文字サイズ

上智大学

  1. HOME
  2. インフォメーション
  3. 総合ニュース一覧
  4. ニュース詳細

飯舘中学校の皆さんがキャンパスを訪問し本学学生と交流しました

キャンパス見学

本学は東京電力福島第一原子力発電所事故のために全村避難している飯舘村との相互交流協定を、本年6月に締結しました。

それに伴い、8月4日から22日の間に3班に分かれて37人の本学学生が、飯舘村の一部が避難している福島市飯野町を訪問。中学生への学習支援・部活動支援を中心に、村内見学のほか、仮設住宅への訪問、村長や教育長との懇談など、さまざまな形での交流が行われました。

特別講義

このたび、その際に交流した飯舘中学校の3年生13人と引率の先生方が10月11日に本学を訪れました。日帰りの忙しい日程でしたが、朝早く福島駅を出発。10時過ぎには本学に到着しました。正門では、夏の訪問時に交流した26人の学生が出迎えました。

お互いに顔合わせの後、キャンパス見学を実施。その後は特別講義として理工学部情報理工学科の高岡詠子准教授による「プログラミングでゲームを作ろう」が行われました。授業はコンピュータルームでパソコンを使って行い、本学学生がサポートに入りました。

集合写真

午後はグループに分かれて、中学生と大学生が一緒にグループディスカッションを行いました。「上智大学を体験した感想」「大学についてのイメージは変わりましたか?」などのテーマで話し合い、最後にグループ発表が行われました。

サリ・アガスティン学生センター長によるまとめの後、中学生に記念品を贈呈。全員で集合写真を撮って交流会が終了しました。

戻る

ページトップへ