文字サイズ

上智大学

  1. HOME
  2. インフォメーション
  3. 総合ニュース一覧
  4. ニュース詳細

被災学生経済支援策と募金活動等について(ご報告と御礼) 2013.10.9

被災学生経済支援策と募金活動等について(ご報告と御礼)

本学では東日本大震災(2011年3月11日発生)により被災した学生や入学志願者に対して、本学での勉学を断念することがないよう、納付金減免や生活支援等の経済支援並びに入学検定料免除の特別措置を行ってきました。また緊急募金被災学生就学支援募金を立ちあげ、お寄せいただいた温かなご寄付を生活支援金等として被災学生に給付してきました。皆様のご理解、ご支援に改めまして御礼を申しあげます。

2011年度から開始したこうした本学の取り組み概要は以下のとおりです。

1.被災した新入生および在学生の経済支援(学生納付金減免、生活支援等)

2011年度は93名の学生に約7,700万円、2012年度は91名の学生に約7,300万円の授業料等の学生納付金減免と生活支援金等の給付を行いました。2013年度は、9月30日現在、28名の学生に対して、約2,800万円を給付しました。被災した新入生および在学生に対する経済支援に必要な資金は、2011年度から2013年度の3年間で約1億7,800万円(※)に上りました。
 
2014年度についても継続して支援を実施する予定であり、これまでの実績に鑑み、新入生および在学生を合わせて40名程度の学生に対して、3,000万円程度を給付することを見込んでおります。
 
※ 合計額から「2.入学検定料免除の特別措置」の支援額は除いてあります。

■被災学生経済支援策(学生納付金減免、生活支援等)

1.授業料の減免
  授業料(全額、半額、1/3相当額)
2.授業料以外の学生納付金の減免
  入学金、施設設備費、実験実習費、連絡通信費の全額
3.生活支援金の給付
  自宅外通学者5万円/月額、自宅通学者3万円/月額×12ヶ月
4.一時見舞金の給付(2011年度のみ)
  20万円、10万円、5万円
  費用概算(2011~2014年度合計) 約2億1,000万円

注)被災学生就学支援募金にお寄せいただきましたご厚志は上記2、3、4の支援策に充当させていただきます。

2.入学検定料免除の特別措置

学部、大学院が実施するすべての入学試験において、被災地出身の入学志願者を対象に2012年度456名、2013年度97名の入学検定料免除の特別措置を取り、約2,000万円の支援を行いました。2014年度も継続して実施します。

3.緊急募金 被災学生就学支援募金

被災学生が安心して就学に専念することができるよう、経済支援体制を整えるために、学生ご父母、教職員そして卒業生に募金への協力を呼びかけています。
 
これまでに、韓国、米国、ドイツ等の海外イエズス会系大学の学生、教職員並びに海外イエズス会修道院他から寄せられたご寄付を含め、学生ご父母、教職員、卒業生、企業、篤志家等から1億5千2百万円のご寄付を頂戴しました。皆様の温かなご理解、ご支援に心から御礼を申しあげます。

「緊急募金 被災学生就学支援」募金状況<募金目標額 2億円>
募集期間 2014年3月31日まで   (2013年9月30日現在)

区分 件数 合計(円)
学生ご父母 345 28,754,106
卒業生(含団体) 1,063 67,807,975
篤志家 63 5,876,337
企業 27 12,120,633
教職員 103 5,473,187
SJ 13 32,153,387
合計 1,614 152,185,625

注)現在も募金を継続しております。所定の振込用紙通信欄に「被災学生支援のため」とご記入のうえご支援くだされば幸いです。

4.被災地復興支援学生ボランティア

被災地復興支援の一環として、岩手県、宮城県、福島県で学生がボランティア活動を行っています。 第1回目は2011年4月28日~5月7日まで、本学の学生、教職員約20名が参加しました。以来、ボランティア・ビューローに報告があった活動学生数は1,270名(2013年6月30日現在) この他、学外の団体を通じて参加した学生も含めると参加者数は凡そ1,500名となります。参加学生には大学から補助として実費交通費(上限15,000円)・宿泊費(1泊5,000円まで。最大15,000円)が支給されています。
 
注)「被災地復興支援学生ボランティア」のための募金も行っています。ご支援くだされば幸いです。

■問合せ先■
支援策について 学生センター 電話03-3238-3523
募金について  募金室    電話03-3238-3198

戻る

ページトップへ