文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 研究科・専攻の3つのポリシー
  4. アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
  5. グローバル・スタディーズ研究科
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

グローバル・スタディーズ研究科

グローバル・スタディーズ研究科におけるアドミッション・ポリシー

[博士前期課程]
 前期課程は、国際関係論、地域研究、グローバル社会の3つの専攻において、国際的な視点で研究する能力と確固たる問題意識をもち、社会に広く貢献できる人材の育成を目的とし、次のような学生を求めます。
1. 国際関係論専攻では、国際関係の諸側面とそれらをめぐる諸問題 (人口増加、環境破壊、食料不足、国際テロ等)を多角的に研究することを目標に据える学生。
2. 地域研究専攻では、ローカルな場で発生する個別的な諸現象・問題ならびにグローバルな諸問題に対し、東南アジア、南アジア、中東、ラテンアメリカ地域の総合理解に根ざした分析を通じ、研究や実践の場において貢献しようとする人材。
3. グローバル社会専攻では、グローバル化する現代社会およびその過程に組み込まれた日本社会の複雑な様相に関心をもち、多様な文化背景と高い英語力を備えた学生。
  
[博士後期課程]
 後期課程は、以上の3つの専攻の諸分野において、高度で独創的な研究を行い、優秀な博士論文を執筆し、博士号を取得することを志す人を求めます。さらに、学会などで研究発表を行い、学術誌・学会誌に論文を投稿し、それぞれの分野でリーダーシップが発揮できることが望まれます。

各専攻におけるアドミッション・ポリシー

【国際関係論専攻】
[博士前期課程]
 本課程では、戦争を防止し、自由で民主的なグローバル社会を築き、ますます悪化する地球環境において、地球の安全と人々の安全を実現しようとする確固たる研究関心、ならびにグローバル貢献の強い意志をもつ学生を求めています。
[博士後期課程]
 本課程では、グローバル化が進展する今日、グローバル社会、グローバル政治、そしてグローバル経済の諸問題の研究をとおして、今日の国際社会が直面する諸問題の解決に積極的に貢献できるような研究能力と学識をもつ学生を求めています。
 
【地域研究専攻】
[博士前期課程]
 本課程では、東南アジア、南アジア、中東・北アフリカ、ラテンアメリカなど諸地域における個別的な諸現象・問題ならびにグローバルな諸問題に対し、その総合理解に根ざした分析を通じ、研究や実践の場において貢献できる人材の育成が望まれます。さらに、学会における研究報告および学術誌・学会誌における論文発表とともに、優秀な修士論文を執筆し、修士の学位を取得することを志す人を求めています。
[博士後期課程]
 本課程では、前期課程で修得した知識や分析方法を土台にして、東南アジア、南アジア、中東・北アフリカ、ラテンアメリカなど諸地域における個別的な諸現象・問題ならびにグローバルな諸問題について、高度で独創的な研究をおこない、学術研究および社会的実践においてリーダーとして活躍できる人材をめざすことが望まれます。さらに、学会における研究報告および学術誌・学会誌における論文発表とともに、優秀な博士論文を執筆し、博士の学位を取得することを志す人を求めています。
 
【グローバル社会専攻】
[博士前期課程]
 高度な英語力を前提にして、グローバリゼーションの過程とその中に組み込まれた日本社会の複雑な様相を多元的に分析・考察し、国際社会の中でその成果を生かすことを志す学生を積極的に受け入れます。
[博士後期課程]
 現代社会のグローバリゼーション過程を高度に専門的かつ独創的な見地から分析・考察し、博士論文(英語)として成果を公表し、国際社会に貢献しようとする志と資質をもった学生を受け入れます。

戻る

ページトップへ