文字サイズ

TopImage

  1. HOME
  2. 図書館Q&A

図書館Q&A

図書館Q&A

利用者のみなさんから寄せられた質問や要望のうち、主なものの回答を掲載しています。
ご質問・ご要望は、図書館カウンターや投書箱「声」で受け付けています。

1.OPAC検索
2.資料の利用と配架場所(中央図書館)
3.貸出
4.設備・サービス(中央図書館)
5.利用者のみなさんからの要望

1.OPAC検索

Q. 1 図書は、OPAC検索結果のどこを見れば配架場所を特定できますか? 

配架場所」と「請求記号」で場所を特定します。請求記号は、図書の背ラベルの記号です。書架の図書は請求番号順に並んでいます。

Q. 2 図書は、OPACの検索結果に配架場所が表示されますが、どこで利用できますか?

OPACの検索結果に表示される配架場所のうち、利用方法がわかりにくいものを示しました。

配架場所 利用方法
リザーブ 教員から指定のあった資料のため、1F貸出カウンターで受付・出納します。貸出時間は3種類あり(2・24・72時間)、通常の貸出冊数とは別枠で4冊まで借りることができます。
Ref/旧版書庫 最新版は1Fレファレンス資料コーナー(理工系は2F)にあり、館外貸出不可です。旧版は、請求記号から分類別配架表で配架階を確認してください。館外貸出可です。   
Ref 雑誌 人文社会系は1F中央奥、理工系は2F北側にあります。
集密書庫
2号館集密書庫
閉架書庫にあるため、職員が出納します。1F貸出カウンターで申込をしてください。
(学外の方はレファレンスカウンターへ)
紀要書庫 国内大学出版の学術誌である「紀要」は、上智大学発行のものも含め3F書庫に配架されています。刊行大学のアルファベット順に並んでいます。

Q. 3 雑誌は、OPAC検索結果のどこを見れば配架場所を特定できますか?

同じタイトルの雑誌でも、巻号によって配架場所が異なります。まず、OPACで検索し、探している巻号が所蔵巻号欄、受入詳細情報欄のどちらにあるかを調べます。また、雑誌の中でも、大学や研究所が刊行している「紀要」は、一般の雑誌と配架場所が異なります。

雑誌
(紀要を除く)
人文・社会系 理工系 探し方 ・ 閲覧方法
新刊
(未製本)
刊行してから
約1年間までの巻号
1F
ボックスナンバー
(0001~3000)
2F
ボックスナンバー
(3001~4000)
*OPAC「新着配架場所」のBOXNo(ボックスナンバー)を開き、「受入詳細情報」に表示されている巻号。
*OPAC「新着配架場所」のBOXNo(4けたの数字)で探します。
バックナンバー
(製本済)
1991年より新しい巻号
(1991年を含む)
3F
請求記号
和雑誌 「Za 11」
洋雑誌 「Za 12」
2F
請求記号
和雑誌 「Za 21」
洋雑誌 「Za 22」
OPAC「所蔵巻次」欄に表示されている巻号。
OPAC「雑誌所蔵」→「配架場所」、「請求記号」で探します。
バックナンバー
(製本済)
1990年より新しい巻号
(1990年を含む)
2号館集密書庫は、閉架式書庫のため、
利用者の方は入庫できません。                                           
OPAC「所蔵巻次」に表示がある巻号のこと。 (貸出カウンターで閲覧申込をしてください。)
OPAC「申込票」の「印刷」をクリックすると申込用紙が表示されます。印刷して利用してください。

※利用頻度の高い一部の雑誌は、1990年より古い巻号も3Fに配架されています。
※現在継続受入していない雑誌は、1991年より新しい巻号も、2号館集密書庫に入っています。
              

上智大学の紀要 配架場所 探し方
すべての巻号 3F 紀要は刊行大学のアルファベット順に並んでいるため、本学紀要は 「J」 の所に配架されています。
他大学の紀要 配架場所 探し方
1991年より新しい巻号
(1991年を含む)
3F 刊行大学のアルファベット順に並んでいます。
1990年より古い巻号
(1990年を含む)
2号館 集密書庫 閉架式書庫のため、利用者の方は入庫できません。
貸出カウンターで閲覧申込をしてください。

Q. 4 OPACで雑誌を検索したら、受入詳細情報の欄に「受入情報はありません」と表示されました。この雑誌は所蔵していないのでしょうか?

「受入情報はありません」とは、未製本の雑誌で最新2年分の受入情報がないということを表しています。過去に受け入れて製本済の巻号は、「所蔵巻号」の欄に表示されます。白書・年鑑の場合は、画面下部の「所蔵情報表示」ボタンをクリックすると、所蔵詳細情報が表示されます。

Q. 5 OPACで雑誌を検索したところ、読みたい巻号が「製本中」と表示されました。利用できますか?

「製本中」の表示の巻号は、現在製本作業中のため利用できません。製本後の利用開始日は、レファレンスカウンターでお尋ねください。

Q. 6 OPACで検索できない資料はありますか?

以下の資料はOPACで検索できません。カード目録やオンラインで調べてください。

OPACで検索できない資料 調べ方
1981年以前に受け入れた図書(SC分類図書)の一部(*1)
石神井分館 所蔵図書の一部(*2)
特殊言語図書
1F カード目録
カード目録の見方(PDF)
* 電子ジャーナル
* 電子ブック
洋雑誌 :電子ジャーナル
和雑誌 :CiNii
洋図書 :eBOOK

(*1) 1981年以前に受け入れた図書を探す時は、OPACとカード目録を併用してください。
(*2) 石神井分館 所蔵図書は、カード目録で調べることにより図書が探せます。
 (OPACで検索できる図書・・・2003年度以降受入分のみ。遡及入力作業中のため順次OPAC検索できる図書が公開されています。OPACで検索できない図書はカード目録で調べてみてください。)
2010年度中にすべての図書がOPACで検索が可能となる予定です。
  なお、石神井分館で所蔵している雑誌については、すべてOPACで検索できます。

2.資料の利用と配架場所 (中央図書館)

Q. 7 特定のテーマの図書がどこに置いてあるのかわからないのですが?

館内の資料は、同じテーマのものがひとつのフロアにまとまっているのではなく、B2F~B1F(学部図書:学部レベルでの利用を想定した資料)、4F~8F(専門・研究図書)、レファレンス資料(1F)に分かれています。これは、学生・教員など各利用者が、目的にあった資料を探し出しやすいように、資料の性質と目的を重視して配架しているためです。これによって、学習機能と研究機能の両立を図っています。特定のテーマの図書がどこにあるか大まかに知りたい時は、OPAC の分類検索や利用の手引き2(PDF)を参考にしてください。

Q. 8 文庫本はどこにありますか?

B1F中央に、同じ文庫ごとにまとまって配架されています。請求記号「080」の場所にあります。

Q. 9 語学辞書はどこにありますか?

館内利用限定の語学辞書は、レファレンス書架(1F)、語学辞書コーナー(B2F・B1F・1F・ 2F)にブックトラックで配備してあります。
館外貸出可能な辞書は、6Fに配架されています。
1F、6Fの語学辞書は、以下の請求記号を参考に探してください。

  和漢書
(NDC分類)
洋書
(LC分類)
  和漢書
(NDC分類)
洋書
(LC分類)
国語・漢和 813 - フランス語 853 PC
中国語   823 - イスパニア語 863 PC
韓国語 829 - イタリア語 873 PC
英語 833 PE ポルトガル語 869 PC
ドイツ語 843 PF ロシア語 883 PG

Q.10 授業で使用しているテキストはどこにありますか?

授業のテキストをまとめて置いているコーナーはありません。個別にOPACで検索し所蔵を確認してください。

Q.11 CD-ROMを利用したいのですが?

CD-ROMは、1F・OPACコ-ナ-にあります。利用方法が分からない場合は、貸出カウンタ-へお尋ね下さい。

Q.12 学位論文は閲覧できますか?

本学の学位論文(博士前期・博士後期課程)は、Sophia-R (上智大学学術情報リポジトリ)で検索できます。見たい論文が決まったら、請求番号をメモして貸出カウンターで閲覧手続をしてください。学外の方は、ご所属の図書館を通してレファレンスカウンターにお問い合わせください。館内で閲覧できますが、原則として複写はできません。なお、学部生の卒業論文は、図書館で所蔵していません。各学科事務室にて確認をお願いいたします。

Q.13 探している資料が書架にないのですが?

請求記号を間違えて探している可能性があります又、利用者が貸出中・閲覧中である、誤った場所に配架されている、1F新着図書展示コーナーにある等の理由が考えられます。所在不明資料の調査は、貸出カウンターで受付を行っています。資料が見つかった場合、依頼者に連絡し1週間カウンターに取り置きします。

Q.14 探している資料が上智の図書館にない場合、どんな方法で入手できますか?

以下のような方法があります。詳しくは、レファレンスカウンターで相談、または図書の探し方を参考にしてくだい。

国会図書館・公共図書館で閲覧 訪問の事前手続は必要ありません。ホームページ等で開館日、利用案内を確認の上、利用してください。
大学の図書館で閲覧 多くの場合、所蔵調査・紹介状が必要です。訪問する数日前までに紹介状発行申込をしてください。
論文等の複写の取り寄せ 複写料金・送料は個人負担です。取寄せに1、2週間かかります。
図書の現物の取り寄せ 往復送料は個人負担です。取寄せに1、2週間かかります。
閲覧は館内のみです。〔ほとんどの場合、著作権の範囲内での複写は可能になりましたが、資料状態が悪かったり相手館のポリシーにより不可の場合がまれにあります。〕
図書購入希望 図書館で購入してほしい図書をリクエストできます。申込後、検討・購入・受入作業のために、利用できるまで通常1ヶ月~半年かかります。

3.貸出

Q.15 資料の館外貸出について、以下のことを知りたいのですが?


 ・館外貸出できない資料    ・貸出冊数・貸出期間        ・貸出中の図書の予約
 ・貸出期間延長          ・期限内に返却できない場合   ・貸出手続きを忘れた場合

貸出・返却カウンターのページで確認してください。

Q.16 現在の自分の貸出状況を知りたいのですが?

レファレンスカウンターでOPACのオンライン登録手続きをしてください。登録を済ませると、自宅や学外のPCからも、現在の貸出状況の照会や借りている図書、返却期限日などを確認することができます。

4.設備・サービス (中央図書館)

Q.17 持ち込みのノートパソコンを使って作業したいのですが?

無線LANに対応していますので、館内のどのエリアからも、持ち込みのノ-トパソコンを利用することができま
す。また、地下1階ラーニング・コモンズのサービスデスクで、ノ-トパソコンの貸出を行っています。

貸出ノートパソコン利用時間 月~金 9:00~16:00(1人最長3時間まで)


Q.18 コピーのための両替、カラーコピー、FAX送信は館内のどこでできますか?

5F北側 複写サービス室で利用できます。

Q.19 図書館内でプリントアウトができるパソコンはどこにありますか?

2F コンピュータルームLでプリントアウトができますが、研究・学習を目的とする場合に限ります。複数部の印刷や無駄なプリントアウトは行わないでください。

Q.20 データベースや電子ジャーナルはどのパソコンから利用できますか?

契約 データベース・電子ジャーナルは、基本的に学内アクセスとなりますが、学外からのアクセス(VPN接続)方式により、自宅等から利用できるものも多くあります。
詳細は、<情報検索>のページにある、以下をご覧下さい。
データベース・電子ジャーナル一覧(アルファベット順)

学外からのアクセス(VPN接続)
    ・・・VPNアクセスが許可されていないデータベース等は利用できない場合もあります。

Q.21 館内で落し物をしたのですが、どこに届きますか?

拾得された落し物は、図書館入口の受付または2号館インフォメーションサービスオフィスで保管されています。

5.利用者のみなさんからの要望

Q.22 開館日を増やしてほしいのですが?

 みなさんのご要望にお応えし、以下のように改善されました。

  開館日・開館時間の主な改善点(中央図書館)
2004年度~ ・開館日数を増加
・開館時間・貸出サービス時間を延長
・休暇中の連続休館日を大幅に短縮
2005年度~ ・土曜日のサービス時間を拡大
2006年度~ ・平日の開館時間と貸出サービス時間を1時間延長
 (授業期間中は午後9時まで、休暇中は午後6時まで開館)

   より使いやすい図書館にするために引き続き改善を図ってまいります。

Q.23 書架・閲覧席の蛍光灯が切れていることがあるのですが?

定期的に見回って点検していますが、行き届かない場合はご容赦ください。お申し出があれば即時に対応しますので、お気づきの点は、最寄りのカウンターや図書館職員にご連絡ください。

Q.24 中央図書館西側 B1Fから2Fの階段の靴音が周囲に響いてうるさいのですが?

改善すべき課題として検討しております。なお、この階段を利用する際は、周囲に靴音が響かないよう、利用者の方もご協力をお願いします。

戻る

ページトップへ