文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 研究科・専攻案内(大学院)
  4. 地球環境学研究科
  5. 地球環境学専攻
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

地球環境学専攻

国際的な視野を持って地球環境問題に取り組むグローバルな人材を育成

現在、われわれが直面している環境問題は、地球温暖化、廃棄物問題と循環型社会づくり、化学物質の環境リスク、大気と水の保全、自然資本と生物多様性の減少など、人々の日常生活や事業活動が原因で発生しているものです。このような環境問題に対処するためには、環境教育やESD(持続可能のための教育)を一層向上させ、人間活動を変革し、健全で恵み豊かな環境を守りつつ、新たな経済発展を実現できる社会(持続可能な社会)をつくり上げる必要があります。そのために、上智大学では、社会科学と自然科学を融合し、より高度な研究・教育を行う「地球環境学研究科」(地球環境大学院)が設置されました。
この大学院は、それぞれの学部の上に設置される形態ではなく、まったく新しい独立の大学院であり、社会の要請に応え、複雑な環境問題に取り組むことのできる21世紀の大学院です。
教員も、法学、経済学、政策学、経営学、社会学、理・工学などの多様な分野の専門家から構成されており、非常勤講師は、現在の日本の環境研究をリードする第一線の研究者にお願いしています。地球環境学研究科では、自らの問題や関心に応じ、水準の高い教育と指導を受けることができます。

体系的なカリキュラム編成、広い領域にわたる開講科目

研究レベルの高さは国際学術誌への数多くの論文発表と、競争的研究資金獲得の実績によって裏付けられています。最先端の研究を大学院生とともに進めています。

>> 地球環境学専攻の教員情報はこちら

理論と実践の融合

基礎理論を学習するだけではなく、コンピュータ、企業の環境報告書などを使用し、実践度の高いスキルの開発を目指します。また、企業の環境問題への取り組みが高まる中で、実際の経済活動、企業経営に結び付いた科目を多数提供しています。

社会人にも学ぶ機会を提供

企業や地域社会で活躍する人から、環境問題を深く学習したいという要望が多く寄せられています。そこで、地球環境学研究科では、一部の授業を土曜日及び平日の夜間に開講し、必修科目である演習は午後5 時から開始するなど、社会人が在職しながら学べる環境を整えています。

修了生の最近の主な研究テーマ

■ 名古屋議定書の地球規模の多国間利益配分の仕組みに関する一考察─ 新たな仕組みの創設へ向けて─
■ 地下水涵養の人工補強が湧水の水質にもたらす影響─ 中国済南市を事例として─
■ Investigation of Nitrate Contents in Tea Products from China and Japan
■ Explore Food Security through the Lens of Environmental Ethics
■ Study on the Carbon Intensity from Household Consumption in China based on Input-Output A nalysis
■ Hydro power development potential & c hallenge for Ethiopia
■ Exploring urban Agro-environmental policy potentials ------ Tokyo case study
■ Assessment of the plantation establishment and livelihood improvement scheme(PELIS) in Kenya ─ Comparative case study of Bahati forest and Kakamaga forest
■ The impact of corporate social responsibility on consumer behavior-- A study of consmetic industry in China

大学院生も発表できる学術雑誌

地球環境学研究科の大学院生は、教員、修了生、その他の研究者と共に「上智地球環境学会」が主催するシンポジウム、セミナー、研究会などに参加し、学会誌『地球環境学』の姉妹誌『地球環境学ジャーナル』に優秀修士論文を掲載することができます。

地球環境学研究科ホームページ  http://www.genv.sophia.ac.jp/

戻る

ページトップへ