文字サイズ

学部・大学院

  1. HOME
  2. 学部・大学院
  3. 研究科・専攻案内(大学院)
  4. 経済学研究科
  5. 経営学専攻
学部・学科案内(大学)
神学部
神学科
文学部
哲学科
史学科
国文学科
英文学科
ドイツ文学科
フランス文学科
新聞学科
保健体育研究室
総合人間科学部
教育学科
心理学科
社会学科
社会福祉学科
看護学科
法学部
法律学科
国際関係法学科
地球環境法学科
経済学部
経済学科
経営学科
外国語学部
英語学科
ドイツ語学科
フランス語学科
イスパニア語学科
ロシア語学科
ポルトガル語学科
研究コース(2014年度以降入学者対象)
専門分野制(2013年度以前入学者対象)
国際関係副専攻(2013年度以前入学者対象)
言語学副専攻(2013年度以前入学者対象)
アジア文化副専攻(2013年度以前入学者対象)
総合グローバル学部
総合グローバル学科
国際教養学部
国際教養学科
理工学部
物質生命理工学科
機能創造理工学科
情報理工学科
言語教育研究センター
グローバル教育センター
研究科・専攻案内(大学院)
神学研究科
神学専攻(博士前期課程)・組織神学専攻(博士後期課程)
文学研究科
哲学専攻
史学専攻
国文学専攻
英米文学専攻
ドイツ文学専攻
フランス文学専攻
新聞学専攻
文化交渉学専攻
実践宗教学研究科
死生学専攻
総合人間科学研究科
教育学専攻
心理学専攻
社会学専攻
社会福祉学専攻
看護学専攻
法学研究科・法科大学院
法律学専攻
法曹養成専攻(法科大学院)
経済学研究科
経済学専攻
経営学専攻
言語科学研究科
言語学専攻
グローバル・スタディーズ研究科
国際関係論専攻
地域研究専攻
グローバル社会専攻
理工学研究科
理工学専攻機械工学領域
理工学専攻電気・電子工学領域
理工学専攻応用化学領域
理工学専攻化学領域
理工学専攻数学領域
理工学専攻物理学領域
理工学専攻生物科学領域
理工学専攻情報学領域
理工学専攻グリーンサイエンス・エンジニアリング領域
地球環境学研究科
地球環境学専攻
学部・学科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
研究科における教育研究上の目的及び人材養成の目的
学部・学科の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学部
文学部
総合人間科学部
法学部
経済学部
外国語学部
総合グローバル学部
国際教養学部
理工学部
全学共通教育
語学科目
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学部におけるアドミッション・ポリシー
文学部におけるアドミッション・ポリシー
総合人間科学部におけるアドミッション・ポリシー
法学部におけるアドミッション・ポリシー
経済学部におけるアドミッション・ポリシー
外国語学部におけるアドミッション・ポリシー
総合グローバル学部におけるアドミッション・ポリシー
国際教養学部におけるアドミッション・ポリシー
理工学部におけるアドミッション・ポリシー
研究科・専攻の3つのポリシー
ディプロマ・ポリシー(学位授与の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
カリキュラム・ポリシー(教育課程編成・実施の方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
外国語学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
アドミッション・ポリシー(入学者受け入れの方針)
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科
論文審査基準
神学研究科
哲学研究科
文学研究科
実践宗教学研究科
総合人間科学研究科
法学研究科
経済学研究科
言語科学研究科
グローバル・スタディーズ研究科
理工学研究科
地球環境学研究科

経営学専攻

経営管理・戦略、会計、マーケティングの理論と実際について取り組む

経営学専攻では、会計、流通・マーケティング、経営戦略・経営管理の各分野におけるテーマについて、先行研究や関連文献を調査し、必要に応じてマーケット調査やアンケート調査などの社会調査を実施し、参考資料やデータを詳細に分析した知見から、世界の人々の生活向上に役立ち、グローバルな視点での考察を加えて、世界の企業のさらなる繁栄に貢献する独創的、先進的な論文作成を目指します。

博士前期課程では、各学生の研究テーマに応じて個別の履修指導を行います。上智大学の教育理念に基づく「少人数制教育」による双方的指導を実施し、専門知識だけでなく教員と学生の人間としてのふれあいの中で、個々人の能力と個性に即した成長を目指します。博士後期課程では、経営学の理論を現実の応用へ橋渡しできるような高度な研究能力を涵養することを目指し、指導教員の研究指導に基づき、学位論文に専念します。国内や海外での学会での積極的な発表や論文の投稿を通じて知見を深めていくことが推奨されます。

バランスの取れたカリキュラム

講義内容は、理論構築の基礎となる調査研究方法論(統計や社会調査技法)から、基礎理論、さらに現実の経営現象への応用まで幅広く、基礎と応用のバランスが取れた教育課程を編成しています。

講義形式は多彩

講義形式は、伝統的な文献講読タイプだけでなく、現実の事例にもとづく「ケース・ディスカッション」やデータ分析の実習など多様な形式を設け、問題探究力、分析能力、応用・実践能力、そしてコミュニケーション能力を養います。

複数のスタッフによる指導

習得した理論的基礎を現実に応用して、修士論文を作成します。作成プロセスでは、複数の専門スタッフからの学際的・複眼的指導を受けます。

修了生の最近の主な研究テーマ

■ 越境ECの信頼性に関する研究─ 母国語が形成する信頼が越境EC に与える影響─
■ 非計画購買行動におけるモバイルクーポンの購買誘致効果─ 消費者の情報プライバシー意識を中心に─
■ 日本人の集団行動とリーダーシップ─ 有機的組織への応用─
■ 新興企業の国際化戦略─ レノボ・グループの成長戦略を中心に─
■ 外資企業の人事制度の現地化に関する研究─ 制度理論から見る母国と現地の影響─
■ 日本の不動産業における人事制度─ 首都圏の中堅・中小企業における戦略的対応を中心に─
■ 中国のモバイル・インターネット市場における製品開発プロセス─ WeChat の事例を中心に─
■ 中国におけるドラッグストア事業展開に関する考察─ ワトソンズを事例に─

戻る

ページトップへ