文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 研究科・専攻の3つのポリシー
  4. カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
  5. 文学研究科
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

文学研究科

各専攻におけるカリキュラム・ポリシー

【史学専攻】
[博士前期課程]
 歴史学の領域で幅広くかつ深い知識を究め、鋭い分析・批判能力を培うため、「特研」科目を設置しています。また、優れた修士論文を作成するため、「演習」、「修士論文演習」を開講しています。
指導教員の承認を得た上で、他専攻の科目を一定の条件のもとで履修することができます。
 上記のほか、指導教員の承認を得たうえで、協定を結んだ他大学大学院の科目を一定の条件のもとで履修することができます。
[博士後期課程]
 優れた博士論文を作成するため、「博士論文演習」科目を開講しています。
 
【国文学専攻】
 日本文化研究の中核を担うために、古典学を教育・研究の根幹に置き、日本語・日本文学を細分化して考究するのではなく、古典文学・近代文学、国語学、漢文学の三分野を有機的に連関させて総合的に追及することを重視し、そのための教員組織・カリキュラムを編成し、きめこまかな指導をおこないます。
[博士前期課程]
 古典文学・近代文学においては、上代・中古・中世・近世・近代と各時代別のカリキュラム編成をおこない、国語学、漢文学には分野ごとに複数の講座を設け、緊密な教育体制をとり、世界から見た日本文学の講座も開講して国際的な視点を導入しています。
[博士後期課程]
 個別的な指導をするだけではなく、古典文学・近代文学、国語学、漢文学のより高度で専門的な研究能力の育成をめざしたカリキュラムを編成しています。
 
【英米文学専攻】
 英米文学と英語学の領域で広く、かつ深い知識を得るとともに、分析能力と批評能力を身につけ、さらにそれを論文として発表するための技術を養います。
[博士前期課程]
 本課程1年次生は、特別講義・演習を履修しますが、その際、「文学批評研究と論文執筆法」を必ず履修し、基礎力を養います。また、アドヴァイザーによる研究指導のもと、専門分野の研究を深めていきます。
 2年次生は、特別講義・演習を履修するとともに、修士論文メンターとなる指導教員による研究指導を受け、修士論文を提出します。
[博士後期課程]
 本課程の学生は、指導教授による研究指導を受けるとともに、3年間で指導教授を含む3人の教員によるリーディング・コースを履修し、修了論文に向けて幅広く研究をおこないます。
 
【ドイツ文学専攻】
 本専攻は「教育研究上の目的および人材養成の目的」にもとづき、ドイツ語圏文学をヨーロッパの歴史的、文化的文脈の中で研究することをめざして、以下のカリキュラム・ポリシーを定めています。
[博士前期課程]
1. 研究の基礎となるドイツ語文献の読解力を向上させること。
2. 文学のみならず、文学と芸術、思想との関わりについて研究すること。
3. 修士論文作成に必要な論文作成の基本に習熟すること。
[博士後期課程]
1. 修士論文作成によって身に付けた研究方法をもとに、高度な専門研究をおこなうこと。
2. 文学および文学研究の歴史性への認識を深めるために、研究史を研究すること。
3. 博士論文作成に向けて、原典・参考文献の分析的読解、論文作成の要諦などを教授すること。
 
 【フランス文学専攻】
本専攻は「教育研究上の目的・人材養成の目的」に則り、フランスおよびフランス語圏の文学・芸術の研究に関して、方法論を深化させ、多様な興味・関心を育みうるような教育をめざして、次のようなカリキュラム・ポリシーを定めます。
[博士前期課程]
1.フランスおよびフランス語圏の文学・芸術に関して、研究方法の習得・深化に役立つ専門的教育をおこなうこと。
2.フランスおよびフランス語圏の文学・芸術に関して、多様な興味・関心を喚起しうる専門的教育をおこなうこと。
3.高度なフランス語運用能力を養成するための実践的な語学的訓練をおこなうこと。
4.修士論文作成のために、テーマの掘り下げ、プランの策定、論述の整備など、きめ細かい指導をおこなうこと。
[博士後期課程]
1.博士論文作成のために、テーマの掘り下げ、プランの策定、論述の整備など、きめ細かい指導をおこなうこと。
2.研究者としての国際的な活動に道を開くための手助けをすること。
 
【新聞学専攻】
[博士前期課程]
1. マス・コミュニケーション理論、ジャーナリズム論、メディア分析を中心に据えたカリキュラムを設置し、その上で、今日の問題状況に柔軟に対応して研究を進めるために演習を配置しています。
2. 2年次は修士論文を完成させるために、指導教員の指導のもと、各自の研究を推進させる体制を整えています。また、大学院の社会学分野単位相互互換制度により国公私立24大学(26大学院研究科)の科目を履修することができます。
[博士後期課程]
1. 国際的な水準で広く活躍し、将采、この分野で研究・教育に携わる人材の育成を目標としています。研究活動においては学問的方法論、専門知識の水準を向上させると同時に、研究者として自己のテーマ領域を打ち立てられるように指導します。
2. 学位申請の論文については、入学後1年を経て論文提出資格を得る試験に合格した者が執筆を許可されます。在学期間内に課程を修了することができるように指導します。
 
【文化交渉学専攻】
 本専攻は「教育研究上の目的および人材養成の目的」にもとづき、さまざまな文化同士の交渉過程を跡づけるとともに、新たな文化が生み出される契機を詳しく研究することを目指して、次のようなカリキュラム・ポリシーを定めています。
[博士前期課程]
1. 異文化研究の手続き、文化交渉学の基本理念などを検討すること。
2. 文化交渉学の重要な分野として、翻訳文化、文学と芸術の関わりを研究すること。
3. 修士論文作成をめざして、研究、論文作成の基本に習熟すること
[博士後期課程]
1. 前期課程で積み上げた基礎知識をもとに、さらに高度な研究をおこなうこと。
2. 文化創造の基盤となる資料の取り扱いに習熟することをめざすこと。
博士論文作成に向けて、資料の読解、テーマの深化、論文作成の要諦などを教授すること。

戻る

ページトップへ