究により得られた成果について、専門分野の研究者との交流を通じ広く世界に発表し、国際的に活躍できる高度な専門能力を修得します。
【物理学領域】
[博士前期課程]
 高度な専門教育・研究の場である大学院の特性を活かすために、物理学の伝統的学問体系に応じたカリキュラム体制をとり、学部教育との一貫性にも配慮しながら、複合知を兼ね備えた物理学の専門能力を養成します。
[博士後期課程]
 物理学分野で自立して研究・開発を遂行できる人材を育てるために、指導教員による日々の研究指導に加えて、週1回以上の物理学の専門分野に関する英語の輪読・演習を設け、国際的に活躍できる高度な専門能力を養成します。
【生物科学領域】
[博士前期課程]
 生物科学領域全般にわたる幅広い学識と、高度な専門性を必要とする職業や学際的分野での活動を担うための基礎となる能力を養成します。
[博士後期課程]
 生物科学の多様な学術的研究を背景とした先端的な専門知識を修得させ、国際的に活躍できる自立した研究者の養成に努めるとともに、各専門分野において高度な専門職業人に必要とされる能力を養成します。
【情報学領域】
[博士前期課程]
 高度な専門教育・研究の場である大学院の特性を活かすために、情報科学を基礎としたカリキュラム体制をとり、学部教育との一貫性にも配慮しながら、人間、コミュニケーション、社会の情報分野に加え、文理の学際的視点も兼ね備えた専門能力を養成します。
[博士後期課程]
 情報に関する分野で自立して研究・開発を遂行できる人材を育てるために、指導教員による日々の研究指導に加えて、週1回以上の専門分野に関する英語の輪読・演習を設け、国際的に活躍できる高度な専門能力を養成します。
【グリーンサイエンス・エンジニア領域】
[博士前期課程]
 環境と持続可能性に関連する分野で幅広い知識と高度な専門知識、複合知を兼ね備えた専門能力を養成します。教育は全て英語で行い国際的に活躍できる能力を養成します。
[博士後期課程]
 環境と持続可能性に関連する専門分野で多様な学術的背景と先端的な専門知識を習得させ、自立して研究・開発を遂行できる専門能力を養成します。教育は全て英語で行い国際的に活躍できる高度な能力を養成します。

戻る

ページトップへ