文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 研究科・専攻案内(大学院)
  4. 理工学研究科
  5. 理工学専攻生物科学領域
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

理工学専攻生物科学領域

生命活動の神秘を捉え、仕組みを解明しよう

生物科学は近年飛躍的に発展し、生命の謎は次々と解き明かされています。とはいえ、その謎はまだまだ深く、我々の想像を超えた未知の世界があります。一方、明らかとなった基礎生物学の知見は、直接新しい技術や製品として応用され、我々の生活を豊かにすることに役立てられています。すなわち、現在の社会は、生物科学の基礎研究を力強く切り開く研究者と生物科学の応用的価値を実現するための産業人を多く必要としています。

生物科学領域ではこのようなニーズに応えるべく、高度な研究能力と幅広く応用可能な知識を兼ね備えた専門家を養成します。生物科学の研究は細分化されていますが、共通に必要な実験手技や考え方が多くあります。大学院生はさまざまなテクニックを習得し、専門分野を深く掘り下げるとともに、多様な講義を受けることにより、生命という未知のジャングルの中に分け入る乗り物と土地勘を手に入れることができます。

高度な研究内容

研究レベルの高さは国際学術誌への数多くの論文発表と、競争的研究資金獲得の実績によって裏付けられています。最先端の研究を大学院生とともに進めています。

教授による直接指導

徹底した少人数教育により、研究計画の立て方、進め方、実験手技、情報収集の手法、発表のテクニックなど、研究のすみずみまで、プロセスを教員が直接指導しています。

幅広い教育内容

幅広い分野における基礎から最先端までを、専門外の大学院生にも分かりやすく講義しています。専任のスタッフでカバーしきれない分野についても、他大学から超一流の研究者を招いての講義で補うシステムになっています。

修了生の最近の主な研究テーマ

■ ラット小脳顆粒細胞からのグルタミン酸分泌反応の基礎的研究
■ 雄ラットの雌の匂いに対する選好性発現におけるオキシトシンの役割
■ Functional analysis of SteelyA, a novel hybrid type polyketide synthase in Dictyostelium discoideum .
■ Dictyostelium discoideum における新規ハイブリッド型ポリケタイド合成酵素SteelyBの産物多様性機構の解析
■ メラトニンの急性投与がマウスの学習記憶機能に与える影響
■ ゼブラフィッシュ孵化酵素の基質- 酵素複合体の三次元構造解析の試み
■ メダカ卵巣で合成されるZ Pタンパク質の機能解析
■ 腹側中脳ドーパミン作動性ニューロンの伝達物質放出に関する基礎的研究
■ 牛副腎髄質クロマフィン細胞からの開口分泌におよぼす新規ボツリヌス神経毒素の作用
■ Lifeact-mVenus 発現体及びLHY 過剰発現体を用いた就眠運動解析
■ P19 .CL6 細胞における三次元心筋分化条件の検討
■ AFS 培養で見られる骨分化促進作用とインテグリン発現との関係性評価
■ クプリゾン投与マウスの視神経における軸索グリア接合部の解析
■ 神経細胞の微小管アンカータンパク、ナイニンのアイソフォーム変換と局在変化
■ タツノオトシゴの育児嚢の形態学的観察
■ インフルエンザウイルスRNAプロモーターのX 線結晶解析
■ シロイヌナズナ花粉色素体の増殖制御機構の解析

戻る

ページトップへ